今週の一本
(2005 / アメリカ / ロバート・ロドリゲス&フランク・ ミラー)
徹底した美意識が描き出すピカレスク・ファンタジー

仙道 勇人

シン・シティメイン 惚れた女のためならば、人肌でも二肌でも脱いでやろうともさ―― そう密かに思っている世の男達は少なくないのではないか。譬え現実に「じゃあ死んで」と要求されてしまったら「え、 ちょっと考えさせて」なんて口走ってしまうような輩であろうとも。否、現実にはそうであればあるほどに、 男達はそんなマッチョな夢に密かに胸を焦がすものかもしれない。

 本作は犯罪と暴力が日常の暗黒街「シン・シティ」を舞台に、 愛する女のために文字通り命懸けで戦う三人の男達の姿を描いたバイオレンス活劇である。三つのエピソードで主人公を張る男達は、 皆一様に余りにも不器用で余りにも愚直に愛を貫こうとするが、愛を貫くと言ってもその姿は「崇高さ」とは程遠い。本作が描く「愛」とは、 限りなく自己愛に近く、自己完結的なナルシズムとギリギリのところで成立するような「愛」だ。冷静に見渡せば、 一方的でかなり幼稚なきらいすら感じさせるそんな愛の形がごく自然なものと映ってしまうのは、「シン・シティ」 という非日常空間を舞台にしているがゆえであろうか。とにかくモノクロームの世界で蚊かゴキブリか何かのように平然と他者の命を奪い、 自らの命をも投げ出していく彼らの姿は、ひたすら格好いいのである。

シン・シティサブ1 彼らの格好良さの最大の要因は、極限まで単純化された行動原理と行動形式とによって、 その生き様が彼ら流の美学にまで高められていることであろう。そしてこれは同時に、 作品に実に自然な形で活劇的な醍醐味を添えることとなっており、それが一瞬も揺らぐことがないのだ。 圧倒的な存在感を放つ魅力的なキャラクター達が、目的遂行のために繰り広げる血みどろの饗宴は、 ファンタジーとしてだけでなくアクション映画としても最高水準に達していると言っていい。

 注目すべきは、本作がピカレスク・ロマンへの過度の傾斜を注意深く避けている点だろう。クライヴ・ オーウェン主演のエピソード2に見られる喜劇的と言うよりもギャグチックなシークエンスはもとより、 頻繁に挿入されるグロテスクで残虐極まりない描写にそれが見てとれる。これら一連の描写は、もとよりロバート・ ロドリゲスの持ち味の一つではあるが、本作においてはその余りの格好良さから犯罪を賞賛してしまいかねないというある種の危険さ―― 観客をファンタジーにのめり込ませてしまう――を巧みに回避する為に、暴力の持つ黒い魅力を存分に見せつける一方で、 そのおぞましさをもきっちりと観客に知らしめる、という周到な計算が見え隠れしているのである。

シン・シティサブ2 本作はロバート・ロドリゲスの作品の中でも傑作であることは疑いようがないが、 これはひとえにフランク・ミラーの原作を得たことによるのは間違いない。これまでロバート・ロドリゲス作品と言えば、 お世辞にも作品世界がしっかりしていたとは言い難かった。その薄っぺらい世界を、 アクションとギャグの勢いだけで押し切っていた面が大きかったように思う(もちろん、 それが彼の作風の最大の魅力でもあったわけだが)。しかし、フランク・ミラーの世界観を得た本作には、 そうしたB級チックな粗雑さは微塵も感じられない。本作にあるのは痺れるような男の美学と完璧な映像美、 そして圧倒的なアクション、ただそれだけである。「マンガの映像化」という試みはこれまでにも数多くなされてきたが、ロバート・ ロドリゲスのアクション美学とフランク・ミラーの映像美学/世界観という、最高にして幸福なコラボレーションによる本作において、 殆ど究極のレベルに到達したと言えるだろう。原作ファンならずとも見逃せない一本である。

(2005.10.3)

2005/10/03/17:37 | BBS | トラックバック (21)
仙道勇人 ,今週の一本
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

シン・シティ(SIN CITY) A ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

Bad City, Bad Bad City, Fat City Bad ((((*´ー`) ♪ それは、松田優作主演の「探偵物語」のOP「BA...

Tracked on 2005/10/04(火)01:02:57

シン・シティ(SIN CITY) A ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

Bad City, Bad Bad City, Fat City Bad ((((*´ー`) ♪ それは、松田優作主演の「探偵物語」のOP「BA...

Tracked on 2005/10/04(火)01:02:57

シン・シティ A Saturday In The Park

アメリカ 124分 監督:ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 出演:ブルース・ウィリス     ミッキー・ローク     クライヴ・オーウェン  ...

Tracked on 2005/10/04(火)13:32:50

シン・シティ A dim.

久々の映画鑑賞です。今日も3本ハシゴしちまったんで、しこたま面白そうな映画予告を堪能しちゃっいました。が、多分今日の映画鑑賞で今年の映画館通いは終了予定...

Tracked on 2005/10/04(火)18:56:16

シン・シティ A ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-

映画「シン・シティ」の感想です

Tracked on 2005/10/05(水)16:12:33

シン・シティ A 空想俳人日記

権力は いつも悪と 取引する 〓ちょっとちょっとクエンちゃん。この間の「キル・ビル」で懲りたかなあ、思たら、今度は、二人も悪がき仲間集めて。分かってま...

Tracked on 2005/10/06(木)12:42:32

『シン・シティ』 A 映画と文庫とMDと

渋谷TOEI2にて、ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー監督。 [EPISODE1]仮出所中のマーヴ(ミッキー・ローク)には、屈強な巨体と傷跡の走る容貌のため...

Tracked on 2005/10/07(金)20:09:24

シン・シティ@新宿ミラノ座 A ソウウツおかげでFLASHBACK現象

アメリカンコミックを読むことはないが、悪役も含めてキャラクター設定に惹かれたりする。これだけの大御所キャストを集めながら、皆が原作に忠実なフィギュアを再現させる...

Tracked on 2005/10/07(金)20:17:45

愛と狂気のエクスタシー! A ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション

三連休の初日という事で、当然の如く映画館へ。本日は『シン・シティ』です。お目当てはもちろんジェシカ・アルバですよ

Tracked on 2005/10/08(土)22:03:18

「シン・シティ」斬新さはこんなところに無い A soramove

「シン・シティ」★★★ ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ主演 合成着色された画面、 そしてカット割りの嵐。 連写しているカメラの映像みたいだ...

Tracked on 2005/10/09(日)10:57:05

シン・シティ A Akira's VOICE

いぶし銀のクライムドラマ。 アウトロー総出演。 面白かった!

Tracked on 2005/10/09(日)17:23:16

シン・シティ A ひとりごと

視覚的にも心理的にも、ヒジョーーーに刺激的な映画ですね!!! 実はグロいのが大の苦手なんですが、それを差し引けば、この刺激はちょっとクセになってしまうかもしれま...

Tracked on 2005/10/15(土)16:14:59

輝きのある白とスーパーデフォルメ[ シン・シティ/Sin City ] A アロハ坊主の日がな一日

この映画も吉祥寺で観る。ちょっと早めに入ってがやる ことないので小説でも読んでいると、待ち時間にサント ラが流れている。アップテンポでのってしまう。思わず、...

Tracked on 2005/10/16(日)03:29:52

映画「シン・シティー」 A ちょっとひとことええでっかぁ〜♪

2005年 アメリカ映画  ロバート・ロドリゲス(監督・脚本・

Tracked on 2005/10/16(日)12:12:19

シン・シティ(2005/米)カッコ良すぎるホードボイルドなおやじたち A エンタメ系のススメ

シン・シティ(2005/米)カッコ良すぎるホードボイルドなおやじたち新世紀型ハードボイルド・フィルムノワール人気blogランキング参加しています!!最初はどうー...

Tracked on 2005/10/17(月)15:48:23

【映画】 シン・シティ ★★ A 徒然なるままに・・・

ストーリー: 犯罪以外は何もない“罪の街=シン・シティ”。 救いなどなかったはずのシティで、その夜、 3人の男が絶滅したはずの愛と出会う。 屈強な肉体と醜い傷跡...

Tracked on 2005/10/18(火)22:36:02

存外イケる「罪の街」 A 映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●

ンマー、全然期待してなかったんですけど、メチャメチャ良かった! 『SIN・CITY』 /2005 アメリカ っつーか、日本向け・予告編失敗だろ、...

Tracked on 2005/10/20(木)12:52:12

シン・シティ・・・・・・評価額1700円 A ノラネコの呑んで観るシネマ

カウボーイハットのオタク監督ロバート・ロドリゲスが、フランク・ミラー原作のコミックスを、原作者自身を共同監督に迎えて作り上げた超異色作。 ロドリゲスがテキサス...

Tracked on 2005/10/25(火)02:03:31

シン・シティ A シネクリシェ

 ひとくちにいうと、タランティーノの映像詩とでもいうべきか。  ロドリゲスと原作者フランク・ミラーとの共同監督作品ということになっていますが

Tracked on 2005/11/05(土)14:51:24

シン・シティ A 僕の中の世界

 『シン・シティ』を観た。  全編ほとんどが白黒でところどころにカラーが使われているんだけれど、その赤や黄色がものすごくインパクトがある。  基本的...

Tracked on 2005/11/07(月)14:58:30

シン・シティ A タクシードライバー耕作のDVD映画日誌

製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 124分 監督 フランク・ミラー 、ロバート・ロドリゲス 、クエンティン・タランティーノ 原...

Tracked on 2006/06/24(土)06:32:14

NO.160「シン・シティ」(アメリカ/ロバート・ロドリゲス+フランク・ミラー+タランティーノ監督) A サーカスな日々

ロバート・ロドリゲスは次々と、 僕らを映画的快楽に導いてくれる! ロバート・ロドリゲスは、いい男である。メキシコ系アメリカ人だが、アクション映画が好きで、ゾン...

Tracked on 2006/07/11(火)04:55:25

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO