今月の注目作
(2005 / 日本 / 村上 正典)
くすぐったいにもほどがある

佐藤 洋笑

 何のために映画やら本やら音楽やらが21世紀の今も存続しえているのか――

 カバチたれるのを後に回せば"ウサばらし"のために他ならないと思う。

 自分だけの金脈を掘りにスコップ片手に街に出て、打ちのめされて犬のように帰宅して、 缶ビール片手に"こんな世知辛い世の中とっととブッ潰れちまえばいいんだ。トれぃ! トったれい!"と思いつつ、 1970年代のオッサンたちは『大都会』や『特捜最前線』を見ていたのだろう。子どもの頃の俺もハンバーグやカレーライス食いつつ、 同じ思いで見ていた。余談だが、俺は今でも手元のビデオでそれらを見返している。食い扶持を拵えに出かける身繕いの一環として、 発泡酒片手に"こんなとっくの昔に死んでしまったような世の中ブッ壊したところで何の罪になるというんだ!"と叫びつつ、 東京タワーをジャックする三上寛や環八でバズーカをぶっ放す片桐竜次に、逡巡をみせつつも最後は暴力に訴える渡哲也や松田優作に―― 自分の面差しを重ねている。さらに余談だが、2005年現在、東京都は狂犬の巣だ。タフに生きろ。見せかけの優しさはもういらない。

 …で、こんな歪んだ世界認識を心の支えにして生き延びてきた私が、21世紀の日本のウサばらしは何か? という思いでノコノコと宿酔いの海に沈みかけの身体で『電車男』を見に行った。 山口県の高校生が手製爆弾を隣の教室に放り込んだニュースを片耳で聞きつつ。

 まず言っておこう。この映画は"くすぐったい"――実にくすぐったい。

 21世紀の日本のウサばらしが、あまりにくすぐったく "優しい"世界であることに、今更のように大いに衝撃を受けた。

 私自身は、辛うじて童貞というわけではない中年一年生だったおかげで、微苦笑しながら、楽しく見通すことができたが、 『YOKOHAMA二十才まえ』な青春ノイローゼ真っ只中のDTどもにとっては拷問にもひとしい映画ではなかろうか。 この映画の元になった2ちゃんねるのスレッドや、それをまとめた文章――公式の原作以上に、名著『封印作品の謎』 を著した安藤健二氏の電車男スレッドのその後も追った文章には多いに喜んだ――も既読の上でこの映画に挑むにあたり、 コレがうまく作られていたら、相当"くすぐったい映画"になることは予期しえたことだが、それでもくすぐったいにもほどがある。

 主人公、"電車男"はいわゆるオタクと喧伝されているわけだけれども、彼の趣味嗜好の中にはオタクのネガティヴ・イメージの代表格であろう、 二次元萌えやペドフィリアの兆候は無いようだ。部屋に飾られているのはモビルスーツだし。機械に対するフェチズムをあげつらっては、 現行の男性の趣味、あるいはモータリゼーションな世の中を完膚なきほどに否定することになりかねない。"電車男"の職業は恐らく、 PCのオペレーターあるいはプログラマーだろうか。自給1200円以上は固い、まあ、バイトとしては上等な部類の仕事についている。 大塚英志センセあたりがムキになって語る"時代の暗部"的な星にうまれた"おたく"とは違う、まあ、単に時流には乗りそびれている、 平凡よりちょっと冴えないだけの青年である。少々人付き合いは苦手そうだが。

 そして、彼が苛なまれるのは、はてなダイアリーにも登録されている"中二病"…こっぱずかしくも青い春というヤツだ。しかも、 少々トウのたった男子の青い春。そのこっぱずかしさを容赦なく、だが、愛嬌として受け止められるギリギリのボーダーに立って、 この映画は描写する。

 "電車男"は、"ンなことネットに書き込む前に家族やダチに相談しろよ!"という突っ込みの余地なく、一目散に2ちゃんねるに書き込み、 それを見物する人たちも、仕事や家庭は二の次どころか六の次ぐらい後に回して"電車男"へのエール送りに苦心惨憺する。そばにいる人が、 そんな事をしてくれるわけはまずない。弱さをさらけ出すことが出来るのはネットだけ――という人々の心を、少々戯画化が過ぎるとも思うが、 巧みに掬い上げている。しかも、その行為に対する悪意のある揚げ足取りは全て無視されている。それは、 この映画の作り手達が意図的に排除したもので有るのは明らかだ。 彼らはこの映画を求めているであろうと想定される人々が"見たく無い"と思うものを的確に排除する優れた判断力を見せている。 ネットならではの混沌とした雑報――決して情報では無い。誤解勘違い悪意無意識そのほか諸々すべて取り込んだ――の砂漠の中から、 商業的に十分成り立つと思えるだけの人数から求められている"ウサばらし"を実に手際よく掬い上げた結晶が『電車男』だ。 その"ウサばらし"とは、至極"優しい気持ち"だ。みんなして勝手なことを言い、行動をとるけれども、 それは他者への愛に基づいてのことであり、その愛が主人公="電車男"に収斂していく。愛ってよくわからないけど。

 さらに、ダメ押しをするのが本作のファム・ファタル=エルメスだ。エルメスは決して都合のいい女ではないが、悪女でもない。 何を考えているのかさっぱりわからないモノとして大いにこの映画に影を落としている。だが、それでいい。エルメスの言葉や行動が、 理屈として説明できてしまっては、この映画は人々が求めるものとはならない。少々トウのたったお嬢様 (エルメスもトウがたっているというのはこの映画の需要を考える上で、重要なポイントだ)ということはわかるが、 エルメスはワケのわかんない行為をほぼ全編に渡ってしでかし、"電車男"を惑わせるのだけれど最終的には"電車男"を愛している。 それだけの――最小限の情報が観客には伝えられる。もう、どうこう言う方が野暮だ。この映画は、 そこにいたるキャラクターの信条=心情なんてものはさておき、青春ノイローゼの男子の心の動きを追い続け、 それを周囲が認めてくれたという結果のみが描かれている。こんな見事な帳尻の合わせ方を邦画が示したのは『暴走パニック大激突』 以来のことだ。

 まあさ、はっきり言って俺も初めて惚れた女の子とはぎこちなかったよ。さも偶然の振りしつつ、3時間下駄箱で待ち構えて一緒に帰宅する (しかもそれだけ)なんていう行為で随分寿命を無駄遣いしてきたよ。肉体の喜びを得ることさえも出来ずに終わったしさ。 そんな記憶を抹消できる強い精神力を持ち、他人のヨチヨチ歩きの恋愛を捕まえて"ああいう関係って、 くすぐったくていいよね"なんて言葉を平気で吐ける"優しい"人にとっては、実に上質の映画だ。 この"優しさ"を求めている人にとってもそれは同様。

 しかし、その"優しさ"の裏にあるものを詮索したり邪推したりして、暗い笑いに浸るようなものは、 はなからこの映画の観客足りうる資格を持たない。それこそ序盤の、 電車内で横暴を振るう大杉漣の姿を与えられてプロットを考えると想定したとき、鬱屈の爆発した乗客たちが総員決起しリンチを加える 『特別機動捜査隊』の傑作エピソード「ある夜の出来事(脚本:横山保朗)」のような展開しか想起しえない私のような人間には、 少々敷居の高い映画でもある。"ああいう関係って、くすぐったくていいよね"という言葉を吐くのに、心にプレッシャーを感じるような人種は、 この発言の元ネタである尾崎豊よろしく、現世にさよならグッバイこれ以上つきあいきれないよと宣言するハメになりかねない。 取り扱いには要注意と言い添えておこう。

 総じて力作であった『電車男』。過去にもたくさんの"こっぱずかしくも青い春"映画はあったわけだが、 本作はネット社会の十二分すぎな肯定ぶりで、間違いなくギスギスした日常に耐えかねている人々の心を救うだろう。見事だ。 この映画はピュアな人々が、"ああ、どいつもこいつも似たようなモンだ"と安心するためのトランキライザーなのだ。 この肯定的な世界観=ポジティヴ・シンキングをもてない私が如何に負け犬かを思い知らされました。

 これだけのポジ・シン映画が生まれたのだ。このままの勢いで、 ふと自分の実生活の場である教室に爆弾を叩き込みたくなるような少年の心の受け皿が生まれてくれば…とても素敵なことだと思う。ネットに、 世間に転がっている感情は、優しさだけじゃない。趣味の多様化が叫ばれる現在、それも受け止められてしかるべき感情だろう。まあ、 そこまで視野に入れていたら、収集がつかなくなるくらい混沌としている状況だってことはわかっているけどさ。

 ――I've Been Walkin' on this Complication Shakedown――

(2005.6.15)

2005/06/16/14:33 | BBS | トラックバック (37)
佐藤洋笑 ,今月の注目作 ,電車男
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

適度にフィクション 「電車男」 A 平気の平左

電車男 評価:60点 山田孝之のズラ観たさみたいなところがあったのですが、意外と悪くない映画でした。 私が「電車男」を読んだのは、まとめサイトでまとめ...

Tracked on 2005/06/16(木)14:57:30

適度にフィクション 「電車男」 A 平気の平左

電車男 評価:60点 山田孝之のズラ観たさみたいなところがあったのですが、意外と悪くない映画でした。 私が「電車男」を読んだのは、まとめサイトでまとめ...

Tracked on 2005/06/16(木)14:57:30

「電車男」90ヨンダラー A しまりすのひとりごと

すいません。 が、がっつりはまってしまいました。 本屋さんで売れている、と平積みになっていたこの本。 買うつもりなど毛頭ないですよ。 だって、(私の苦手な)2...

Tracked on 2005/06/16(木)15:05:22

電車男 A ネタバレ映画館

 頑張れワカゾー!ついに過去ログを読破せぬまま観てきましたでうぇdrftgyふじこl  観終わった途端、2ちゃんの住人っていい人たちばかりだなぁ〜と思いこん...

Tracked on 2005/06/16(木)15:08:43

ヤラレター!! A 一路平安。

うっかり泣いてしまいました。 「電車男」を観て。 不覚にも。 エルメスさんのために集めた パソコンのパンフの束の中、 溢れるほどの付...

Tracked on 2005/06/16(木)15:14:28

めしどこか たのむ A BypassBrog

友人に(半ば強引に)連れられて、見てきました、映画版「電車男」 「へっ、どーせオタクを馬鹿にした描写が数多くあって そんな逆境にもまけずに恋人をゲットしましたハ...

Tracked on 2005/06/16(木)15:49:17

電車男 A mugimugiの自己ちゅー映画レビュー

むぎむぎ評価10★★★★★★★★★★ 映画館で観ました。 ★10個!キタ━━━(゜∀゜)━━━!私は、このレビューページで、10個つけたのは「ラストサムライ...

Tracked on 2005/06/16(木)16:29:06

読書感想「電車男」原作 A 銀の弾丸プロジェクト ブログ版

電車男 映画版を見た後、原作本もどうしても読みたくなり、さっそく買って半日かけて読んでしまった(笑) それなりに内容も濃い(?)ので、一日で読破するのは、ち...

Tracked on 2005/06/16(木)16:51:17

「電車男」劇場にて A xina-shinのぷちシネマレビュー?

ファボーレ東宝で『電車男』を観てきました。 アキバ系のオタク『電車男(山田孝之)』は秋葉原帰りの電車の中で酔っ払い(大杉漣)に絡まれていた女性を勇気を出して...

Tracked on 2005/06/16(木)18:08:06

『電車男』 A ラムの大通り

「さて、これもネタバレ注意と...」 ------えっ、こんな映画にネタバレなんていうような仕掛けあるの? 「そう言いたくなっても当然だよね。 原作はインターネ...

Tracked on 2005/06/16(木)18:33:18

電車男 A ★☆★ Cinema Diary ★☆★

本日2本目は「電車男」です。 こちらも結構楽しみにしていました。   感想ですが、こちらは期待通り素晴らしかった 笑いあり、涙ありでとても面白...

Tracked on 2005/06/16(木)19:26:43

電車男 A ★☆★ Cinema Diary ★☆★

本日2本目は「電車男」です。 こちらも結構楽しみにしていました。   感想ですが、こちらは期待通り素晴らしかった 笑いあり、涙ありでとても面白...

Tracked on 2005/06/16(木)19:27:01

電車男 A infinitear

電車男、観てきちゃいました。今回わたくし、まとめサイトは去年読んで、生ログも大体読んだというなかなかの予備知識で挑んできました。さて、映画を観る際原作は読んだ方...

Tracked on 2005/06/16(木)19:35:38

「電車男」好発進だ!主演・山田孝之が舞台あいさつ A NEWS DRAGON

 俳優、山田孝之(21)が8日、初主演映画「電車男」(村上正典監督)の好調な出だしを記念して東京・渋谷区のアミューズCQNで特別舞台あいさつを行った。4日の初日...

Tracked on 2005/06/16(木)19:51:16

映画「電車男」でエルメスさんが贈ったティーカップはこれ! A クチコミ・ギフト

今日、映画「電車男」を観に行ってきました。当初のコアなネットユーザーの間で人気だ...

Tracked on 2005/06/16(木)20:52:34

映画 電車男 A 今日のかんかんちゃん

去年爆発的(?)な人気で本にもなった 2ch発電車男[:back:] 去年私も真剣に↑を読みました! そして感動しました。゚(゚つД`゚)゚。 ...

Tracked on 2005/06/17(金)20:01:43

電車男 A SINSARA

電車男見に行きましたよ。 一応このサイトと書籍で内容はわかっている状態だったけど、改めて映画化したらどうなるのか楽しみだったので思い切って行ってきました。 ...

Tracked on 2005/06/17(金)23:59:21

電車男 A 日々映画三昧

オフィシャルサイト → 電車男電車内で暴れる中年おじさんから若い女性を救った、ヲタク青年22歳。彼女いない歴=年齢の彼は実家在住のシステムエンジニアで、見るから...

Tracked on 2005/06/18(土)03:45:21

電車男 A まつさんの映画伝道師

第120回 ★★★☆(劇場) 「電車男」の成功は、その王道ともいえる展開にある。  簡単に言うと「みすぼらしい」青年が美女を見初めるという「逆...

Tracked on 2005/06/18(土)08:43:17

電車男 A 別冊yui-yui

本日もはしごで、電車男観てきました。  電車内で暴れる中年おじさんから若い女性を救った、ヲタク青年22歳。彼女いない歴=年齢の彼は実家在住のシステムエンジ...

Tracked on 2005/06/18(土)14:04:42

電車男 A 明日天気になあれ

昨夜、旦那が帰宅。飲んできたとのことで真っ赤でした。アイスはなかったけれどw、無事帰ってきたのでよし。そしたら今朝。先に起きた旦那は、コンビニにアイスを買いに出...

Tracked on 2005/06/18(土)17:25:16

電車男 A spoon::blog

電車内で暴れる酔っ払いから女性(中谷美紀)を助けたオタク青年、通称・電車男(山田...

Tracked on 2005/06/18(土)22:48:13

電車男見てきました。 A ana blog

見る前は微妙だと思ってたけど、結構面白かった。 書籍版はオタクネタが濃くて、ネットやらない人には分からないと思われる ところが多かったのですが、映画版は誰で...

Tracked on 2005/06/20(月)00:22:17

漫画「電車男」 A 月灯りの舞

「電車男 〜ネット発、各駅停車のラブ・ストーリー〜」     原秀則(原作:「電車男」中野独人 著)     小学館/476円/2005.5.5 &nbs...

Tracked on 2005/06/20(月)11:16:46

電車男 (A True Love Story) A ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

2chから生まれ本になったヲタと美女のLove Story。 初日より鑑賞してまいりました。 2chのカキコや発売された本を読んだことはありませんが、笑...

Tracked on 2005/06/20(月)13:21:55

映画「電車男」 A 月影の舞

映画「電車男」     ★ネタバレアリ★   2005年   原作:中野独人「電車男」(新潮社)     脚本:金子あずさ...

Tracked on 2005/06/20(月)22:54:14

電車男 A いいな〜これ!

★★★★★ これはいいよ。 インターネットで出会い系サイトなんかが氾濫する中、今時の若い男女の出会って、もっとドライで希薄で数勝負なのかな〜と思っていたら、この...

Tracked on 2005/06/23(木)16:46:47

電車男 A a story

主演山田孝之、中谷美紀、国仲涼子、佐々木蔵之介 監督村上正典 脚本金子ありさ 製作2005年、日本 オタクの大冒険 二十二歳のオタク青年が、電車内...

Tracked on 2005/06/24(金)13:12:46

劇場シネマ鑑賞:電車男 A Digital-Shell Weblog

世間で噂の『電車男』を観てきました。個人的にはこの作品、ネットで読んだけど「これが純愛?」と思う内容だったんだよね。昨年ヒットした『セカチュー』、『いま、会い〜...

Tracked on 2005/06/24(金)19:51:15

電車男は寅さんだ! A 泳ぐ人

★★★★ 仕事明けに、渋谷で電車男をさっき見てきました。 月曜の夜だから、きっとガラ〜ンとしてるかなと思っていったら、やっぱ、すいていた。 まっ、宇宙戦争とか...

Tracked on 2005/07/13(水)21:33:58

☆今すぐ人妻GET!!☆ A 裕也

逆援・・・女性から男性を指名してS○Xを依頼したり 一日彼氏になってもらったりと、「本当にそんなコトあるの?」って思う方おられますが ここは嘘なしで実在してます...

Tracked on 2005/07/14(木)22:29:16

やっと「電車男」を見れたよ。(泣 A 私でもいいですか?

電車男が世間で騒がれ、本が飛ぶように売れ、ついには映画にまでなった。だけど、私の街には電車男は来なかった。待てど暮せど、その日は来なかった・・・・ ...

Tracked on 2005/09/28(水)15:29:29

電車男 A 欧風

「電車男」は結構話題になったから皆さん知ってるかもしれませんね。もうなんて言うんですか、鉄道が好きで好きでたまらなく、日々時刻表とにらめっこしてるような人、では...

Tracked on 2005/10/07(金)22:09:28

映画版『電車男』感想見聞! A 萌えきすとらBLOG

映画『電車男』の感想(キネマ忍者・松下怜之佑の映画100本斬り!!平成十七年の忍者より)を読んでみました。それにしても、制作費が1億円かかっていないそうですが、...

Tracked on 2005/10/27(木)05:57:38

電車男 A THE DVD

電車男 スペシャル・エディション 紹介ページ いい映画です。注文はAmazonで! インターネットの巨大掲示板に書き込まれた悩み...

Tracked on 2005/11/22(火)01:33:02

DVD『電車男』 A みかんのReading Diary♪

電車男 スタンダード・エディション(2005/日本)オススメ♪  彼は実家に暮らす22歳のシステムエンジニア。一目でオタクと分かる彼はある日、電車の中...

Tracked on 2005/12/17(土)12:19:47

電車男 今年の246本目 A 猫姫じゃ

電車男 秋葉の中心で、愛を叫ぶ!! あたしゃ、お断りだね。だって、あんなところで、恥ずかしいもの、、、 エルメスって、心の広い女性、ですね。 ぁ、オタクな...

Tracked on 2006/01/10(火)14:48:47

電車男−(映画:今年30本目)− A デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)

監督:村上正典 出演:山田孝之、中谷美紀、国仲涼子、瑛太 評価:85点 公式サイト この映画が公開されたのは...

Tracked on 2006/02/26(日)19:15:30

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO