インタビュー
キム・ジウン監督

キム・ジウン(映画監督)

映画『グッド・バッド・ウィアード』について

公式 youtubeリンク

8月29日(土)より、新宿バルト9、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

「グッド・バッド・ウィアード」は今年屈指の傑作である。観客としても楽しめるが、かなり困難なことを実現していて、作り手側の人間なら、より刺激される作品になっている。
スクリーンで体感すべき作品なので是非劇場のスクリーンで体験してほしい。そして、気に入ったら何度でもスクリーンで観てほしい&観る価値のある作品である。
キム・ジウン監督にインタビューを行ったが、映画ファンの監督ならではの会話の弾む楽しいインタビューになった。 (取材:わたなべりんたろう
キム・ジウン(映画監督)
1964年、ソウル生まれ。俳優のキム・ジスクを姉に、ボクシングの元世界チャンピョンでミュージカル俳優のキム・ジウォンを兄に持つ。1983年にソウル芸術専門大学演劇科に入学した一年後に軍隊に入隊。除隊後は大学をやめ、フリーター生活を送る時期に貯めた金で五ヶ月間のヨーロッパ無銭旅行を敢行し、パリにニヶ月程滞在して100本以上の映画を鑑賞したのが映画監督になる原体験になっている。
演劇の演出(つかこうへいの「熱海殺人事件」、「蒲田行進曲」の韓国版を含む)及び俳優と助監督、CMアートディレクターを経て「クワイエット・ファミリー」で監督デビュー。「クワイエット・ファミリー」は、シナリオが映画専門誌のシナリオ公募に当選した脚本「コミック残酷劇」の映画化であった。その後、「反則王」、「箪笥」、「甘い人生」などを発表する。
キム・ジウン監督2
――キム・ジウン監督の近年の作品は「箪笥」がホラー、「甘い人生」がノワールアクション、「グッド・バッド・ウィアード」がウェスタン(マカロニ・ウェスタン)とジャンル映画が多いですが、シンプルな構成の中に、シーンごとにさまざまなアイデアを入れています。

キム・ジウン わたしが思うに、映画のカメラが監督の目であり、画面構成が映画の伝達形式だと思うのです。総合芸術として、状況音や音楽も含めて空間をどう構成するかが映画です。そして基本的にカメラで観客に話しかけます。映画の豊かさを伝えるためにいつも力を注いでいますから、質問の通りです。

――こちらは助監督や美術スタッフを経験し、今は脚本を書いたりとスタッフもやっているので思うのですが、今作はかなり過酷な撮影だったと思います。監督には、あらかじめかなりシーンを決め込んで撮影に望むタイプと、現場の状況に合わせて柔軟に帰るタイプがいますが、どちらでしょうか?
『グッド・バッド・ウィアード』1

キム・ジウン わたしは、その二つを合わせたタイプですね。ある程度は決めて撮影にのぞみますが、現場の状況、俳優のコンディションなどを考慮していろいろ考えます。現場の状況とは天候などですが、急に思いついて取り入れることもあります。例えば、ソン・ガンホが演じる『ウィアード(変なヤツ)』が銃撃戦の最中に潜水服のマスクをかぶるシーンがあります。

――とてもユーモアのあるシーンですね(笑)。

キム・ジウン そうです(笑)。あのシーンの撮影現場に、美術チームが潜水服を置いていたのです。それで急にアイデアがひらめいて、使うことにしたのです。シナリオにもまったく書いていないことでした。そういうひらめきを映画に取り入れるのは、映画を作るうえでの大きな楽しみの一つですね。

――今作には「マッドマックス2」を意識したシーンが少なくとも二つありますね(「マッドマックス2」のブルーレイを取り出す)。チョン・ウソン演じる『グッド(良いヤツ)』が砂漠をバイクで走る『ウィアード(変なヤツ)』を撃つシーンと、終盤のクライマックスの多くの車両が砂漠を並走するシーンです。

キム・ジウン (「マッドマックス2」のブルーレイを手に取りながら)まさしくそうです。「マッドマックス2」は偉大な作品ですから。実際、「マッドマックス2」が撮影したオーストラリアの砂漠で撮影しようと思ったぐらいです(笑)。ただ、キム・ジウン監督3「マッドマックス2」だけでなく、「ベン・ハー」、「アラビアのロレンス」など多くの作品を取り入れています。スタッフとキャストには、これらの作品を見てもらいました、ただし、これらの作品よりも『もっと壮大に!もっと早く!』と言いました。現場ではキャストに『もっと早く!』と言って何度も走らせていたので『映画の監督ではなくてオリンピックの監督みたいだ』と言われていました(笑)。

――「マッドマックス2」及び「マッドマックス1」は黒澤明監督の作品の影響がうかがえる作品ですが、ソン・ガンホが演じる『ウィアード(変なヤツ)』は「七人の侍」の菊千代を彷彿させました。

キム・ジウン 黒澤明は好きなので無意識に取り入れたかもしれないですが、『ウィアード(変なヤツ)』に菊千代は意識していませんでした。あのキャラクターは危機的状況の中での適応能力が極めて高い。そのために生き残ってきた。とても民衆的なキャラクターです。セルジオ・レオーネの「続・夕陽のガンマン」(THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY)ではイーストウッドが演じる『グッド(良いヤツ)』が中心的ですが、今作では『ウィアード(変なヤツ)』です。それは隣人のようなキャラクターで共感しやすいのもあります。

――もう時間もないので、今作で想起した作品のDVDを持ってきました。あえてマカロニ・ウェスタンやペキンパー作品は持ってきませんでした(「ヒート」、「キスキス、バンバン」、「ホットファズ」、「荒野のストレンジャー」、「トゥモロー・ワールド」などのDVDを机に出す)。

『グッド・バッド・ウィアード』1キム・ジウン 「ヒート」の銃撃戦は伝説的で、この作品以降アクション映画は変わったと言っていいと思います。「トゥモロー・ワールド」は素晴らしい作品ですが、今作の後に見たので影響は受けていません(笑)。「ホットファズ」は特異な作品ですね。ユーモアが際立っている。普通、ユーモアのある作品は画面構成やシーンのつなぎがユルい。ですが、「ホットファズ」は画面構成やシーンのつなぎがキッチリしている。それで、あれだけユーモアを かもしだしているのは特異です。

――「ホットファズ」の監督とは友達なのでメールで伝えておきます(笑)。今作のような、これだけの作品を撮りあげたのでハリウッドから話しは来たりはしないのでしょうか? 「箪笥」もハリウッドでリメイクされていますし。

キム・ジウン 話しは来ています。検討中です。もっと早くハリウッドに行ってもよかったかもしれないですが、今作を韓国映画として作り上げたことは誇りに思っています。

取材:わたなべりんたろう 撮影:内堀義之

グッド・バッド・ウィアード 2008年 韓国
監督:キム・ジウン 脚本:キム・ジウン,キム・ミンソク 撮影:イ・モゲ 照明:オ・スンチョル
音楽:タル・パラン、チャン・ヨンギュ 武術:チ・ジュンヒョン、ホ・ミョンヘン
出演:チョン・ウソン,イ・ビョンホン,ソン・ガンホ,ユン・ジェムン,リュ・スンス,ソン・ヨンチャン,ソン・ビョンホ,オ・ダルス
提供:博報堂DYメディアパートナーズ、CJ ENTERTAINMENT 配給:CJ ENTERTAINMENT、ショウゲート
(c)2008 CJ ENTERTAINMENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
公式 youtubeリンク

8月29日(土)より、新宿バルト9、
TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

甘い人生 完全版 DVD-BOX (初回限定生産) 甘い人生 完全版 DVD-BOX (初回限定生産)
  • 監督:キム・ジウン
  • 出演:イ・ビョンホン, キム・ヨンチョル, シン・ミナ, キム・ハレ, エリック
  • ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005-11-02
  • おすすめ度:おすすめ度3.5
  • Amazon で詳細を見る
2009/09/05/14:50 | BBS | トラックバック (4)
わたなべりんたろう ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

映画 「グッド・バッド・ウィアード」 A ようこそMr.G

映画 「グッド・バッド・ウィアード」

Tracked on 2009/09/05(土)15:14:41

映画 「グッド・バッド・ウィアード」 A ようこそMr.G

映画 「グッド・バッド・ウィアード」

Tracked on 2009/09/05(土)15:14:41

グッド・バッド・ウィアード [映画] A 映画鑑賞★日記・・・

原題:THE GOOD, THE BAD, THE WEIRD公開:2009/08/29製作国:韓国PG-12上映時間:129分鑑賞日:2009/08/3...

Tracked on 2009/09/05(土)16:56:23

グッド・バッド・ウィアード A しぇんて的風来坊ブログ

キム・ジウン監督(「箪笥」、「反則王」、「クワイエット・ファミリー」)作品。現在のでは中国東北地方にあたる地域(日本の傀儡国家、満州)を舞台にした、朝鮮民...

Tracked on 2009/09/05(土)16:58:36

グッド・バッド・ウィアード/ソン・ガンホ A カノンな日々

まず、イ・ビョンホン、チョン・ウソン、ソン・ガンホという韓国でも指折りのムービースターの人気俳優たちを揃えただけでもこの映画には魅力を感じちゃうのですが、...

Tracked on 2009/09/05(土)18:14:57

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO