NEWs

出演大物俳優二人が、初の来日記者会見揃い踏み!!
『ダ・ヴィンチ・コード』記者会見

2006年4月6日(木)、新宿パークハイアット東京に隣接する、新宿パークタワー3F"パークタワーホール"にて、その内容の如く謎のベールに包まれ、これまでまとまった映像の露出がなかった、映画「ダ・ヴィンチ・コード」の、特別ダイジェスト版映像(35分)が、披露された。 世界ではフランスに次いで2番目、アジアでは最速での上映となり、今世紀最大の事件の幕開けを予見させた。

会見は、金属探知機での手持ち検査や、携帯電話の持ち込み禁止に加え、暗視カメラで場内を監視するなど、通常では考えられないほどの、厳戒態勢の中、執り行われた。

この世紀の一大イベントを飾る、数々の催しとして、 小説でもルーブルの象徴として語られている、ガラスのピラミッドが壇上に登場、更にレオナルド・ダ・ヴィンチの代表作、「最後の晩餐」が原寸大で配置され、その他にも壁面が大理石調に装飾されるなど、ルーブル美術館さながらの荘厳な雰囲気が漂っていた。

映画の内容は、ルーブル美術館の館長がダ・ヴィンチの有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉に模して発見されることに端を発する。ハーヴァード大学教授ラングドンは、捜査への協力を求められ現場へと連れ出されるが、殺人の容疑をかけられ、館長の姪である、暗号解読官のソフィーと共に追われる羽目に。しかし、その途中ダ・ヴィンチが残した数々の謎や、歴史的真実が次々と解き明かされていく。

記者会見に臨んだのは、世界中の映画界でその演技力の高さを認められ、今やヨーロッパを代表する実力派、劇中では、主役を追い詰める刑事べズ・ファーシュ役のジャン・レノ。もう一人は、名実共にハリウッド№1の呼び声高く、オスカーの常連でもあり、主役のロバート・ラングドンを演じたトム・ ハンクスが登場した。映画で初競演を飾り、ここ日本で行われた記者会見で再び合間見えた二人。即席のルーブルをバッグに、この大作に賭ける思いを語った。

Q1、世界中でベストセラーの原作の映画化とうことですが、出演の依頼を受けた時、どんな感じを受けましたか?

トム:ロン・ハワードから電話で依頼を受け、 本を読んでからすぐOKと答えた。

ジャン:ゾフィアさんから本をもらっていたので、 随分、前に本は読んでいた。そしてとても面白いと思ったが、まさかその映画に自分が出演するとは思っていなかった。そしてアメリカから電話かかってきて、監督がロン・ハワード、主演がトム・ハンクスということを聞いた。撮影中、私が運がとても良かったと思ったのは、この今横にいるトム・ハンクスという偉大な俳優と3週間毎晩ルーブルに素晴しい絵を見ながら過ごすことができたことです。

Q2、いざ、役を演じるにあたってどのような解釈で取り組まれたのでしょうか?また監督から何かアドバイスなんかはあったのでしょうか?ご自分のアイデアなどもありましたら教えてください。

トム:小説の中にあるあれだけ膨大のインフォメーションをどういうふうにスクリーンに縮小するかが大事だと考えていました。私が演じたラングドンという人間は、自分の専門を全て知っているという人なので、私も全てを知っているフリをした。そして私の人生はいつもそうしている。

ジャン:私はシンプルな形で役作りをしました。 本の全て、例えばオプスデイなどについて全てを知ることはできません。"厳しさ"というものがこの役に与えられたものだと思っている。この役を演じるにあたって考えたのは、どのようにしてこの人物の内面が引き裂かれ、ヒビが入っていうことであり、そこが一番興味深い点であった。

Q3、今回撮影でたくさんの絵をじっくりご覧になったと思うのですが、個人的に持って帰えれるとしたら、どの作品を持って帰りたいですか?

トム:これは映画では、カットされていますが、 「ナポレオン一世の載冠式」を盗みました。(ジョーク)

ジャン:勿論、「モナリザ」 は誰もが知っている名画ですが、私はこの絵の前に立つたびに、違ったエモーション、感情が湧き上がるのを感じた。これがダ・ヴィンチの才能なんだなということを再認識した。私は絵画の愛好家ではありませんが、この映画のお陰で絵画の愛好というものを学びました。

Q4,原作の中で、ラングドンはツイードを着たハリソン・フォードということがかかれていましたが、それをどの程度、意識されましたか?また、ハリソン・フォードと自分はどっちがカッコイイと思いますか?

トム:おそらく7ページ目だったと思うけど・・・ 。最初の原稿からダンは書き換えたんじゃないかな?(ジョーク)。ハリソンは確かにカッコイイ男だけど、私の方がチャーミングだと思うよ。

Q5、お二人は初競演だと思いますが、会う前にお互いどのような印象を持っていて、実際仕事をされてどういう印象をお持ちになりましたか?

トム:とても最初は怖かった。"RONIN"や"LEON"などを見て、プロフェッショナルと感じたが、いつも誰かを殴ったり、誰かを追いかけたりで、 とても怖かった。でも実際あったらジャン・レノはジャン・レノだった。ああいう役を演じるのは仕事だし、 私を撃たないと約束してくれた。殴りもしないし、車でカーチェイスもしないと約束してくれた。

ジャン:とてもいいお金を貰ったから約束したんだ。確かにトムは押しも押されぬ偉大な俳優です。そして彼が出演した映画は歴史的に残る映画が何本もあります。トムを見ていると簡単に演じているように見える。しかしそれが簡単にやっているように見えるのは彼が偉大な俳優であるという印なのです。彼は偉大な才能を持った稀な人であるし、稀な大きなヒューマニティをもった人でもある。出会う前は俳優として尊敬していたが、今は人として非常に尊敬している。

Q6、この作品は封印ということがキーワードになっていると思うのですが、自信の中で封印していることで、教えていただけることはありますか?

トム:俳優という仕事は過去の体験から掘り起こして、役作りをする、これが仕事なんです。秘密を持たず、 過去を掘り起こしみんなに見せることが役者の宿命だと考えます。

ジャン:トムの言ったことはその通りだと思います。わしたちは役を演じるにあたって他人の人生を演じるわけです。それには自分を分析する必要があります。いい役者とは、自分に対して秘密をもっていない人、自分自身をただしく分析できる人がいい俳優なんだと思います。

Q7、撮影中、撮影の合い間は何をしていましたか?

ジャン:トムと、芸術、家族、オリーブオイル、子供、友達の話をしました。でもべったりではなく、お互いの一人の時間も尊重した。

トム:私は連日仕事だった。 1日も休まず仕事をしました。撮影は夜で、大変広い回廊をローラースケートで走り回った。(ジョーク) ルーブルは昼はお客さんで混雑しているが、夜はお客さんがいなくて「モナリザ」 と二人きりになれるというスペシャルな体験を味わった。

Q8、オドレイ・トトゥについて、彼女との競演はいかがでしたか?

トム:素晴しい才能を持った女優だと思う。 英語は上手だったが、暗号解読官という難しい役だったので、コーチがついて指導を受けてこなしていた。うまくゲームに乗って我々とやっていってくれた。

ジャン:彼女とは以前会ったことはあったが、 撮影は初めてで、一番驚いたのは、彼女の持っているエネルギーの大きさです。 体は大きくないがそのエネルギーの大きさはとても印象に残りました。今後、映画界で活躍してほしい。


5月20日(土)より、
日劇1+日劇3ほか全国東宝洋画系にて超拡大ロードショー!

INTRODUCTION

全世界4,900万部、空前の大ベストセラーは始まりにすぎなかった──2006年5月、ついに史上最大の暗号が解き明かされる!

ダ・ヴィンチ・コード1 2003年の刊行以来、44ヵ国語に翻訳され、 全世界で4900万部を超える驚異の大ベストセラーとなったダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」。 今も世紀の天才と讃えられるレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」に、 驚くべき秘密が仕組まれていた。名画に隠された暗号を解き明かせば、歴史を揺るがす恐るべき真実にたどり着く……。事実に基づきながら、独自の解釈と大胆な想像力を加え、超一級のエンタテインメントに仕立てられたこの小説は、 日本でも220万部を突破、現在も売り上げは伸び続けている。この空前の大ヒットを受けて、ダ・ヴィンチにまつわる数々の謎について語られた関連本が続々と刊行、TVでも特集番組が組まれるなど、もはや「ダ・ヴィンチ・コード」は小説を超えた社会現象と化したのだ。

界的な熱狂が加速するにつれて、映画化を望む声が高まった。そして2003年に完全映画化が決定、今度は世界中が、キャスティングの行方を見守った。最も注目された、殺人犯の容疑をかけられながら暗号の謎を追う主人公のロバート・ラングドンには、多種多様な役柄を完璧にこなし、 『フィラデルフィア』と『フォレスト・ガンプ/一期一会』でアカデミー賞を2度受賞したトム・ハンクスに決定した。続いて、ラングドンの暗号解読の旅に同行する、フランス司法警察暗号解読官ソフィー・ヌヴーには、フランスを代表する女優、『アメリ』のオドレイ・トトゥが決まった。さらに2人を追いかけるベズ・ファーシュ警部には、今や名実共にハリウッド・スターの地位を築いた『レオン』のジャン・レノ。ラングドンの友人で彼に協力する学者リー・ティービングには、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作で知られるイギリスの名優イアン・マッケラン。その他、『スパイダーマン2』の個性派俳優アルフレッド・モリーナ、『ドッグヴィル』の若手演技派ポール・ベタニーらが重要な役を演じている。

れだけのファンを持つ原作を映画化するという重責を果たすのは、大ヒット作『アポロ13』、アカデミー賞監督賞を受賞した『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード監督。また、 『ビューティフル・マインド』で同じく見事アカデミー賞を受賞したアキバ・ゴールズマンが、脚本を手がけている。撮影は 『シンデレラマン』のサルヴァトーレ・トチノ、音楽は『ライオン・キング』でアカデミー賞を受賞、『パール・ハーバー』『ラストサムライ』など超大作を手がけているハンス・ジマー。
光名所や歴史的に有名な建築物が多数登場する原作に従い、パリとロンドンを結ぶ大々的なロケが敢行された。中でも重要な舞台の1つであるルーヴル美術館での撮影が実現、スクリーンに本物の美しさを焼き付けた。

2006年5月20日、世界をのみこむ現象が遂にクライマックスを迎える!

Story
ダ・ヴィンチ・コード2ダ・ヴィンチが名画に隠した暗号とは?
歴史の真実を託された2人は、謎の扉を開けることができるのか──

 始まりは、実に奇妙な殺人事件だった。パリのルーヴル美術館で発見された、館長のジャック・ソニエールの他殺体は、 レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で横たわっていた。しかもそれは、瀕死の傷を負った身で、 自ら作り上げたものだった。さらに死体の周りには不可解な暗号が残されていたのだ。
講演会のためパリを訪れていた、ハーヴァード大学の教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が、 深夜にもかかわらず現場に呼ばれる。フランス司法警察のベズ・ファーシュ警部(ジャン・レノ)は、 表向きはラングドンの専門知識を駆使して捜査に協力してほしいと求めてきたが、実は彼は第一容疑者なのだ。ラングドンはその夜、 ソニエールと面会の約束をしていた上に、暗号の中に彼の名前が記されていたのだ。
 ファーシュ警部が巧みな誘導尋問で、ラングドンから証拠となる発言を引き出そうとしていた時、暗号解読官のソフィー・ヌヴー (オドレイ・トトゥ)が現れる。ソニエールの孫娘であるソフィーは、現場の写真を見て、 ひと目で祖父が自分だけにわかる暗号を残したことに気付いた。さらにラングドンが無実であることにも。 ソフィーはファーシュ警部を巧みに欺き、ラングドンを連れてルーヴルから逃走する。ソニエールが暗号で隠し場所を示した、 ある秘密結社の紋章が刻まれた鍵を持って……。
 警察の厳しい追跡をかわしながら、暗号の謎を解き始める2人。しかし、それは新たな謎の始まりに過ぎなかった。 ソニエールが深く関わっていたらしい、秘密結社の目的とは? ダ・ヴィンチが絵画に残した、歴史を揺るがす暗号とは? そして、 ソニエールから2人に託された、重大な真実とは? 今、警察とは別の追っ手が、2人に迫ろうとしていた……。
C R E D I T

監督:ロン・ハワード
原作: ダン・ブラウン
脚本: アキヴァ・ゴールズマン

出演:
トム・ハンクス as ロバート・ラングドン
オドレイ・トトゥ as ソフィー・ヌヴー
イアン・マッケラン as リー・ティービング
アルフレッド・モリナ as アリンガローザ司教
ジャン・レノ as ベズ・ファーシュ

http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/site/

5月20日(土)より、
日劇1+日劇3ほか全国東宝洋画系にて超拡大ロードショー!

2006/04/06/22:45 | BBS | トラックバック (0)
NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO