特集
(2003 / 韓国 / キム・ドンウォン)
私的感情に忠実に作り上げた、力作ドキュメンタリー

佐野 亨

送還日記1 1992年、春。ドキュメンタリー監督のキム・ドンウォンが暮らすボンチョン洞にチョ・ チャンソンとキム・ソンミョンという身寄りのない2人の老人がやって来る。 かつて北朝鮮の政治工作員として韓国に送り込まれた彼らは、逮捕後の暴力的な転向工作にも屈することなく共産主義思想を貫き、 非転向長期囚として30年以上に及ぶ獄中生活を余儀なくされたのだった。
 彼らの人間性に惹かれたドンウォンは、元非転向長期囚、そして心ならずも拷問に屈してしまった元転向長期囚の老人たちへの取材を開始し、 祖国で暮らす家族を想いながら、不遇に耐えてきた彼らの痛切な心情を知る。
 やがて、金大中政権下で徐々に本格化し始めていた送還運動は、 2000年6月15日の南北共同声明をもってついに現実化に向けて動き出した。そして、同年9月2日、 右翼団体が猛烈な反対運動を展開する中、63人の元非転向長期囚が北朝鮮へ送還された……。

送還日記2 韓国のドキュメンタリー製作集団“プルン映像”の代表として数多くの力作を発表してきたキム・ ドンウォン監督が12年の歳月を費やして完成させた本作は、韓国国内で3万人余の観客を動員する大ヒットを記録し、『JSA』 のパク・チャヌク監督や『シュリ』のカン・ジェギュ監督、俳優のアン・ソンギら著名人がこぞって絶賛の声を寄せた。また、 サンダンス映画祭(「表現の自由」賞受賞)、山形国際ドキュメンタリー映画祭など、世界の数多くの映画祭でも高い評価を受けた。
 本作は単なる歴史的真実の記録ではない。 人間味溢れる元長期囚の老人たちと彼らを"おじいさん"と呼び慕うドンウォン監督のこれは絆の物語である。取材を通じた交流の中で、 ドンウォンは、長い歳月のうちに多くのものを失った長期囚たちの悲劇的現実(家族に母親との面会を拒まれていたキム・ ソンミョンが30分にも満たない時間の中でようやく母親と再会するシーンなど感動的だ)を目の当たりにする。そこには“北朝鮮スパイ” という言葉が想起させる禍々しい虚像とは異なる、恐ろしいほどに素朴な人間の姿がある。
送還日記3 全篇を貫く監督による一人称のナレーションなど、作風はどこか『華氏911』のマイケル・ ムーアを思わせる部分もあるが、ムーアの主張が最終的にリベラルな普遍性に寄りかかってしまう(プロパガンダに堕する) 危険性を孕んでいるのに対し、ドンウォンは、例えば北朝鮮を露骨に称える歌を熱唱する老人たちに抵抗感を抱きながらも、 彼らと接する中で悩み、時には彼らに過剰に共感してしまう自己の視点のブレをそのまま提示し、 作品の着地点をリベラルな方向に持っていくことなく、元長期囚たちに対する私的感情にひたすら忠実であろうとしている。
 このあまりにもまっとうな姿勢は、 偏見に満ちた報道や言辞に多角的なものの見方を奪われてきた多くの愚かしき日本人にも深く思慮するきっかけを与えてくれることだろう。

(2006.3.3)

2006/03/08/13:30 | BBS | トラックバック (4)
佐野亨 ,特集
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

『送還日記』 A 映画と文庫とMDと

渋谷シネ・アミューズにて、キム・ドンウォン監督。 「北のスパイ」として20〜30年以上ものあいだ囚われ、歴史に翻弄された老人たち。 家族や兄弟とも会うことが出来...

Tracked on 2006/03/15(水)20:13:53

『送還日記』 A 映画と文庫とMDと

渋谷シネ・アミューズにて、キム・ドンウォン監督。 「北のスパイ」として20〜30年以上ものあいだ囚われ、歴史に翻弄された老人たち。 家族や兄弟とも会うことが出来...

Tracked on 2006/03/15(水)20:13:53

西洋占星術でみるカン・ドン・ウォンさんの運勢 A ズイフー!!ブログ - 西洋占星術

西洋 占星術 でみるブルース・リーの再来 恋のカウンセラー? 仕事が出来る人に多い配置

Tracked on 2006/04/12(水)12:55:58

送還日記:さまざまな思い、さまざまな視点 A 「朱雀門」という方法・第2章

★監督:キム・ドンウォン(2003年 韓国作品) 第七芸術劇場で鑑賞。 ここ最近はマイナーな映画のレ...

Tracked on 2006/04/24(月)00:56:28

送還日記 存在自体が奇跡的!! 運命の恐ろしさとスパイの人間らしさが浮き彫りに A もっきぃの映画館でみよう

タイトル:送還日記 韓国(原題:送還) ジャンル:奇跡のドキュメンタリー/プルン映像2004年作品/148分 映画館:大阪・第七芸術劇場(96席) 鑑賞日時:2...

Tracked on 2006/05/06(土)04:49:41

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO