今月の注目作
(2004 / 日本 / 行定勲)
二つに引き裂かれた主体と空中分解した物語

仙道 勇人

 白血病による恋人との死別―― 悲恋物語のモティーフとしては新しいわけでも珍しいわけでもなかった本作の原作が、空前の大ヒットを飛ばしている。恐らく、 現在進行形の物語ではなく、物語に「過去の追憶」というフィルターをかけたことが、 多くの人に感銘を与えた最大の要因だったのではなかろうか。本作は、その原作をそのまま映画化するのではなく、 少しだけ未来の地点から描くことで、原作を読んだ人にも楽しめるようにしたという。

 物語は大別すると大沢たかおのパート(原作)と柴咲コウのパート(オリジナル)に分けられているのだが、 現在の風景を曇り空の暗い映像にし、過去の風景をビビッドな映像に分けるなど、 丁寧に作り込まれた大沢パートは実に味わいのある仕上がりである。

 初めての恋愛、二人だけの秘密、白血病といった、言ってしまえば手垢にまみれた素材を、例えばバイクの二人乗りをして 「胸があたるのわかる?」という無邪気な問いかけ、緊張しつつ初めての口づけを狙ったがものの見事に空かされる―― といった青春ラブコメディのクリシェを臆面もなくふんだんに用いることで、巧みに"アク抜き"してみせる行定監督の手腕が鮮やかだ。加えて、 さり気なく配された小道具達の存在も見逃せない。深夜放送にウォークマン、 ファミコン専用のキーボードといった80年代を端的に象徴する小物を所狭しと画面に配することで、 ある時代の雰囲気が匂い出してくるような奥行きのある映像群に仕立て上げられているのである。

 小道具と映像とによって構築された回想シーンの数々が、どうしようもなく眩しい本作であるが、その画面の中心に絶えず輝いているのは、 長澤まさみの瑞々しい存在感である。その彼女が次第に病魔に冒されていく様は、やはり痛々しいし、空港で倒れた亜紀を抱え、為す術もなく 「助けて下さい!」と叫ぶしかない朔太郎の姿は誰の胸にも堪えるだろう。このクライマックスの悲痛で劇的な雰囲気は、 予定調和という言葉を軽くいなした屈指の場面と言えるだろう。

 ただ、本作の両輪の一方をなす柴咲パートの処理がそれほど上手く行われているとは言い難く、 木に竹を接いだような歪みが感じられるのは否めない。柴咲扮する律子にも共感させようとして様々な肉付けを施して、 却って作品の贅肉と化していると言うべきか。柴崎コウ扮する律子の不可解な行動が、物語を牽引するという体裁をとっているのだが、 それによって物語の主体が大沢パートなのか、柴咲パートなのか曖昧になってしまっているのである。このアプローチを試みるのであれば、 律子の造形描写やエピソードを今以上に織り込まないと、大沢パートとのバランスがとれないのは明らかだろう。何より原作の「追憶の物語」 から踏み出した部分、すなわち二人の出会いと生活風景といった現在状況が描かれないと、「亜紀と朔太郎の物語」に酔っている観客の意識を、 「朔太郎と律子の物語」に引き寄せることは難しいのではなかろうか。大沢パートが素晴らしかっただけに、 それに比例して柴咲パートの弱さがはっきりしてしまうのは皮肉なことだし、何より作品として勿体ない。

 が、実は本作の最大の問題は柴咲パート出来不出来にあるのではない。それは幕切れのオーストラリアの場面によって、 それまでの全てを台無しにしてしまっているということだ。いちいちあげつらうことは敢えてしないが、 少なくとも一度でも実際にウルルを目指したことのある人間には、 この一連のシークエンスの描写が普通では殆ど考えられない状況なのは自明すぎるほど自明なのである。はっきり言ってしまえば、 このシークエンスを考えた人間は、ウルルの鎮座するアウトバックのこと殆ど何も知らないだろう。シーンの繋ぎ方一つからして、 想像で書いていることが露呈されてしまっているのだ。キャストと映像に支えられた、この切なさに彩られた虚構の華が、最後の「大ウソ」 であっけなく萎れてしまったのは残念としか言いようがない。

(2004.5.10)

2005/05/01/12:09 | BBS | トラックバック (6)
世界の中心で、愛をさけぶ ,仙道勇人 ,今月の注目作
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

世界の中心で、愛をさけぶ A a story

主演長澤まさみ、大沢たかお、森山未來、柴咲コウ 監督行定勲 脚本坂元裕二、伊藤ちひろ、行定勲 製作2004年、日本 青春のレクイエム 高校時代の恋...

Tracked on 2005/05/05(木)20:10:51

世界の中心で、愛をさけぶ A a story

主演長澤まさみ、大沢たかお、森山未來、柴咲コウ 監督行定勲 脚本坂元裕二、伊藤ちひろ、行定勲 製作2004年、日本 青春のレクイエム 高校時代の恋...

Tracked on 2005/05/05(木)20:10:51

世界の中心で、愛をさけぶ A いいな〜これ!

★★★★★ これ泣けたよ〜。/でこんなに泣けるのかなっていうぐらいによかったな〜。 青春ラブストーリーの傑作だね、これは。  お話はちっとも難しくなく、大沢た...

Tracked on 2005/05/12(木)12:24:41

世界の中心で、愛をさけぶ A 欧風

昨日の「世界」の紹介では、私とした事が、取り乱してしまいました。今後このような事がないように、綱紀粛正を図ると共に、遺憾の意を表明致します。でも賠償はしません(...

Tracked on 2005/09/29(木)23:26:43

「世界の中心で、愛をさけぶ」〜渡されなかった最後のテープ A お茶の間オレンジシート

2004年監督/行定勲出演/大沢たかお 柴咲コウ 長澤まさみ 森山未来 山崎努恋人の行方を捜す朔太郎は、奇しくも十数年前病死した高校時代の恋人・アキの思い出と向...

Tracked on 2005/10/07(金)17:28:27

世界の中心で、愛をさけぶ A ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

「10月28日 どうしてかなー・・・眠れないの。 明日が来るのが怖くて、眠れないの。 あたし・・・もうすぐ死ぬと思う。」 「...

Tracked on 2005/12/03(土)01:45:32

世界の中心で愛をさけぶ A Kazu's CINEMA PARADISE

このホームページタイトルの下にイントロで使っている文章がある。 「すばらしい映画はいい文学やいいワインに出会った時に似ている!! 心がぐっとくる、そんな映...

Tracked on 2006/03/06(月)07:21:29

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO