今月の注目作
(2005 / 日本 / 実相寺昭雄)
げに恐ろしきは人間なり……

仙道 勇人

(ネタバレあり)
 本作は言わずと知れた大人気ミステリ・京極堂シリーズの第一作である。それが刊行十年目にして遂に映画化された。 かねてからファンの間で映像化が待ち望まれていた本シリーズだが、実はこれまでにも何人もの監督が挑み、そして玉砕してきたのだという。 元々著者の京極夏彦は、本作をマンガで描きたかったということで、映像化への余白は十分残されていた作品なのかもしれないが、 やはりと言うべきか、本作の魅力の一つとなっている濃密で膨大なペダンチズムの再現とそれを如何に劇構成と調和させるか、 という二点に多くの監督と脚本家達が頭を悩ませたことは想像するに難くない。

 多くの読者を魅了し、幻惑し、げんなりさせもするこのペダンチズムの巨碑を、実相寺監督は二つ――「妖怪」に関する民俗学と認知科学―― に大胆に解体し、ペダンチズムと物語との調和を巧みに実現している。勿論、認知科学については心理学や量子論など、 関連する知識への派生的言及が含まれているため、ややもすると煩雑な印象を与えられる向きもあろう。しかし、 有り余る情報を徒に拡散させるのではなく、その流れを二つに絞り込んだことで、一切は物語の展開に不可欠な要素として機能することとなった。 バラバラに鏤められた欠片が、「憑き物落とし」において一気に収束される終盤は、ミステリの醍醐味である「謎解き」 を十分に堪能させてくれる仕上がりと言えるだろう。

 確かに。本作の「謎解き」は理路整然として実に鮮やかなものだ。しかし、 そこに余りにも集約させすぎてしまった面があるのも否定はできない。と言うのも、本作を構成するのはペダンチズムともう一つ、 久遠寺にまつわる人間的な因縁であるが、 この部分を殆ど伏線らしい伏線もないまま(主に語られる関口絡みのエピソードは数ある枝葉の一つに過ぎない)、謎解きである「憑き物落とし」 の場面で全てを曝いているせいか、単なる「説明」に堕してしまっているのである。

 この京極堂シリーズが熱狂的に支持されたのは、妖怪奇譚的ミステリの体裁を取りながらも、 それが人間的発露として反転するところにあったように思う。そして、この反転の契機となるのが「憑き物落とし」であり、 それはつまりこの人間的発露を顕在化させる為の儀式と言っていい。本作でもその点はきちんと押さえているとはいえ、それでも「憑き物落とし」 を通じて突如として久遠寺の歴史に焦点を当てるのは唐突にすぎる。久遠寺家の背景は知りえても、 それに翻弄されてきた久遠寺の女達の悲しみや無念といった情念までをも炙り出せているとは到底言い難く、 その後に続く悲劇にどうしても高まりが感じられないのである。

 久遠寺医院に巣くっていた妖怪・姑獲鳥とは、久遠寺に脈々と受け継がれてきた忌まわしい過去の桎梏であり、その猖獗であり、 その正体を曝くということは即ち人間の「怪物性」を曝くことに他ならない。その「怪物性」を自覚できないがゆえに引き起こされる事件こそが、 本作の悲劇性の核心であったはずだ。この真実に我々を戦慄させることができなければ、 どんな幕切れを用意しようとも悲劇的カタルシスは得られようがないのは自明であろう。本作に物足りなさを感じるとすれば、 ペダンチズムやトリックに「人間」の姿が埋没してしまったことに尽きる。次回作があるならば、是非ともこの「人間」という存在の恐ろしさを、 我々に見せつけるような作品にしてもらいたいものである。

(2005.7.16)

2005/07/16/18:00 | BBS | トラックバック (47)
仙道勇人 ,今月の注目作 ,姑獲鳥の夏
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

もはや笑うしかない 「姑獲鳥の夏」 A 平気の平左

評価:10点(注:うちは100点満点で評価しております) 姑獲鳥の夏 えー、この映画をサッカー選手に例えるならば、マラドーナといったところでしょうか。 ...

Tracked on 2005/07/21(木)15:35:58

もはや笑うしかない 「姑獲鳥の夏」 A 平気の平左

評価:10点(注:うちは100点満点で評価しております) 姑獲鳥の夏 えー、この映画をサッカー選手に例えるならば、マラドーナといったところでしょうか。 ...

Tracked on 2005/07/21(木)15:35:58

姑獲鳥の夏 A ★☆★ Cinema Diary ★☆★

本日4本目は「姑獲鳥の夏」です。   映像化不可能といわれた京極夏彦の人気小説をついに映画化ということ。 僕は読んだことありませんが。 &nb...

Tracked on 2005/07/21(木)15:38:50

姑獲鳥の夏 A Akira's VOICE

眠い,欠伸が出る。 けれど面白い!

Tracked on 2005/07/21(木)16:35:31

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) A ネタバレ映画館

 走らない堤真一には魅力がない!  目まぐるしく回転するカメラとサブリミナル効果のようなフラッシュ映像。そして、なぜか首を傾けたくなる斜めアングル。効果音には...

Tracked on 2005/07/21(木)16:37:14

「姑獲鳥の夏」試写会にて A xina-shinのぷちシネマレビュー?

ファボーレ東宝で行われたKNB招待試写会『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』に行ってきました。 試写会ということで司会はKNBラジオ『相本商店』のパーソナリティ「小...

Tracked on 2005/07/21(木)17:20:24

姑獲鳥の夏 A 利用価値のない日々の雑学

なんと、どういう訳か、この一ヶ月間に3本もの邦画をシアターで観ることなってしまった。これは、筆者に取っては大きな変革である。これに関しては、紛れもない「ブログ効...

Tracked on 2005/07/21(木)17:29:58

姑獲鳥の夏 A ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-

映画「姑獲鳥の夏」の感想です

Tracked on 2005/07/21(木)18:52:44

姑獲鳥の夏(評価:◎) A シネマをぶった斬りっ!!

【監督】実相寺昭雄【出演】堤真一/永瀬正敏/阿部寛/宮迫博之/原田知世/田中麗奈/清水美沙/篠原涼子/すまけい/いしだあゆみ【公開日】2005/7.16【制作】...

Tracked on 2005/07/21(木)18:58:30

姑獲鳥の夏★★★☆☆ A なおのオススメ文芸。

『昭和20年代の東京、夏。小説家の関口が古本屋の店主・京極堂に「20か月もの間、子供を身ごもっている女性がいる」と相談を持ちかける。』 director ...

Tracked on 2005/07/21(木)19:28:07

姑獲鳥の夏 A まったりでいこう〜

昼間の上映のを観に行きましたが館内は満員御礼状態で、こんなに人気あるんだ京極と思ってしまいました(笑)一応、原作は読んでますが、もう何年も前のことなのですっかり...

Tracked on 2005/07/21(木)19:41:44

v.33 姑獲鳥の夏 A cinemacafe

まずは、面白かった。 主人は60点私は57点かな。。 原作がしっかりしてるし、もとがほんとおもしろいから。。 50点以下なんて事はないんだけど、、、う〜〜〜ん ...

Tracked on 2005/07/21(木)19:49:28

姑獲鳥の夏 A 踏切前でスタンバイ

試写会にて。戦後の混乱がまだ尾を引いている東京で不気味な噂が囁かれていた。ある産院の娘・梗子は妊娠20ヶ月を迎えてもなお出産の気配なし。その梗子の夫・牧郎は1年...

Tracked on 2005/07/21(木)19:52:44

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) A 或る日の出来事

(c) 2005 「姑獲鳥の夏」製作委員会京極堂シリーズの原作を読んでいる身としては、映画のキャストが発表されたときには、そりゃ違うでしょー、堤真一が京極堂?...

Tracked on 2005/07/21(木)21:00:00

「姑穫鳥の夏」観てきました! A とりつかれた男の独白

さっそく観てきました!初日の、初回上映。やっぱりお客さんはいっぱいでした。感想は、う〜ん、良くできていたとは思うんですが、あまりの期待の大きさと、「エピソード3...

Tracked on 2005/07/21(木)21:31:24

【ネタバレ注意!!】『姑獲鳥の夏』観て来ました☆ A 徒然なるヒトリゴト。

『姑獲鳥の夏』、見て来ました〓〓〓☆ 楽しみにしてたの♪本当に。 という訳で、感想書いちゃいます! ネタバレありになってしまうと思うので、これから見る方は、↓は...

Tracked on 2005/07/21(木)22:47:37

姑獲鳥の夏。 A 執筆家志望の小言。

見てきました。場所は九段会館。 九段会館昔は昔、軍人会館と言う名前で、軍事的な機能をもった建物だったそうだ。 1934年に建てられて、その雰囲気は独特なものがあ...

Tracked on 2005/07/21(木)22:53:33

[映画]姑獲鳥の夏 A tuskyのblogってどうよ-2号店-

2005_30 タイトル:姑獲鳥の夏 鑑賞日:2005.07.16 場所:ユナイテッドシネマ入間 ジャンル:ミステリー 配給:日本ヘラルド映画 監督:実相寺...

Tracked on 2005/07/21(木)23:20:27

姑獲鳥の夏 A Saturday In The Park

京極堂シリーズのファンなので今回の映画化&公開はスゴく楽しみだった! でもなんだろう楽しみだったはずなのに・・・このモヤモヤ感は・・・。 昭和27年の雰囲気...

Tracked on 2005/07/21(木)23:44:41

堤の夏<姑獲鳥の夏> A おへそのひみつ 

「姑獲鳥の夏」観て来ました。 んん〜〜っ、やっぱり2時間ちょっとで収められる作品じゃなかったですねぇ。キャスティングの違和感もさることながら、時間が短いだけに人...

Tracked on 2005/07/22(金)00:19:04

『姑獲鳥の夏』 A ラムの大通り

------この映画って原作を読んでいた時、すごく興奮していたけど、 どうだった?実際に映画になったのを観た感想は? 「ずばり言ってしまうと、 これは原作を読ん...

Tracked on 2005/07/22(金)00:33:53

姑獲鳥の夏 A 管理人の独り言

普段、邦画なんて全く見ないんだけれど、友人に誘われて観に行くことに。すごい久しぶりの邦画だ・・・。最後に見たのがたぶん「CASSHERN」だから1年ぶりぐらい...

Tracked on 2005/07/22(金)00:35:41

7/17 【映画】姑獲鳥の夏 2005年 A inatt blog

映画・姑獲鳥の夏を観た感想 いきなり話がそれますが、 ハリーポッターと賢者の石は、原作も映画もそれなりに出来がいいと思いますが、

Tracked on 2005/07/22(金)04:49:45

姑獲鳥の夏☆独り言 A 黒猫のうたた寝

京極夏彦の本は なんかとっかかりが苦手です(笑) っていうのか、最初に読んでみた『姑獲鳥の夏』で京極堂の理路整然としたセリフまわしと、 言葉に翻弄されてる関...

Tracked on 2005/07/22(金)05:42:40

姑獲鳥の夏 A lip

この世には、不思議なことなどなにもないのだよ、関口君。 金田一耕助シリーズにもどことなく似た、それでいて独自の世界が見え隠れする…怪奇現象ものと思いきや、ある...

Tracked on 2005/07/22(金)09:20:17

「姑獲鳥の夏」 A わたしの見た(モノ)

「姑獲鳥の夏」 かなり期待していただけに、 物足りなさ、残念な作品に思えてしまう。 監督、キャスト、和テイスト、世界観。 好きな要素が揃っていながら、入...

Tracked on 2005/07/22(金)12:07:57

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) A しねまぶっくつれづれだいありー

『原作もキャストも好き!・・・なんだけどね』  京極夏彦原作の『京極堂シリーズ』の映画化です。  私はこのデビュー作『姑獲鳥の夏』の講談社ノベルスを初版で買っ...

Tracked on 2005/07/22(金)12:29:09

『姑獲鳥の夏』を観る A デスマッチだよ、人生は!

世界を代表する「演説俳優」といえばサミュエル・L・ジャクソンと丹波哲郎である。 それまでの映画の流れを無視して一人語りを長々とブチかまし、強引に観客をネジ伏せる...

Tracked on 2005/07/22(金)13:01:28

姑獲鳥の夏 A Lovely Cinema

今週末も邦画と韓流、お子様むけの新作しかなくてあいかわらずハリウッド映画が公開されなかったのは悲しい〜〜。さすがに新作が見たくなったので、予告でいしだあゆみの大...

Tracked on 2005/07/22(金)20:14:55

姑獲鳥の夏 A ★☆*:・ Seven Gifts *:・゚☆★

『姑獲鳥の夏』を観て来ました。だって、京極ファンなのですもの。(*^_^*)とは言え、原作を読んだのはもう何年も前だから、話の大筋は覚えているけど細部はかなりう...

Tracked on 2005/07/23(土)20:33:38

姑獲鳥の夏 ★★☆☆☆ A ◆覇王の書斎◆

う〓ん、原作ファンは見ない方がいいかも。堤真一ファンならそこそこ見られる?ような、そうでないような。原作の魅力も、俳優の魅力も、イマイチ引き出す事が出来てない、...

Tracked on 2005/07/23(土)20:42:06

姑獲鳥の夏 ★★☆☆☆ A ◆覇王の書斎◆

う〓ん、原作ファンは見ない方がいいかも。堤真一ファンならそこそこ見られる?ような、そうでないような。原作の魅力も、俳優の魅力も、イマイチ引き出す事が出来てない、...

Tracked on 2005/07/23(土)20:42:26

姑獲鳥の夏…エンドロールで泣いてみる(意味不明) A PULSAR

公開3日目(ですよね?)にして、「姑獲鳥の夏」を見にいってきました。お昼に行ったんですが、意外と人がいて、久しぶりにお客さんが周りにいる映画に来ましたよ……(一...

Tracked on 2005/07/23(土)22:29:12

試写会「姑獲鳥の夏」 A こまったちゃんのきまぐれ感想記

試写会「姑獲鳥の夏」開映15:30@九段会館 「姑獲鳥の夏」 2005年 日本 配給:日本ヘラルド映画 監督:実相寺昭雄 原作:京極夏彦 脚本:猪爪慎一 撮影...

Tracked on 2005/07/23(土)22:55:27

人物相関図を把握するのが大変◆『姑獲鳥の夏』 A 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

7月21日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 京極夏彦の小説は、何となく難しそうで手が出ない。 …というより、実際難しいのだろう。 その映像化も難しいと...

Tracked on 2005/07/24(日)12:10:50

姑獲鳥の夏 京極夏彦の作品は好きですが★1.5 A おえかき上達への道

●姑獲鳥の夏 敗北です・・orz (←初めて使ってみたけどホントこんな気分) 最初の京極堂の長ゼリフに辟易し始め、画面がくるくる廻るに身を任せ、 ダチュラの...

Tracked on 2005/07/24(日)13:42:10

#29:姑獲鳥の夏 A (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!

KAZZのこの映画の評価   キャストが凄いこの映画 堤真一は、本当に上手い最高です メイン?キャストを好きな順に並べると。。。 堤真一、阿部寛...

Tracked on 2005/07/24(日)18:59:19

姑獲鳥の夏 A Molmoth Chocolate Blog

待ちに待ってた「姑獲鳥(うぶめ)の夏」!!最初はキャスティングがいやと、うだうだ言いましたが公開直前には「キャスティングいいかも・・早く観たい」と言うほど、待ち...

Tracked on 2005/07/25(月)13:04:02

『姑獲鳥の夏』 A Such One Day

『姑獲鳥の夏』 試写会に行ってきますた(7月7日に。) 言わずと知れた京極夏彦代表作 京極堂シリーズ第一話「姑獲鳥の夏」 映像化不可能とまで言われていた...

Tracked on 2005/07/26(火)15:57:42

姑獲鳥の夏 (2005) A ℃で映画をかたるブログ

50℃ --あつかん温度-- いしだあゆみだけ90℃ *キャッチコピ「この世には不思議な事など何もないのだよ、関口君」 ...

Tracked on 2005/07/30(土)21:04:36

「姑獲鳥の夏」は凝りすぎ。 A nancix diary

‘風邪らしくて、寒気はするわ、鼻水出るわ、上唇にできものができるわ、見られたもんじゃない外見なんですが、1日の「映画の日」に出歩けなかったので、せっかくのレディ...

Tracked on 2005/08/05(金)12:54:01

姑獲鳥の夏 A きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/

京極夏彦のデビュー作を満を持して映像化! 京極作品はたいした冊数読んでないけれど、 どれも面白かったし、ミステリ界の大御所!ということで 非常に期待して劇...

Tracked on 2005/09/04(日)21:31:50

姑獲鳥の夏 今年の230本目 A 猫姫じゃ

姑獲鳥の夏 申し訳ございません。 中盤、寝てしまいました、、、最後の方は、しっかり見てしまったので、ストーリーはわかってしまいました、、、 阿部寛 ...

Tracked on 2005/11/29(火)15:08:55

『姑獲鳥の夏 (うぶめのなつ)』 A honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜

『姑獲鳥の夏』 公式HP  http://www.ubume.net/ 製作:2005年日本 監督:実相寺昭雄 原作:京極夏彦 ...

Tracked on 2005/12/03(土)08:16:31

DVD『姑獲鳥の夏』 A みかんのReading Diary♪

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション(2005/日本)  昭和27年、夏の東京。巷では産婦人科、久遠寺医院にまつわる不気味な噂が広まっていた。それは、...

Tracked on 2005/12/11(日)08:08:29

姑獲鳥の夏 A 土曜の夜は・・・

“妖怪”という現象を切り口に、民俗学をベースにした過剰なほどの蘊蓄と大胆不敵な仕掛けでミステリー界に革命をもたらした京極夏彦衝撃のデビュー作にして、...

Tracked on 2006/02/03(金)15:49:11

姑獲鳥の夏 A ウィズウィズブログ〜イラスト部屋〜

 姑獲鳥の夏を見てきました。 あの分厚さに圧倒されてちゃんと原作を読めたためしがないのですが、ようやく京極作品を一から十まで堪能できるのですね〜w  事前知...

Tracked on 2006/02/04(土)18:07:31

姑獲鳥の夏 A 映画、言いたい放題!

予告編が面白そうというのと 原田知世がこういう映画に出るというのがちょっと意外で 楽しみに観てみました。 DVDで鑑賞。 昭和27年の東京・雑司ヶ谷...

Tracked on 2006/06/27(火)23:20:13

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO