今月の注目作
(2005 / 日本 / 犬童一心)
映画はキミに語りかけぬ

針部 ろっく

実に困った。

こちらも、この映画のレビューを書くのだというそれなりの心構えで鑑賞したわけだが、 この映画に対して何か言ってみたくなる気持ちをどこにも見出せなかったのだ。無理矢理にも、見出せなかった。傑作でもなく、佳作でもない、 かといって、出来が悪いわけでもない。普通の映画、かどうかは分からない。普通が何か分からないから。「ここがいい」 と押したいところがあるわけでもなければ、「そこんとこどうよ」と突っ込んでみたくなる場所があるわけでもない。 起伏ある話があるわけでもなく、ある種の良さを求めることが、結果的に話の無さを生んでいるわけでもない。 筆者は鑑賞中ほんの一ミリも気持ちが動かなかった。なんか、どうでもよかったんだよなぁ。ホームの老人ゲイたちのことも、若者たちのことも。
あ、一ヵ所小さく笑った。だが、それがどんなシーンだか、もう忘れてしまった。ちょっとおかしいシーンが二つか三つあったが、 どのシーンで実際に笑ったんだか、覚えていない。

とにかく、この映画を見て何か言うには、取っ掛かりが何も見つからなかった。終始ぽけーっと画面を眺めていただけ。いや、この部分はどうか、 こういう切り口はどうか、と色々探すには探していたのだが、見終わってみると、どうもなぁ。あえて誉める気持ちにもならず、 貶したい気持ちにもならず、ゲイに差別的なことでも書いてヒンシュクを買いたくなるような歪んだ思いも沸かない。「こいつクルクルパーやな」 と思われてもいいから、何か無駄に積極的な悪口の一つでも言いたいものだが、その気にならない。誰か知り合いと一緒にいて、 することも話すこともないので、とりあえずテレビをつけて二時間近くそれをぼけーっと眺めてるような、そんな感じ。

厄介だなぁ。難儀だなぁ。何か感想を言うことをあらかじめあちらから拒否されてしまったような気持ちにさえなった。 つまりはそういう映画だったのかもしれないという気もするが、それは一体どういうことか。確かに、どこにも突っ込まない映画ではあった。 しかし、意図的に劇的になることを避けてるようにも思えなかった。だからといって、映画の作り手が「これで足りている」 と思っているのだとも、また、思えなかった。何なのかね、これは。

「淡々としている」という言い方ともまたちょっと違う。ひょっとすると、演出のテンションの問題なのかもしれない。演出だけでなく、 制作課程全般に及ぶ、テンションの問題なのかもしれない。そういえば、「作ってて面白くなさそうな映画だなぁ」とちらりと思ったりした。 先程、どうでもよかったんだよなぁとぼやいたが、それはこちらの鑑賞態度の積極性を問題にするよりも、 登場人物たちが自分で自分のことをどうでもいいかのように思っているのではと受け手がどこかで感じていたからかもしれない。 それにもきっとテンションが大きく関わっているはずだ。

何書くかなぁ困ったなぁと思いつつ、渋谷を去る電車の中、すでに「今見たやつ、何だったっけ?」という状態になっていた。映画よりも、 隣に座っていたおじさんの体臭や、逆隣に座ったおねーちゃん二人の休憩時間のおしゃべりを、生々しいものとして覚えていた。そして、 次の予定までの空き時間を喫茶店で小説を読んで過ごしながら、筆者はこの映画をどんどんと忘れていったのだった。

振り返ってみると、「早く終われ」と積極的に思ったわけでもなかったことに何かこの映画の妙な部分を見出せるかとも思ったが、それはむしろ 「これでなんか書かなきゃ」という思いから生まれてきたものだろう。

劇場は、公開間もないということもあってか、満席に近い状態だった。若いおねーちゃんだらけ。 話がどこに突っ込むわけでもないゲイを扱った映画の客層というのは、やはり若いおねーちゃんたちということになるのだろうか。それにしても、 この子たちは一体何が見たくて来るのだろうか、とふと思った。「オダギリジョーだ」「柴崎コウだ」「西島秀俊だ」 などと答えが返ってくるなら、それはそれで健全なことなんだろうなと思う。満足するかどうかは知らないが。

オダギリジョーは、きっと意図的に、いつもより余計に、色気を身にまとっていた。柴崎コウはどうもペ・ドゥナに似てると思うときがあるが、 人はあまり賛同してくれない気がする。どうでもいいが。

クレジットが終わり、場内が明るくなったときの雰囲気は、決して悪いものではなかったが、 映画を見ていた二時間が誰にも何もまとわりつくことなくすっぽりと欠落して、映画が始まるまで続いていた日常のぺちゃくちゃした雰囲気が、 ただ復活しただけのようでもあった。

それにしても、混んでる映画館というのはイヤなもんだ。

(2005.8.31)

2005/09/02/10:40 | BBS | トラックバック (26)
今月の注目作 ,針部ろっく ,メゾン・ド・ヒミコ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

映画「メゾン・ド・ヒミコ」 A ○blog

昨日、試写会で、「メゾン・ド・ヒミコ」を見ました。 あらすじ:ゲイの父親が家を出て、母は病死し、ひとりで暮らす沙織。彼女のもとに、ある日、父親の恋人である...

Tracked on 2005/09/02(金)11:48:23

映画「メゾン・ド・ヒミコ」 A ○blog

昨日、試写会で、「メゾン・ド・ヒミコ」を見ました。 あらすじ:ゲイの父親が家を出て、母は病死し、ひとりで暮らす沙織。彼女のもとに、ある日、父親の恋人である...

Tracked on 2005/09/02(金)11:48:23

「 メゾン・ド・ヒミコ 」 A MoonDreamWorks

監督 : 犬童一心主演 : オダギリジョー / 柴咲コウ /     / 田中泯(『たそがれ清兵衛』) 公式HP:http://himiko-movie.com...

Tracked on 2005/09/02(金)12:32:23

メゾン・ド・ヒミコ A 屋上者の島へ

シネマライズで『メゾン・ド・ヒミコ』を観た。ゲイのための老人ホームという舞台が設定された時点で、すでに映画の基調となるトーンと、その成功は決まっていたのだと思う...

Tracked on 2005/09/02(金)14:22:33

感想/メゾン・ド・ヒミコ A APRIL FOOLS

夕方試写会へ。「ジョゼ虎」でその名を知らしめた犬童一心監督の最新作「メゾン・ド・ヒミコ」。オダギリジョー&柴咲コウ主演で話題のアレですな。8月27日公開。 メ...

Tracked on 2005/09/03(土)08:25:03

メゾン・ド・ヒミコ A cinema capsule

★ストーリー ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(オダギリジョー)という若い男から父がガンで余命いくばくもない...

Tracked on 2005/09/03(土)11:24:24

メゾン・ド・ヒミコ A 感想.blog

★今回から【自分的事前期待度】を記載しました。  期待度が高いとその分映画も辛口にしてしまっていますし、反対に期待度が低いと甘口評価になってしまっているので。...

Tracked on 2005/09/04(日)23:37:17

「メゾン・ド・ヒミコ」とカフェ。 A アトリエミルク

映画「メゾン・ド・ヒミコ」を観ました。会場の渋谷シネマライズは結構行列が出来てました。前日に渋谷に出る用事があって、席を予約していたのでスムーズに入れました。

Tracked on 2005/09/04(日)23:51:07

メゾン・ド・ヒミコ A spoon::blog

ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、...

Tracked on 2005/09/05(月)13:39:04

見つめ直すこと《メゾン・ド・ヒミコ》 A アロハ坊主の日がな一日

監督犬童一心、脚本渡辺あやの前作『ジョゼと虎と魚たち』 を観たら、これを観ないわけにはいかない。そうすると、 もう比べないわけにはいかない。作品としても...

Tracked on 2005/09/06(火)17:08:31

メゾン・ド・ヒミコ@シネマライズ A ソウウツおかげでFLASHBACK現象

登場人物の誰かに強いシンパシーを抱くことはなかった。老人ホームに介護とボケ、これは身近にあるものの、だからといって良し悪しとは別問題だ。ストーリーや演出、テンポ...

Tracked on 2005/09/09(金)15:46:30

『メゾン・ド・ヒミコ』 A 京の昼寝〜♪

私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は、父の恋人だった。 ■監督 犬童一心■脚本 渡辺あや■キャスト オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、歌澤寅右衛門、青山吉...

Tracked on 2005/09/12(月)00:12:48

『メゾン・ド・ヒミコ』〜見識の白いキャンバス〜 A Swing des Spoutniks

『メゾン・ド・ヒミコ』公式サイト 監督:犬童一心出演:オダギリジョー 柴咲コウ 田中泯 【あらすじ】(goo映画より)わけあって借金を抱えてしまい、昼はしが...

Tracked on 2005/09/13(火)07:59:52

メゾン・ド・ヒミコdeぴっきー A [混]ミックスランチ

ゲイのための老人ホームで繰り広げられるひと夏の出来事 映画『メゾン・ド・ヒミコ』であります。 ヤフーのレビューで評価が高かったので観てきました。

Tracked on 2005/09/13(火)21:18:24

メゾン・ド・ヒミコ A 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~

この作品の舞台となるのが、銀座の伝説的なゲイ・バーのママだった卑弥呼(田中泯)が開いたゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」。 卑弥呼の娘、沙織はゲ...

Tracked on 2005/09/20(火)00:10:32

メゾン・ド・ヒミコ A ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-

映画「メゾン・ド・ヒミコ」の感想です

Tracked on 2005/09/21(水)17:34:26

メゾン・ド・ヒミコ観たよ A わにわにしちょし

ゲイの物語。 と言っても、今流行りのフォーーーーーーーではない。 淡々と進んでいく、ゲイの物語だ。 今年のゴールデンウィークに、新・文芸坐でジョゼと虎...

Tracked on 2005/09/21(水)19:24:21

メゾン・ド・ヒミコ A Cinema-Absolutism

メゾン・ド・ヒミコ  2005/日本  ★★★ 監督 犬童一心 出演 柴咲コウ / オダギリジョー / 田中泯 / 西島秀俊 ■あらすじ■  塗...

Tracked on 2005/09/22(木)19:59:16

メゾン・ド・ヒミコ(映画館)   A ひるめし。

涙はきっと暖かい CAST:オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯 他 この映画ぢつは密かに観たかったんです。まさかチネチッタで公開するとは思ってもみてなかったか...

Tracked on 2005/09/26(月)20:29:28

柴崎コウが「ブスな女」に見えない誤算◆『メゾン・ド・ヒミコ』 A 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

9月28日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 私が心から愛する映画『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督と脚本・渡辺あやのコンビの新作に、私の大好きなオダギリ...

Tracked on 2005/10/01(土)09:23:48

「メゾンド・ヒミコ」賑やかな祭のあと A soramove

「メゾンド・ヒミコ」★★★☆ オダギリジョー、柴咲コウ 主演 面白そうなキーワード。 ゲイの老人ホーム オダギリジョー、 柴咲コウ。 劇場も...

Tracked on 2005/10/03(月)18:39:35

メゾン・ド・ヒミコ A OrdinaryDay*

+ストーリー 沙

Tracked on 2005/10/07(金)21:50:31

メゾン・ド・ヒミコ A ハイジのシネマパラダイス

メゾン・ド・ヒミコ 監督:犬堂一心 脚本: 出演:オダギリジョー 柴咲コウ 田中泯 西島秀俊 ストーリー 塗装会社で事務員をする沙織(柴咲)。...

Tracked on 2005/10/11(火)22:48:38

メゾン・ド・ヒミコ A toe@cinematiclife

面白かった映画の3本目も、昨日に引き続き日本映画でございます。 『ジョゼと虎と魚たち』がお気に入りの私は、犬童一心監督作品、オダギリジョー主演と聞き、それだけで...

Tracked on 2005/10/17(月)10:38:50

メゾン・ド・ヒミコ A きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/

感想あげるの遅いですが、この作品は 公開終了ギリギリで観てきました! 「何か良かった」という友人の評判しか聞いていなかったんですが、 柴咲コウちゃんが出演...

Tracked on 2005/11/17(木)14:33:38

NO.120「メゾン・ド・ヒミコ」(日本/犬童一心監督) A サーカスな日々

僕たちもそれぞれの「メゾン・ド・ヒミコ」を持てるだろうか? 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年)で、僕たちを魅了した、犬童監督と脚本の渡辺あや子。「メゾン・ド...

Tracked on 2005/12/18(日)03:50:24

メゾンドヒミコ A 東京には空がないと言う

さぁて、メゾンドヒミコです。 この映画は『NANA』『リンダリンダリンダ』の後に見ました。 時間は夜中の3時〜。 なかなか辛いものがありました。 でも犬...

Tracked on 2006/03/15(水)15:22:13

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO