今週の一本
(2005 / 日本 / 小栗康平)
「埋もれ木」の物語批判と映像の幻惑作用

小林 泰賢(ビデオアーティスト)

 小栗監督久々の新作「埋もれ木」は、一つの町に住む様々な住人の生活や気持ちを具体的、象徴的、幻想的ないくつかのレベルで描写し、 独特の世界を作り出している。どのシークエンスも淡い中心であり、リアリズムかと思えば一部CGを用いた背景の幻想的な描写もあるが、 ほとんどのシーンは幻想ともリアルとも言えない中間の位置に立たされ続ける。その宙吊り状態に、 どこへも行き着かない苛立ちを超えた映画の存在論的な文脈を見出す事ができる。
 もちろん小栗監督の作り出した映像世界には、それだけで統一された世界観とも映像の快楽ともいえるような、 享受することの楽しみがすでに作り出されているが、そこにとどまることはこの作品の存在を矮小化することになってしまうだろう。

 映画の冒頭、少女たちは魚喃キリコの漫画を読みながら、自分たちも物語を作ろうと決める。目的もなく、 楽しみのために始められるその遊びのような創作は、読む側から作る側へと立場を変えつつも、 物語の原初的な快楽を共有していこうという彼女らのあり方によって、この映画のエモーションによる物語のあり方を端的に表している。 様々な逸話は、合目的的な結論を導く事はないが、どの逸話も物語の分解された素材である豊かな物語素で満たされることになる。
 その表現を可能にしているのは、丁寧に語られる日常のリアリズムとエモーションの映像的な表現で世界を描きながら、 ヒエラルキーの頂点に物語の中心を置くことを回避しているからだろう。

 地蔵を洗う子どもたちの行事や、紙灯篭を挙げるお祭り、埋もれ木の発見に起因する地下都市のような採掘場でのカーニヴァル。 ともすれば土着的な地方の文化を、都市生活に対するアンチテーゼとしての地方地域を描くために使われるようなこれらのエピソードは、 この映画においては冒頭の漫画の描く世界同様、どこでもないと同時にどこでもあるエモーションの世界を描く要素として機能し、 それらのイメージが一つに限定される事を巧妙に避けている。 映画が時間芸術であるために持つ忘却と記憶の機能によって映像のイメージそのものと、物語の記号的側面である物語素の連関を作り出す。

 例えば少年達の待ち合わせするコンビニエンスストア前でのCDの貸し借りに関するちょっとした会話。 夕方の光と田畑に囲まれポツリと建っているコンビニエンスストアの点灯し始めたばかりの明かり、まるでセットのように見える建物の映像。 見えるものも話されることもすべて明快でありながら、 物語のシーンとしての説明的な要素へと還元されることを拒否するようなこういったシーンの積み重ねが、 物語に慣らされすぎた観客を映像の幻惑的な魅力へと招き入れる、様々な物語素の自由な連関を可能にする。

 この映画の幻想性の高いそれらの描写を登場人物の内面世界として捉えてしまう事は、映画の矮小な理解へと向かう。それよりも、 その描写を映像メディアの大きな特性である視覚から得るリアリズムと内面世界の二重性に同時に開くことにより、 視覚芸術の幻惑性へ開いていると捉えるべきだろう。

 昭和30年代の情景を、象徴的でも具体的でもある河という場所で描いた「泥の河」の風景。 リアリズムでありながら奇妙なセットと独特の時間の流れで描かれた「死の棘」の世界。 町とその住人という広がりを持った風景そのものを描いた「埋もれ木」。小栗監督の描く風景は幻惑的な魅力を持つ。

 「埋もれ木」の物語の中心を一つに収束させない宙吊り状態は、リアリズムへ特化した映像世界の実体視への批判とも、 閉塞的で安定した幻想の世界で批評を回避することへの批判ともなりえている。 もちろん小栗監督の映像の幻惑的なものへ開かれた優れた感覚がそれを可能にしている。この幻惑性を実体視せずにおくあり方は、 それだけで映像の批評たりえている。

(2005.7.30)

 

2005/08/01/07:43 | BBS | トラックバック (16)
小林泰賢 ,今週の一本
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

埋もれ木 A ★☆★ Cinema Diary ★☆★

本日2本目は「埋もれ木」です。   「女子高生まちが女友達と物語を作りリレーして遊ぶことを思いつく。それは未来へ向かう夢物語。対して町に住む大人た...

Tracked on 2005/08/01(月)09:34:17

埋もれ木 A ★☆★ Cinema Diary ★☆★

本日2本目は「埋もれ木」です。   「女子高生まちが女友達と物語を作りリレーして遊ぶことを思いつく。それは未来へ向かう夢物語。対して町に住む大人た...

Tracked on 2005/08/01(月)09:34:17

『埋もれ木』 A ラムの大通り

------おや、頭抱えてるニャあ。 「う〜ん、この小栗康平の新作は分からない。 ぼくには、ほとんどお手上げだ」 ------どういうところが? 「うん。映画は...

Tracked on 2005/08/01(月)10:03:24

「埋もれ木」 A てんびんthe LIFE

「埋もれ木」特別完成披露試写会 明治安田生命ホールで鑑賞 本年度カンヌ国際映画祭出品作品、そして今週末6月25日より劇場公開。でもこれが一般人に試写会とし...

Tracked on 2005/08/01(月)10:56:23

映画 「埋もれ木」 A ようこそMr.G

今日はちょっといつもより気合を入れて、スクリーンと対峙したいなあと思っていた。

Tracked on 2005/08/01(月)11:46:16

「埋もれ木」 A 試写会帰りに。

新宿安田生命ホール「埋もれ木」試写会。映画の前に小栗康平監督と立松和平氏のトークショウがあった。 入場時間の1時間位前に、ホールの階段下に並んでいると、小栗康平...

Tracked on 2005/08/01(月)13:14:16

埋もれ木 A 逃源郷

 「死の棘」「眠る男」の小栗康平監督、9年ぶりとなる最新作。 正直、今の自分では理解しきれない意味難解な映画だった。客席からは、オープニングあたりから早速寝息と...

Tracked on 2005/08/01(月)15:33:37

埋もれ木 A 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~

小栗康平監督の5作品目。デビュー作の「泥の河」が1980年。2作目の「伽や子のために」が1984年。3作目の「死の棘」が1990年。4年目の「眠る男」が1996...

Tracked on 2005/08/01(月)17:13:09

埋もれ木 A 単館ロードーショーを追え!

"埋もれ木" 寡作な映画作家といわれる小栗康平の9年ぶりの新作が現れた。否、ビクトル・エリセ、レオス・カラックス、テレンス・マリックらを思えば、今回が小栗監督...

Tracked on 2005/08/01(月)18:44:57

『埋もれ木』 小栗康平監督 A ◇◆Essayという試み◆◇

シネマライズにて、小栗康平監督の『埋もれ木』を観てきた。 (毎週日曜の最終回は1000円均一なのでかなりお得!) 確かに綺麗な風景や圧倒される映像が印象...

Tracked on 2005/08/01(月)19:15:33

「埋もれ木」 A the borderland

朝日新聞に「埋もれ木」の映画評が出てました。ラブストーリーじゃない日本のファンタジーといったようなことが書いてあった。高校生の女の子が物語を作ってリレーをしてい...

Tracked on 2005/08/01(月)20:41:54

夢か現か A 極楽三十路生活賛歌

 小栗康平監督の「埋もれ木」を渋谷シネマライズで鑑賞。  何というか、つかみどこ

Tracked on 2005/08/01(月)22:30:39

『埋もれ木』を観る A デスマッチだよ、人生は!

世間的にはどうだかわからないが、オレは小栗康平の『死の刺』は奇怪なコメディ映画だと思っている。 なにせ松坂慶子が突然「肺炎になってやる!」と叫び、胸をさらけ出し...

Tracked on 2005/08/05(金)19:02:14

夢か現か A 極楽三十路生活賛歌

 小栗康平監督の「埋もれ木」を渋谷シネマライズで鑑賞。  何というか、つかみどこ

Tracked on 2005/08/07(日)11:58:01

「埋もれ木」 A こだわりの館blog版

8/7 シネマライズ にて 小栗康平は、この9年ぶりの新作でいよいよ“スゴイ”領域にまで到達してしまったんだなぁ… 監督・脚本:小栗康平 出...

Tracked on 2005/08/14(日)22:26:11

埋もれ木 A 空想俳人日記

胸の奥 震える糸に 耳澄まそ   なんか、久しぶりに映画を観た、そう感じた。いや、映画はよく観るが、総合芸術と呼ばれるにふさわしい映画、そういう意味で...

Tracked on 2005/11/19(土)16:14:47

「埋もれ木 」〜耳をすまし、凝視する世界の「夢」 A Past Light

 ■小栗康平監督の作品はこれですべて観ることができた。なにしろビクトル・エリセを思わせるほど少ない作品の数。それはこの作家の個性と、この時代における商業的...

Tracked on 2007/06/15(金)15:33:31

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO