NEWs

故・今村昌平監督の念願、日本初の映画大学誕生!
日本映画学校から日本映画大学へ

映画大学学校法人神奈川映像学園は、2010年3月31日付で文部科学省に日本映画大学の設置認可申請をし、大学設置準備を進めていたが、大学設置・学校法人審議会の審査を経て、10月29日付で文部科学大臣より大学設置の認可を受けた、これにより、日本映画学校(専門学校)を母体とした日本映画大学が、2011年4月より、日本で初めての映画大学としてスタートすることとなった。

日本映画大学の母体である日本映画学校は、故・今村昌平監督が1975年横浜市に横浜放送映画専門学院として開校。1986年に川崎市に移転し、日本映画学校に改称。30年以上にわたり、『十三人の刺客』の三池崇史監督、『踊る大走査線MOVIE3』の本広克行監督、『悪人』の李相日監督をはじめ数多くの映画陣を輩出した。

故・今村監督は、平成2年に著した「日本映画大学趣意書」の中で「映画を学ぶことは最も深く人間について考えることになる筈である」と記している。
大学化は、故・今村監督の念願であり、その夢が実現されることとなった。

今村昌平
故・今村昌平監督
現在、日本映画大学は、現状の新百合ケ丘キャンパスに加え、白山キャンパスを川崎市麻生区に建設中。白山キャンパスには、今村昌平記念スタジオも設置される。

2010年12月1日より推薦入試(12月19、20日)の出願受付を開始し、その後、社会人、留学生、一般入試が行われる(定員140名)。また、11月16日(火)には、川崎市民ミュージアムにおいて、阿部孝夫川崎市市長、佐藤忠男学長、高橋世織学部長、天願大介学科長、佐々木史朗理事長が出席しての記者会見が開かれる予定。

日本映画大学公式HP http://www.eiga.ac.jp/

学長・佐藤忠男学長・佐藤忠男 プロフィール
1930年生、新潟県出身。日本を代表する映画評論家であり、アジア映画研究の先駆者。映画を中心に演劇、文学、大衆文化、教育などの広い分野に及ぶ評論活動を半世紀以上続け、最初の著書「日本の映画」(三一書房・1956年刊・キネマ旬報賞受賞)以後、100冊を超える著書を発表している。芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章、勲四等旭日小綬章、韓国王冠文化勲章、フランス芸術文化勲章シュバリエ章受章、毎日出版文化賞など多数受賞。今秋には国際交流基金賞、神奈川文化賞を受賞。

今村昌平―映画は狂気の旅である (人間の記録) [単行本]
今村昌平―映画は狂気の旅である (人間の記録)
今村昌平日活作品全集 2 [DVD]
今村昌平日活作品全集 2 [DVD]
  • 監督:今村昌平
  • 出演: 左幸子, 北村和夫, 吉村実子, 北林谷栄, 長門裕之
  • 発売日:2004-04-23
  • Amazon で詳細を見る

2010/11/01/00:18 | BBS | トラックバック (0)
NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO