今週の一本
(2006 / オランダ・独・英・ベルギー / ポール・バーホーベン)
悲劇に抗う人間の強かさと逞しさと

仙道 勇人

(ネタバレの可能性あり! )
ブラックブック1 ハリウッドで、エログロ・ バイオレンスというキワモノ系を嬉々として撮り続けてきた愛すべき非良識人ポール・バーホーベンが、 23年ぶりに故郷のオランダに帰って完成させた本作は、ナチス・ドイツ占領下のオランダを舞台に、 家族をナチスに殺されたユダヤ人女性の復讐を描いた歴史スリラーである。

 少年期に第二次大戦を体験しているバーホーベンが故国の苦い歴史そのものを題材にした作品ということで、 齢69にしてバーホーベンも良識に目覚めたか、遂に真面目な歴史ドラマを撮って巨匠の仲間入りを目指したのかと思う向きもあるかもしれない。
 確かに本作は「ナチス」という残虐非道な組織の代名詞みたいな―― それだけにバーホーベン的には実に"おいしそう"な素材を扱った作品ではあるのだが、 こと描写に関してはそれほどバーホーベン度は高くはない。寧ろ、ナチス占領下のオランダの情景やナチス及びレジスタンスの実態、 水面下での暗闘などを丁寧に描いたオーソドックスな歴史劇になっており、全体として重厚な印象をすら与えられる。
ブラックブック2 そのような作品の中でバーホーベンお得意のエログロは、 どちらかと言えばかなり控え目に挿入されているのだが、 いつものバーホーベン作品にありがちな過剰な逸脱がかなり抑えられていたことで、 作品そのものを引き締めるスパイスのような役割を果たしている。故に、本作を観終わってみれば、従来のファンは 「バーホーベンはやっぱりバーホーベンなのだった」と満足させられるだろうし、 ファンでない人でも少々グロイ映像が含まれた歴史劇として十分堪能できる、バランスのとれた作品になっている。

 本作の物語は、戦後10数年を経た1956年10月、 漸く建国されたイスラエルのキブツ(ユダヤ式共同体)で平穏に暮らしているラヘル(カリス・ファン・ハウテン)が、 聖地観光のツアー客の中に懐かしい顔を見つけるところから始まる。 それは嘗てラヘルがオランダでレジスタンス活動をしていた時に関わりをもった人物で、 この思いがけない再会を契機にラヘルが当時のことを回想する形で進んでいく。

ブラックブック3 強制収容所やゲットーなど、第二次大戦下のユダヤ人の過酷な境遇を描いた作品には枚挙に暇がないが、 いずれもユダヤ人は被害者・被虐者であることが前提であった。本作の主人公ラヘルも、大戦末期に隠れ家から焼き出され、 家族と共にオランダ南部へ脱出を試みる途中、何者かの裏切りによって家族を皆殺しにされ天涯孤独の境遇に追いやられる。
 その意味では本作も従来通りの前提を踏襲しているわけだが、本作が異色なのは被害者であるユダヤ人を「復讐」 という形で主体的に立ち回らせている点だろう。この復讐譚を縦糸に、レジスタンス側の女スパイとしてナチスに潜入したラヘルが、 敵であるはずの将校を愛するようになってしまうというラブアフェアーを横糸にすることで、本作はスリル・サスペンス・ ミステリーという娯楽的三重奏を実に自然な形で取り込むことに成功している。
 尤も、「裏切り者は誰なのか」という本作最大のミステリーに関しては、作品タイトルの「ブラックブック」 との関連が物語の軸になっていないせいで、かなり大味な謎解きになってしまっているのも否定できないが。

ブラックブック4 ただ、本作の醍醐味は謎解きそのものにあるのではなく、 様々な状況に適応していく猥雑な人間模様が描き出されていることにある。特に、「ナチス(ドイツ人)=悪」 「レジスタンス(オランダ人)=善」という単純化された構図で扱われることが多い中で、 そのどちらでもないユダヤ人という視点を持つ本作は、 ナチス側だけでなくレジスタンス側にあったグロテスクな一面を浮かび上がらせている点が秀逸だ。
 中でも、ナチスの崩壊によって解放されたオランダ市民が、群集心理の赴くままに嗜虐性と悪趣味な残虐性をさらけ出す一連のシークエンスは、 ナチスさながらかそれ以上の醜悪さを見せつけて圧巻ですらある。

 如何なる非道も暴虐も、己の胸三寸でどのようにでも処理してしまう人間の身勝手なエゴ――本作には人間の狡さや弱さ、 汚さが様々な形で焼き付けられているが、バーホーベンにはそれを高みから批判したり告発したりする意図はさらさらないだろう。
 寧ろ、あの時代に限らず今も世界中で悲劇が日々再生産され続けている現実を見据えながら、 そんな世界の只中にあってもどうにかして生き延びようとする人間の姿を赤裸々に描き出そうとしているように思える。
 そう、いつだって人間は信じられないほど強かで、驚くほど逞しい生き物なのだ。

(2007.4.2)

ブラックブック 2007年 オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー
監督:ポール・バーホーベン
脚本:ジェラルド・ソエトマン,ポール・バーホーベン
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
出演:カリス・ファン・ハウテン,トム・ホフマン,セバスチャン・コッホ,
   デレク・デ・リント,ハリナ・ライン,ワルデマー・コブス,
   ミヒル・ホイスマン,ドルフ・デ・ヴリーズ,ピーター・ブロック,
   ディアーナ・ドーベルマン,クリスチャン・ベルケル 他
公式サイト

2007/04/02/19:48 | BBS | トラックバック (0)
仙道勇人 ,今週の一本
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO