特集上映案内
ラピュタ阿佐ヶ谷
ラピュタ阿佐ヶ谷情報トップページ
昭和の銀幕に輝くヒロイン第36弾 桂木洋子

伝説の美女、魅惑の独演

昭和の銀幕に輝くヒロイン
第37弾

桂木 洋子

料金
一般/1,200円 シニア・学生/1,000円 会員/800円
水曜日サービスデー/1,000円均一
http://www.laputa-jp.com/
●チケットは当日午前10:15より販売
●定員48名

2007年
10月14日(日)~12月8日(土)
モーニングショー
朝10時30分より1回のみ上映


スケジュール
10月14日(日)~10月20日(土) 『破戒』 10:30~(1回のみ上映)
10月21日(日)~10月27日(土) 『破れ太鼓』 10:30~(1回のみ上映)
10月28日(日)~11月 3日(土) 『娘はかく抗議する』 10:30~(1回のみ上映)
11月 4日(日)~11月10日(土) 『やつさもつさ』 10:30~(1回のみ上映)
11月11日(日)~11月17日(土) 『日本の悲劇』 10:30~(1回のみ上映)
11月18日(日)~11月24日(土) 『青春ロマンスシート 青草に坐す』 10:30~(1回のみ上映)
11月25日(日)~12月 1日(土) 『やがて青空』 10:30~(1回のみ上映)
12月 2日(日)~12月 8日(土) 『密会』 10:30~(1回のみ上映)
上映タイトル一覧
10月14日(日)~20日(土)

破戒( 1948年/松竹京都/白黒/99分 ※16mm )

【監督】木下恵介 【脚本】久枝栄二郎 【原作】島崎藤村 【撮影】楠田浩之 【美術】本木勇 【美術】木下忠司
【出演】池部良、宇野重吉、滝沢修、山内明、菅井一郎、藤原釜足

部落の出であることを隠して教壇に立つ青年・瀬川丑松と、可憐な娘・お志保との愛の物語を、千曲川を背景にした自然のなかに描きだす。文豪・島崎藤村の名作を映画化。桂木洋子がヒロインのお志保に扮する。

10月21日(日)~27日(土)

破れ太鼓( 1949年/松竹京都/白黒/109分 )

【監督】【脚本】木下恵介 【脚本】小林正樹 【撮影】楠田浩之 【美術】小島基司 【美術】木下忠司
【出演】阪東妻三郎、村瀬幸子、森雅之、小林トシ子、大泉滉、木下忠司

成金土建屋の津田軍平は、無教養で傲慢な、家庭の独裁者。そんな所以、家族とも理解しあえない…。バンツマ扮する頑固親父とその家族が繰りひろげるユーモア喜劇。桂木洋子が演劇狂いの次女に扮してコミカルに動きまわる。

10月28日(日)~11月3日(土)

娘はかく抗議する( 1952年/松竹京都/白黒/87分 )

【監督】川島雄三 【脚本】沢村勉 【原作】小糸のぶ 【撮影】竹野治夫 【美術】川村芳久 【美術】木下忠司
【出演】井川邦子、紙京子、大木実、高橋貞二、市川春代、高杉早苗

女子高生・圭子は、親友の美紀子に誘われグループハイキングへ。ところが、思いがけない嵐によって山寺に一泊、あらぬ噂をたてられるハメに…。地方都市の新制高校を舞台に若者達の青春群像を描いた、いわゆる性典もの。

11月4日(日)~10日(土)

やつさもつさ( 1953年/松竹大船/白黒/106分 )

【監督】渋谷実 【脚本】斎藤良輔 【原作】獅子文六 【撮影】長岡博之 【美術】浜田辰雄 【美術】黛敏郎
【出演】淡島千景、小沢栄、佐田啓二、倉田マユミ、三津田健

終戦直後の横浜、駐留軍基地にある混血孤児収容所を舞台にしたコメディで、獅子文六の毎日新聞連載小説を映画化したもの。支那服にタスキをかけて二ッコリほほえむ桂木洋子のシウマイ娘が実に可愛らしい。

11月11日(日)~17日(土)

日本の悲劇( 1953年/松竹大船/白黒/116分 )

【監督】【脚本】木下恵介 【撮影】楠田浩之 【美術】中村公彦 【美術】木下忠司
【出演】望月優子、田浦正巳、佐田啓二、高橋貞二、上原謙、高杉早苗、淡路恵子、柳永二郎

戦争未亡人の春子は、歌子と清一という二児を抱え、ただ愛児の成長のみを楽しみに悪戦苦闘して生きてきた。だが、子供達はそんな母を冷たく突き放す…。敗戦後の混乱期を懸命に生きた女の報われぬ運命を描いた壮絶な一篇。

11月18日(日)~24日(土)

青春ロマンスシート 青草に坐す( 1954年/松竹大船/白黒/102分 ※16mm
【監督】野村芳太郎 【脚本】沢村勉 【原作】白川渥 【撮影】厚田雄春 【美術】梅田千代夫 【美術】黛敏郎
【出演】美空ひばり、笠智衆、三宅邦子、田浦正巳、大木実、北原三枝

父と母、快活な女学生・翠とチャッカリ坊主の中学生・誠の四人に、叔母の節子も居候する新庄家。ある日、翠は父の秘密を知ってしまい…。ひばり扮する女学生の青春と、周囲の大人達の恋愛模様を描いた明朗篇。気のいい叔母に桂木洋子。

11月25日(日)~12月1日(土)

やがて青空( 1955年/東京映画/白黒/89分 )

【監督】小田基義 【脚本】笠原良三 【原作】北条誠 【撮影】三村明 【美術】島康平 【美術】服部良一
【出演】小林桂樹、太刀川洋一、浪花千栄子、斎藤達雄、沢村貞子、松島トモ子

グラフ雑誌の記者・いづみが、柔道日本一の選手だと思って取材した相手は、商売敵のスポーツ雑誌記者・岩谷だった…。意地を張りあいながらも、次第に恋に落ちていく二人。桂木洋子がはねっかえりの婦人記者を好演している。

12月2日(日)~8日(土)

密会( 1959年/日活/白黒/72分 )

【監督】【脚本】中平康 【原作】吉村昭 【撮影】山崎善弘 【美術】松山崇 【美術】黛敏郎
【出演】伊藤孝雄、宮口精二、細川ちか子、峰品子、千代侑子

大学教授の妻でありながら、夫の教え子との不倫の恋に耽る紀久子。しかし、密会中に強盗殺人を目撃したことから、二人の歯車は狂い始め…。保身の沈黙か?破滅の告白か?鬼才・中平康による傑作サスペンス。桂木洋子のよろめきぶりもみごと。

料金

一般/1,200円 シニア・学生/1,000円 会員/800円 水曜日サービスデー/1,000円均一
http://www.laputa-jp.com/
●チケットは当日午前10:15より販売 ●定員48名

2007年10月14日(日)~12月8日(土)
モーニングショー 朝10時30分より1回のみ上映

2007/10/11/21:01 | BBS | トラックバック (0)
ラピュタ阿佐ヶ谷
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

    Tags
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO