新作情報

サーフィン――
それは単なるスポーツではない、心の在り方そのものだ


SURF ADVENTURE

http://www.surfadventures.jp/

2005年5月28日(土) K's cinema(東京・新宿) 他にて全国ロードショー!!


SURF ADVENTURE-THE MOVIEは、ブラジルのトップ・ サーファーが完璧な波を探して世界中を駆け巡る、ドキュメタリ-映画である。この映画では、 ブラジルの多くの若者が夢に描く、サーファーのライフ・スタイルを描き出していく。 年齢や社会的地位は、サーフィンの魔力にかかれば何の意味も持たない。 大自然に包まれてサーフィン三昧の日々を過ごす、 これぞサーフィンの魔力に取り付かれた人々が憧れる生き方なのだ。
この映画は、ブラジルで劇場公開されるや大ヒットとなった。ブラジルから始まりハワイ、 カリフォルニア、南アフリカを巡り、波の質の高さで有名なインドネシアのメンタワイ島まで、 ブラジルのトップ・サーファーがこの大冒険に乗りだす。大地震との遭遇や、世界一高いバンジ―・ ジャンプへの挑戦など、サーフィン以外のユニークなエピソードも楽しめる。 マーベリックスで挑む、 とてつもない怪物のような波をはじめ、各地で過激な波を乗りこなすサーフ・ シーンが印象的なのは言うまでも無い。彼らは、 そんな一生忘れることのできない時間を経験しながら旅を続けていく。
SURF ADVENTURE-THE MOVIEには、新人から熟練、今をときめくアイドル・ サーファーまでブラジリアン・サーフの全てが詰まっている。世界の至る所で撮影された最高の波、 サーファー達の見事なパフォーマンスにより、サーフィンの魅力を色々な角度から映し出しているからだ。 また、各地で彼らがこの冒険について語る様子からは、 ブラジルの若者達のサーフィンへの愛情や現代のブラジルの様子を垣間見ることもできる。
世代や社会的地位を超え、人を惹きつけてやまないスポーツ、サーフィン。 サーフィンの魅力によって人々が一つになる姿を見せてくれる、本物の"サーフ・ スピリット"が詰まった傑作だ。


――なぜ山に登るのか?と問われた登山家のマロリーが、 「そこに山があるから登るのだ」と答えたという逸話は余りにも有名だが、 サーファー達が波を求めるのも恐らく同じような理由なのだろう。 5人の凄腕サーファー達が"最高の波"を求めて世界各地を旅して回る様子を追いかけている本作から感じるのも、 サーフィンの魅力にある理屈で図れない部分や懐の深さだ。

だが、率直に言って、 そうしたサーフィンの魔力やサーファーのライフスタイルを伝える作品は、それほど珍しいものではない。 数あるサーフ映画の中でも、本作をひときわユニークな作品としているのは、 日本では余り知られていないブラジルのサーファー達の姿をつぶさに捉えているからに他ならない。

サーフ映画最大の醍醐味である華麗なサーフシーンが、 本作にも随所にちりばめられているのは言うまでもないが、中でも興味深いのがプロ・サーファーという 「職業」にスポットを当てていることと、 見落としがちなサーフィンの危険性について触れていることだろう。 しばしば映し出される真っ二つに引き裂かれたボードや波の直撃を受けて吹き飛ばされる映像は、 ファンション感覚だけで楽しむには余りにも強大すぎる波の力の凄まじさを生々しく物語っている。尤も、 彼らに言わせれば「落ちることもまた一興」らしいが。

また、本作では彼らが訪れる先々でサーフィンするだけでなく、 よく笑いよく食べよく遊ぶ姿を丁寧に記録している。その様子はもはや趣味という範疇ではなく、 生活の中心に一本の芯が通った人生とはどういうものかを我々に伝えてくれる。勿論、 サーフィン三昧の彼らは一人として裕福な者はいないし、昨今の日本的尺度で言えば、彼らは間違いなく 「負け組」だろう。それでも日々笑顔が絶えることなく、自身を「最高に幸せ」と断言できる、 そんな彼らの人生を素直に羨ましいと思う。もしも生きるに値する人生があるとするならば、 本作が伝える彼らの生き様は間違いなくその見本の一つと言えるのではないだろうか。

もしもあなたが、「勝ち組」とか「負け組」 などというつまらない尺度に一喜一憂して思い悩んでいるのなら、 或いは慣れない仕事に対する先行きの不安に押し潰されそうになっているのなら、 迷わず本作を観てみるといい。最高の「負け組」であるはずの彼らが、最高の「勝ち組」 に他ならないということがきっと理解できるはずだ。サーフィンに興味のある人は勿論、 そうでない人(特に人生崖っぷちな気分な人)にもお勧めしたい、 ラテン系ヒーリングドキュメンタリーである。

(文:仙道勇人)


この映画を創ったのは自身もサーファーである、アーサー・フォンテス(監督)、ロベルト・モウラ、 そしてブルーノ・ウェイナー(プロデューサー)の三人組。SURF ADVENTURE- THE MOVIEは、ブラジルの人気スポーツ番組"SURF ADVENTURES"と、 未だに熱狂的な支持を集める伝説のサーフィン・ドキュメンタリー、 "ENDLESS SUMMER"に触発されて制作された。

Arthur Fontes、アーサー・ フォンテス 監督
New York University(NYU)映像製作科卒業。 ドキュメンタリー作品を多く手がける。
1988年に「Trancado」で監督としてデビュー、 国内ふたつのフィルムフェスティバルで賞を受賞し、アメリカのサンダンス映画祭でも上映された。
テレビ界では、ブラジル・ポップのミュージック・ビデオを数多く手掛け、 1996年のMTV最優秀ビデオ賞を受賞。TV番組として製作した「Futebol」 ではアメリカのエミー賞、最高海外ドキュメント作品賞を受賞した。


Sound Track サウンドトラック
SURF ADVENTURE-THE MOVIEでは、 過去と現代のブラジル音楽がフィーチャーされている。
若者に人気のパンク・バンド、ハイムンドスのメンバーだったディガオは、この映画のために、 サーフミュージックのスタンダードナンバー"Love I Need" "Tudo Azul"を現代風にアレンジした。 "Tudo Azul"の新しいバージョンは、人気グループ、 カジャマンガによってレコーディングされている。加えて、このサントラでは80年代ブラジリアン・ ロックの代表、レジアゥン・ウルバーナ、ムタンテス、ノボ・バイアノスらによる、クラシック・ ナンバーも収録され、美しく迫力ある映像に彩りを添えている。


Production
ロベルト・モウラ
ブルーノ・ウェイナー
アーサー・フォンテス

Directors of Photography
アドリアーノ・ゴールドマン
モウラ・ピンヘイロ.Jr

Edited by セルジオ・ミクラー

Screenplay by ブルーノ・ウェイナー、アーサー・フォンテス、セルジオ・ ミクラー
Additional material by アンナ・ルイーザ・ミューラー

Sound Design by ジョージ・サルダンハ

Executive Produced by エリアナ・ソアレス

Produced by ブルーノ・ウェイナー、ロベルト・モウラ、アンダルシア・ ワディントン

Directed by アーサー・フォンテス

A Conspiracao Filmes, Lumiere and Massangana Filmes Co-Production
Brazil - 2001 - Color - 35mm - 1:1,85 - Rated "G" - 95 minutes
Dolby SR, Dolby SRD, SDDS, DTS

Distributed by Glassy Co.,Ltd.
Produced by LAID BACK Corp.

公式HP
2005年5月28日(土) K's cinema(東京・新宿) 他にて全国ロードショー!!

 

2005/04/28/22:59 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
    Tags
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO