NEWs

山形国際ドキュメンタリー映画祭2003最優秀賞
サンダンス映画祭最優秀撮影賞
Weeklyぴあ 満足度ランキング(2/18公開作品)第2位
そして

公開終了後も広がる静かな感動の声に応えて――

映画『スティーヴィー』再上映決定!!

スティーヴィー

映画『スティーヴィー』は、『フープ・ドリームス』の監督スティーヴ・ジェイムスがひとりの青年とその家族の姿をどこまでも真摯に、どこまでも誠実に捉えたドキュメンタリー作品だ。近年、『ミリオンダラー・ベイビー』(04)、『モンスター』(03)、『8Mile』(02)を始めとする、教養も十分な職も持たずにアメリカ社会の底辺を生きる“ホワイトトラッシュ”を描いた映画が多く公開されているが、本作はその存在をリアルに捉えたドキュメンタリー版と言える。本作が見つめる青年とその家族の風景からは、アメリカ現代社会のもうひとつの顔が立ち上がってくる。

映画を見終えた人の中には「周りの人に宣伝したい」とチラシを何枚も持ち帰る人や、自身のブログで映画の感想や自分の家族への想いを語る人が相次ぐなど、公開終了後も感動の声が静かな広がりを見せていたのを受けて、今回この『スティーヴィー』の再上映が決定した。

4月23日(日)より
UPLINK Xにてモーニングショー

(毎週日・月・火曜の11:00より1回上映)
*期間中トークショーあり
詳細は公式HP劇場HPを参照。
他全国順次ロードショー!
大阪・第七藝術劇場にて公開中

ポレポレ東中野での来場者アンケートより)
◆迷いながらもスティーヴィーと関わり続けようとする、監督の姿に心を打たれました。
ドキュメンタリー映画の域を超えた傑作だと思います。(20代女性・アルバイト)

◆スティーヴィーは彼女と出会えたことが希望のひとつで、光であったのではないでしょうか。(20代女性・大学生)

◆同じ取材者として、監督がどうスティーヴィーと関わっていくのか色々考えさせられました。(30代女性・番組制作)

◆被害・加害が同居するのは、どの人間でも同じように思います。(30代男性・施設職員)

◆「あなた方がこの映画を作ったのは良いこと」という恋人の言葉を支持します。彼女の言葉は、作り手であり当事者でもある監督を勇気づけたことでしょう。(30代男性・教員)

前回のイベント情報はこちら

INTRODUCTION

ひとりの青年が、ある少年の「ビッグ・ブラザー」になった。
10年後、青年は映画監督に、少年は非行を繰り返し社会から疎外された存在になっていた。

南イリノイ州立大学に在学中、スティーヴ・ジェイムスは、11歳の少年スティーヴィー・フィールディングの更正を助ける「ビッグ・ブラザー(兄役の制度)」になった。少年は私生児で、母親は、彼を虐待し育児を放棄して、義理の祖母へ引き渡してしまっていた。数年後、ジェイムスは映画のキャリアを築くためにシカゴへ移った。この先も出来る限り、少年に手を貸さなければ、と思うものの、いつしか疎遠になった。10年後、映画監督になったジェイムスはイリノイ州へ戻り、スティーヴィーとの再会を果たすが、24歳になったスティーヴィーは軽犯罪を繰り返し、荒れた人生を送っていた。

問題を抱きながらも愛と絆をあきらめなかった家族の肖像。

そして、それに深く関わった映画監督の矛盾した思いを浮き彫りにしたドキュメンタリーへ。


ジェイムス監督は、スティーヴィーと音信不通の10年間に彼の身に何が起きたのか、その軌跡を辿る映画を製作することにした。しかし、スティーヴィーが重大な犯罪の容疑に問われたことで映画製作は思いもかけない局面を迎える。スティーヴィーの状況は、彼の「ビッグ・ブラザー」であったジェイムス自身に、彼と彼の家族たちに深く関わることを選ばせた。その時、この映画作りは続けるべきか、やめるべきか。スティーヴィーにとって、ジェイムスの映画製作は正しいのか、正しくないのか。映画における自身の役回りは正しいのか、正しくないのか。ジェイムスは大きな問題に直面する。

しかし、結局、ジェイムスはカメラを手放さなかった。悩み続けた。映画は逡巡を繰り返しつつも続けられた。そして、問題を抱えた青年の軌跡を描く小品ドキュメンタリーになるはずだった映画は、スティーヴィーの魂のありかと彼の犯罪、そしてそれらが彼の家族や婚約者、そして監督であるジェイムス自身に与えた深い影響を映し撮った4年半にもわたる魂の記録となった。

傑作ドキュメンタリー『フープ・ドリームス』の監督スティーヴ・ジェイムスとその製作チームが贈る魂のメモリアル。

映画『スティーヴィー』は、見た人を動揺させずにはおかない。果たして自分がジェイムスであったら。スティーヴィーの家族であったら。彼の婚約者であったら。そしてスティーヴィー自身であったら。犯罪の加害者といかに向き合うか、人間はいかに罪を負い、その罪はいかに償われるか。
簡単な解決はここにはない。しかし、深い傷を抱えながらも家族であることを受け入れるスティーヴィーの家族、失われない愛情を正直に認める婚約者、そしてスティーヴィーと共に生きることを選ぶジェイムスの姿は、人生というものの力強さを私たちに伝えてはいないだろうか。

監督は『フープ・ドリームス』で数々の映画賞を獲得したスティーヴ・ジェイムス。製作は、アメリカのドキュメンタリー映画製作の先駆者的な存在カルテムキン・フィルムズで、『フープ・ドリームス』の製作チームがあたっている。サンダンス映画祭で賞に輝いた撮影は、製作総指揮のゴードン・クィンをはじめとする3名のカメラマンがあたっている。また印象的な音楽は、カントリー&マウンテン・ミュージック界で著名なフィドル&バンジョー奏者ダーク・パウエル。大御所ウィリー・ネルソンが歌う"The Maker"がエンディングで深い余韻を残している。
本作は、日本では山形国際ドキュメンタリー映画祭2003で上映され、大賞の『鉄西区』に次ぐ、最優秀賞を受賞。2年の歳月の後、ようやく劇場公開にいたる。

C R E D I T

"STEVIE"
a film by Steve James

出演
スティーヴィー・フィールディング
ヴァーナ・ハグラー(義理の祖母)
バニース・ハグラー(母親)
ブレンダ&ダグ・ヒッカム(義理の妹夫婦)
トーニャ・グレゴリー(婚約者)

スタッフ
監督: スティーヴ・ジェイムス
プロデューサー:スティーヴ・ジェイムス/アダム・シンガー/ゴードン・クィン
製作総指揮:ロバート・メイ/ゴードン・クィン
撮影:デナ・カッパー/ゴードン・クィン/ピーター・ギルバート
編集:スティーヴ・ジェイムス/ウィリアム・ヒュース
音楽:ダーク・パウエル
共同プロデューサー:ピーター・ギルバート
アソシエイトプロデューサー:キャスリーン・タッカー
音楽監修:リンダ・コーエン
プロダクションマネージャー:カレン・ラースン

アメリカ映画/2002年/英語/35ミリ/1:1.85/カラー/145分

http://www.moviola.jp/stevie/

4月23日(日)よりUPLINK Xにてモーニングショー
(毎週日・月・火曜の11:00より1回上映) 他全国順次ロードショー!
大阪・第七藝術劇場にて公開中

2006/04/20/17:24 | BBS | トラックバック (0)
NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO