特集上映案内
シネマアートン下北沢
シネマアートン下北沢情報トップページ

はじまりの時
-12監督厳選 劇場デビュー作特集-

銀嶺の果て
泥の河

影所時代から現在にいたるまで、
劇場デビュー作はその監督の点とも言え、
その後の素晴らしい作品群につながる
多くのきが散りばめられています。
みずみずしく鮮味あふれる作品から、
デビュー作とは思えない厚感ある作品まで、
今も映画ファンに強い人気をもつ
12監督のデビュー作を厳選して上映します。
それぞれの監督の“はじまりの時”を、
ぜひこの機会にお楽しみください。

料金
当日券:一般・学生 1,200円/シニア 1,000円
2回券:2,000円/3回券 3,000円/会員:900円
各回入替制

2007年11月3日(土)~11月30日(金)
まで上映


スケジュール

第一週
11月3日~9日 14:30~「銀嶺の果て」 16:30~「盗まれた欲情」 18:30~「競輪上人行状記」

第二週
11月10日~16日 14:30~「ろくでなし」 16:30~ 「喜劇 女は度胸」 18:20~ 「白い指の戯れ」

第三週
11月17日~23日 14:00~「HOUSE ハウス」 16:00~ 「泥の河」18:00~ 「天城越え」

第四週
11月24日~30日 14:30~ 「ロビンソンの庭」 16:20~ 「バタアシ金魚」 18:10~ 「非・バランス」

上映タイトル一覧

第1週

11月3日(土)~9日(金)14:00

銀嶺の果て「銀嶺の果て」谷口千吉 ( 1947年/東宝/89分 )

●製作:田中友幸/監督・脚本:谷口千吉/脚本:黒澤明/撮影:瀬川順一/音楽:伊福部昭 ●出演:志村喬/小杉義男/三船敏郎/河野秋武/若山セツ子/高堂国典 

北アルプスに逃げ込んだ3人組の強盗犯が山小屋に住む老人と娘に出会う。スリルとアクション満載で、壮絶な雪山シーンも圧巻の娯楽作。すでにスターの貫禄十分の“世界のミフネ”、衝撃のデビュー作。

11月3日(土)~9日(金)15:50~

「盗まれた欲情」今村昌平
盗まれた欲情 ( 1958年/日活/92分 )

●製作:大塚和/監督:今村昌平/原作:今東光「テント劇場」/脚本:鈴木敏郎/撮影:高村倉太郎/音楽:黛敏郎 ●出演:長門裕之/南田洋子/喜多道枝/西村晃/小沢昭一/柳沢真一

大阪は河内地方のドサまわり一座。クセのある一座の面々や村人が悲喜こもごもの人間模様を繰り広げる。監督独特の土着バイタリティはここから始まった!映画ファン必見の恐るべき処女作。

11月3日(土)~9日(金)17:40~

競輪上人行状記「競輪上人行状記」西村昭五郎
( 1963年/日活/99分 )

●監督:西村昭五郎/原作:寺内大吉/脚本:大西信行・今村昌平/撮影:永塚一栄/音楽:黛敏郎 ●出演:小沢昭一/南田洋子/加藤嘉/高橋昌也/加藤武/渡辺美佐子

亡き父の後を継ぎオンボロ寺を任された男が、寺の再建資金を調達しようと競馬に手をだした!様々な悲劇を背負う男のおかしさをあなたは笑う?小沢昭一の怪演も見事な会心のデビュー作。

第2週

11月10日(土)~16日(金)14:00~

「ろくでなし」吉田喜重 ( 1960年/松竹/88分 )

●製作:今泉周男/監督・脚本:吉田喜重/撮影:成島東一郎/音楽:木下忠司/美術: 芳野尹孝 ●出演:高千穂ひづる/津川雅彦/川津祐介/山下洵一郎/渡辺文雄/安井昌二 

「徹底して私自身の言葉で、初めての作品を作りたかった」とは監督の言。使い古しの言葉を拒否し、新しい時代の若者像を鮮烈に描いた衝撃作。松竹ヌーベルバーグの到来を告げた記念碑的作品。

11月10日(土)~16日(金)15:50~

「喜劇 女は度胸」森崎東 ( 1969年/松竹/90分 )

●製作:上村力/監督・脚本:森崎東/原案:山田洋次/脚本:大西信行/撮影:高羽哲夫/音楽:山本直純 ●出演:渥美清/沖山秀子/倍賞美津子/河原崎健三/花沢徳衛/清川虹子 

脚本家としてすでに多くの傑作を残していた森崎東による期待の初監督作品。個性的な父母兄弟の一家が巻き起こすドタバタ喜劇。監督作常連の清川虹子、ヒロイン役の沖山&倍賞ら女性陣の演技が最高!

11月10日(土)~16日(金)17:40~

白い指の戯れ「白い指の戯れ」村川透 ( 1972年/日活/78分 )

●監督・脚本:村川透/脚本:神代辰巳/撮影:姫田真佐久/美術:松井敏行/音楽:小沢典仁 ●出演:荒木一郎/伊佐山ひろ子/谷本一/粟津號/石堂洋子 

和製ハードボイルド映画の名匠・村川透による伝説の傑作ロマンポルノ。アメリカン・ニューシネマの影響を感じさせる不安な若者の視点と哀切を見事に描き、青春映画としても高い評価を受けた。

第3週

11月17日(土)~23日(金)14:00~

「HOUSE ハウス」大林宣彦 HOUSE ハウス( 1977年/東宝映像/88分 )

●製作:山田順彦/製作・監督:大林宣彦/原案:大林千茱萸/脚本:桂千穂/撮影:阪本善尚/監督助手:小栗康平 ●出演:池上季実子/大場久美子/松原愛/神保美喜/鰐淵晴子/南田洋子 

かわいらしいあだ名をもつ7人の少女達が、夏休みに訪れた屋敷で不思議な体験をする…。当時、CM界の鬼才で “映像の魔術師”と呼ばれた監督による、映画愛と遊び心満載の異色エンターテインメント!

11月17日(土)~23日(金)15:50~

泥の河「泥の河」小栗康平
( 1981年/木村プロダクション/105分 )

●製作:木村元保/監督:小栗康平/原作:宮本輝/脚本:重森孝子/撮影:安藤庄平/音楽:毛利蔵人 ●出演:田村高廣/藤田弓子/加賀まりこ/朝原靖貴/桜井稔/柴田真生子/芦屋雁之助 

宮本輝の処女作を原作に、少年少女たちのひと夏の出会いと別れ、人生の哀歓が切々とモノクロームに映し出される。公開時、数々の映画賞を総なめにし、今も映画史に残る傑作と語り継がれる渾身の一本。

11月17日(土)~23日(金)17:50~

「天城越え」三村晴彦 ( 1983年/松竹/99分 )

●製作:野村芳太郎・宮島秀司/監督・脚本:三村晴彦/原作:松本清張/脚本:加藤泰/撮影:羽方義昌 ●出演:田中裕子/渡瀬恒彦/平幹二朗/伊藤洋一/加藤剛/吉行和子

家出した14歳の少年は天城峠で娼婦と出会う。30年後、事件を追い訪れた刑事に元少年が語る真相とは…。監督が師と仰ぐ加藤泰との共同脚色で、情感あふれる演出が各方面から絶賛をあびた力作。

第4週

11月24日(土)~30日(金)14:00~

ロビンソンの庭「ロビンソンの庭」山本政志
( 1987年/レイライン/119分 )

●監督・脚本:山本政志/脚本:山崎幹夫/撮影:トム・ディッチロ 苧野昇/音楽:じゃがたら 吉川洋一郎 ハムザ・エル・ディン ●出演:太田久美子/町田町蔵/上野裕子/田口トモロヲ/CHEEBO 

外人ハウスに住むクミはある日、緑の生い茂る不思議な廃墟に迷い込み、いつしか住み始める…。16ミリ自主映画「闇のカーニバル」が国外で高い評価を得た監督による35ミリデビュー作。

11月24日(土)~30日(金)16:20~

バタアシ金魚「バタアシ金魚」松岡錠司
( 1990年/日本ビクター/95分 )

●製作:長谷川誠/監督・脚本:松岡錠司/原作:望月峯太郎/撮影:笠松則通/音楽:茂野雅道 ●出演:筒井道隆/高岡早紀/土屋久美子/東幹久/大寶智子/浅野忠信

PFF出身の監督による劇場デビュー作にして思春期映画の大傑作。自意識過剰高校生カオルと、彼の一方的な愛に疲労困憊気味のソノコ。ふたりの心の揺れ動きが瑞々しく繊細に描かれる。

11月24日(土)~30日(金)18:10~

非・バランス「非・バランス」冨樫森
( 2000年/メディアボックス=日本ビクター=サンダンス・カンパニー/95分 )

●製作:長谷川憲 小松茂明 藤峰貞利/監督:冨樫森/原作:魚住直子/脚本:風間志織/撮影:柴崎幸三 ●出演:派谷恵美/小日向文世/はたのゆう/中村桃花/柏原収史/原田美枝子 

友達を作らずクールに生きる中学生のチアキ。はるかに年上で不思議なヒト“菊ちゃん”との出会いにより少しずつ人生が動きだす。数々の名監督たちを助監督として支え続けた冨樫森による長編第一作。

料金

当日券:一般・学生 1,200円/シニア 1,000円 2回券:2,000円/3回券 3,000円/会員:900円
各回入替制

2007年11月3日(土)~11月30日(金)まで上映

2007/11/03/23:18 | BBS | トラックバック (0)
シネマアートン下北沢
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

    Tags
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO