新作情報

バスキアのすべて

http://basquiat-all.jp/

『バスキアのすべて』1 『バスキアのすべて』2

マドンナが愛し、ウォーホルが嫉妬した。 落書きからアート界のアイドルへ
1250点を超えるドローイングと900点を超す絵を残し、27歳の若さでこの世を去った。
今でも人々に多大な影響を与え続ける、20世紀で最も重要なアーティストの一人。
初めて明かされる、本当の素顔とは・・・ジャン=ミッシェル・バスキアのすべてがここにある。

12月18日(土)よりシネマライズにて生誕50周年記念ロードショー!

INTRODUCTION

マドンナが愛し、ウォーホルが嫉妬した。
落書きからアート界のアイドルへ

1250点を超えるドローイングと900点を超す絵を残し、27歳の若さでこの世を去った。
今でも人々に多大な影響を与え続ける、20世紀で最も重要なアーティストの一人。
初めて明かされる、本当の素顔とは・・・ジャン=ミッシェル・バスキアのすべてがここにある。

『バスキアのすべて』3『バスキアのすべて』480年代のアート界に新風を吹き込んだアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。本人の貴重なインタビュー映像をもとに綴られる初のバスキア・ドキュメンタリー「バスキアのすべて」 。冒頭でインタビューを受けているのは、25歳当時のバスキア本人である。すでにアーティストとしての才能を認められ、スターの座にのぼりつめていた。とてもリラックスした雰囲気で話し、その充実した表情と、時折見せる笑顔が愛らしいバスキア。しかし、彼はわずか2年後に、この世から去ることになる――。
本作は、バスキアの友人であったタムラ・デイビス監督が、20年以上も引き出しにしまい込んでいた、バスキア本人へのインタビュー映像を軸に、バスキアと深く関わりのあった人物たちに話を聞きながら、80年代に一躍時代の寵児となったバスキアの素顔に迫るドキュメンタリー映画だ。70年代のニューヨークで、友人とともにはじめた地下鉄や建物へのスプレーペインティングから、そのキャリアをスタートさせたバスキアが、どのようにスターダムへとのぼりつめ、終わりを迎えたのか。80年代のアート・シーンと共に、友人やギャラリーのオーナーに早くから才能を認められ、華やかな世界でもてはやされていた、輝かしいアーティストとしてバスキア。その一方で、つねに人種差別と向き合い、苦しんでいた"1人の人間"としてのバスキア。時代を越えて愛されるアーティスト・バスキアが、心を許した友だけに語る真実の言葉とは――。

COMMENTARY

―「バスキアのすべて」に寄せられたコメント― ( 順不同/敬称略 )

  • 渋谷の試写室を出て泣いてしまう。
    雑踏もTwitterも知らん顔していた。
    いま、親しみを込めて言いたい。
    「バスキアのバカ!」 (小田島等 イラストレーター/デザイナー)
  • 早く逝ってしまう天才は誰彼問わず多大な作品を残して去って行く。思いが頭に積もり1秒足りとも禁じ疾走している。完成された作品は我々に向かって問いかけている。何時も。 (北村道子 スタイリスト)
  • 私は彼と同じ誕生日で、画家で、20代の頃から、個展で、一晩で2万ドル稼ぐ。そして美術界でマイノリティーのアジア人で、女性で、自国で落書きとみなされている。楽しくて苦しい、アーティストとして、同世代の友達として、会って、ほんとに話してみたかったです。
    (タカノ綾 アーティスト)
  • まるで、かつてのロックスターの様な、無垢な天才。短かったけれど、膨大な彼の人生がここにある。 (広川泰士 写真家)
『バスキアのすべて』5 『バスキアのすべて』6
  • バスキアのリアルがそこにある。ニューヨークのリアルがそこにある。
    彼は永遠のアートヒーローだ。
    (佐藤可士和 アートディレクター/クリエイティブディレクター)
  • そう、バスキアはもういない。
    生誕50年の今こそ、彼の作品を観てみたかった。
    どんなアティチュードになっただろう。
    80年代、私がNYのクラブに変装し潜入していた頃、バスキアの噂は聞いていた。
    会いたい人だった。
    このドキュメンタリーで再会し、
    今なら彼の作品を愛せることを確認した・・・。 (夏木マリ)
  • また観たいなう。
    迷った時に、また観よう。
    悩んだ時に、また観よう。
    調子こいたら、また観よう。
    弱った時に、また観よう。
    会いたくなったら、また観よう。
    バスキアの燃える命を、
    観たいなう。 (安齋 肇 イラストレーター)
  • この映画をみて、ようやく"バスキア"を知る事ができ、またアートの世界がいかに後追いなのかを再確認した。  (Candle JUNE キャンドル・アーティスト)
  • 『バスキアのすべて』7かつてを語る友たちと、今も映像の中で生き続けるバスキアが戦っていた。
    「彼は天才だった」と言えば「俺を説明すんな」と。天才は死後も世界を挑発する、ということを実証したドキュメンタリー。  (松江哲明 ドキュメンタリー監督)
  • 彼に出会って恋をしたかった。
    (田尾沙織 写真家)
  • 画集は殆ど制覇したかと思いますが、
    この映画には、まだまだ知らないバスキアがいました。全バスキア・フリーク必見のドキュメントです。
    (テイ・トウワ DJ/アーティスト)
  • オバマが大統領になり、マイケルジャクソンが死んだ今。アフリカン・アメリカンの血が、80年代のNYアートシーンの中で切り裂かれながらも
    自らの存在を描くさまに、心揺さぶられました。 (宮本亜門 演出家)
C R E D I T

2010年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門正式出品
監督&撮影&製作:タムラ・デイビス(TVドラマ「アグリー・ベティ」「グレイズ・アナトミー」)
出演:ジャン=ミシェル・バスキア、ファブ・5・フレディ(ヒップホップ界の先駆者)、
ジュリアン・シュナーベル(アーティスト/映画『バスキア』監督)、
マリ・ポール(フォトグラファー/映画『DOWNTOWN81』製作者)、
アニナ・ノセイ(NYギャラリーオーナー/バスキアの最初のディーラー)、
スーザン・マロック(精神科医/バスキアの元恋人)、ニコラス・タイラー(元Grayメンバー)、
ブルーノ・ビショップベルガー(アート・ディーラー/ウォーホルとバスキアの委託代理人)、
グレン・オブライアン(伝説のバラエティ番組「TVパーティ」のホスト)、
ディエゴ・コルテス(キュレーター/マッド・クラブの常連)、
ラリー・ガゴシアン(アート・ディーラー/バスキア個展を開催)ほか
2010年/アメリカ/93分/デジタル/白黒&カラー/英語
原題:JEAN-MICHEL BASQUIAT:THE RADIANT CHILD 配給:CJ Entertainment Japan
All Jean-Michel Basquiat works (c) Estate of Jean-Michel Basquiat,Used by Permission, Licensed by Artester,New York
http://basquiat-all.jp/

12月18日(土)よりシネマライズにて生誕50周年記念ロードショー!

バスキア (角川文庫)
バスキア (角川文庫)
  • (著):ジャン‐ミシェル バスキア
  • 序文:日比野 克彦
  • 発売日:1997-09
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る
バスキア・グラフィティBOX [DVD]
バスキア・グラフィティBOX [DVD]
  • 監督:エド・ベルグリオ
  • 出演:ジャン・ミシェル・バスキア, タキシードムーン, DNA, プラスティックス, キッド・クレオール&ザ・ココナッツ
  • 発売日:2001-12-05
  • Amazon で詳細を見る

2010/12/11/18:29 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO