新作情報

ファンタスティック Mr. FOX

ウェス・アンダーソン監督(『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』『ダージリン急行』)
×
ロアルド・ダール原作(「チャーリーとチョコレート工場」)

http://mrfox.jp/

2011年3月19日(土)より、銀座シネスイッチほか全国ロードショー

INTRODUCTION

時代を超えて愛される奇才作家・『チョコレート工場の秘密』のロアルド・ダール。
原作の世界観をさらにスケールアップ!
愛と勇気とユーモアに溢れるウェス・アンダーソンのすばらしき1作が誕生。

『ファンタスティック Mr. FOX』1『チョコレート工場の秘密』を筆頭に、ブラックユーモアとイマジネーションが織りなす技ありの短編で知られるロアルド・ダール。作品発表からすでに40年以上のときを経ているものの、今なお世代を超えて多くの人たちに愛され続けているカリスマ作家だ。そんなカリスマ作品「すばらしき父さん狐」の映画化に挑んだのが、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(01)、『ライフ・アクアティック』(05)、『ダージリン急行』(07)など、独自の世界観を構築することで知られる現代の異才ウェス・アンダーソン! 小学生のときに初めて原作の「すばらしき父さん狐」を読んだ瞬間から物語と恋に落ちたアンダーソンは、いつか本作を映画化したいと願い続け、その夢がついに本作で現実となった。そして、CGや3Dが主流となっている現在の映画界であえてパペットを使用したストップモーションにこだわり、1秒間に24コマ撮り(本編87分!)という気の遠くなるような時間と手間と愛情をかけてついに作品は完成に至ったのだ。時代の流れに反してストップモーションに挑むあたりは、曲者で知られたロアルド・ダールを彷彿とさせるウェス・アンダーソン。温もりとユーモア、そして毒気が混在するダールとアンダーソンという二人の才能が出会ったことで、類まれなすばらしき作品が誕生した。

ジョージ・クルーニー×メリル・ストリープ、そして、ビル・マーレイ、ジェイソン・シュワルツマン、オーウェン・ウィルソン、ウィレム・デフォー……
ウェス・アンダーソンのもとに集ったすばらしきキャストたち!

家族のために人間から食べ物を盗むという悪行から脚を洗ったものの、心の片隅で生来の刺激あるワイルドな生活への思いを捨てきれないでいる主人公Mr.FOX(父さん狐)の声を担当するのは、『オーシャンズ』シリーズなどの娯楽作からアカデミー賞(P) 受賞の社会派ドラマ『シリアナ』(05)や『フィクサー』(07)まで、幅広い演技力を持つジョージ・クルーニー。複雑な心境ながらも、常にクールでダンディなMr.FOXを生き生きと実に魅力的に演じている。そんなクルーニー演じるMr.FOXの良き妻Mrs.FOX(母さん狐)の声を担当するのは、2度のアカデミー賞(P) 受賞(ノミネートは過去最多の15回!)を誇り、ハリウッドトップクラスの演技派女優として名高いメリル・ストリープ。さらに、ちょっと反抗期の息子アッシュの声には、『マリー・アントワネット』(06)、『ダージリン急行』のジェイソン・シュワルツマンが挑んでいる。また、ウェス・アンダーソン映画といえば忘れてならないのがビル・マーレイ。『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』以来アンダーソン映画の常連となっているマーレイは、今作でも弁護士のアナグマ(バジャー)役で独自の存在感を放っている。ほかにもウィレム・デフォー、オーウェン・ウィルソン、マイケル・ガンボン、エイドリアン・ブロディなど、個性派で知られる豪華ハリウッドスターたちが勢ぞろい。すばらしきキャスト陣が人形たちにリアルな息吹を与えている。

アカデミー賞(P) を始め、賞レースを大いに賑わした
すばらしき物語ととびきり贅沢な映像!

『ファンタスティック Mr. FOX』2金持ちの人間たちから食料を盗むMr.FOX。ところが、ついに人間たちが反撃に出て、狐一家の住処をトラクターで反撃。慌てた狐一家はトンネルを掘って脱出をはかるが――。『すばらしき父さん狐』は幼いころからの愛読書で、ことに狐の穴掘りのくだりが大のお気に入りだったというウェス・アンダーソンは、映像化にあたり原作者ロアルド・ダールの家を訪れ、そこにしばらく滞在して本作の原案を練り、脚本の執筆を行った。そして、本能に逆らわず生きることが大切だと教えてくれるダール原作のメインテーマ生かしながら、そこに自身の永遠のテーマともいえる父と息子の物語や、登場人物たちの成長物語などを織り込み、またとないストーリーを描き上げた。そんなダール作品への愛情とオマージュがこめられた本作を、人々が放っておくはずかない。本作は2009年度アカデミー賞(P) 作曲賞&長編アニメーション賞、ゴールデングローブ賞等にノミネート。ナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国映画批評会議賞)では特別映画製作業績賞を受賞。さらに、ニューヨーク映画批評家協会賞を始め数々の賞を受賞し、賞レースを大いに賑わした!

あのジャーヴィス・コッカーも登場!
遊び心と職人魂が同居するすばらしき制作チームが
ウェス・アンダーソンの脳内世界を体現!

卓越したヴィジュアル感覚の持ち主、ウェス・アンダーソンのめくるめくイマジネーションの世界を見事形にしているのが、すぐれた制作スタッフの面々。脚本には『イカとクジラ』(05)でその才能を世に知らしめ、『ライフ・アクアティック』でアンダーソンと共同執筆を行っているノア・バームバック。撮影監督には現代のストップモーション・アニメの代表『ウォレスとグルミット』シリーズを手がけているトリスタン・オリヴァー。プロダクションデザインには『ティム・バートンのコープスブライド』(05)でアートディレクターをつとめたネルソン・ロウリーと、その道を極めたプロ中のプロが集結。さらに、音楽への並々ならないこだわりもつアンダーソンらしく、本作の楽曲も圧巻のロックナンバーが並ぶ。なかでも注目したいのは、本作にオリジナル楽曲を提供している元パルプのフロントマン、ジャーヴィス・コッカー。「てっきり動物役で出ると思っていたのに」と残念がるコッカーだったが、劇中では人間の歌手役。本作のために書き下ろした、バンジョーのサウンドが心地よい1曲が披露されている。

2011年3月19日(土)より、銀座シネスイッチほか全国ロードショー

Production Note

構想10年!物語はダール家から始まった

『ファンタスティック Mr. FOX』3人生で初めて所有した本が「すばらしき父さん狐」(1970年初版)だったというウェス・アンダーソンは、子どものころ弟のエリック・アンダーソンと自宅周辺にいくつもの穴を掘って親を困らせるほど、狐の穴掘り物語に夢中だったという。そのお気に入り作品の映像化にあたり、まず00年にロアルド・ダールの未亡人、フェリシティ・ダールにコンタクトをとるところからすべてはスタートした。そして、02年にはイギリスのオックスフォード近郊の小さな町グレートミッシンデンにあるダール家(通称:ジプシーハウス)を訪れ、物語のインスピレーションを膨らませていった。この後、共同で脚本を執筆したノア・バームバックを連れてジプシーハウスを再度訪れ、2週間滞在しながら『ファンタスティック Mr.FOX』の脚本を完成させた。ダール家から見える丘には、劇中でFOX一家が住む大きな木とそっくりな大木が立っており、ウェスもダール氏同様この大木を物語のキービジュアルとして登場させている。また、Mr.FOXの書斎はジプシーハウスに残るダール氏の書斎を完全に復元しており、鉛筆削りやコーヒーカップといった小物まで、ダール氏の愛用品を完璧なまでに再現している。

そこまでやる!? 豪華キャストと野外収録の様子

ウェス・アンダーソンとノア・バームバックは、ヒーローでありながらも弱さをあわせ持った主役のMr.FOXには、当初からジョージ・クルーニー以外考えられなかったという。そんな二人の熱いラブコールに、「ウェスと仕事をしてみたかったので、喜んでOKしたよ」とクルーニー。確かに、フォクシー(セクシー)な魅力まで兼ね備えたクルーニーはハマり役と言えるだろう。一方、芸術性に優れ、現実的で忠実な妻Mrs.FOXの声を担当したメリル・ストリープも、Mrs.FOX役を即OKしたという。その理由は「この作品以外でいつ私がジョージ・クルーニーの妻なんてやれると思う(笑)?」とのこと。このアカデミー(P) 受賞コンビを筆頭に、ウェス・アンダーソン作品の常連であるビル・マーレイが弁護士のアナグマ・バジャー役を、ジェイソン・シュワルツマンがFOX夫妻の一人息子アッシュ役を、オーウェン・ウィルソンが体育コーチのスキップ役を。さらにネズミ役にはウィレム・デフォー、マイケル・ガンボンは敵となる人間、フランクリン・ビーンを。エイドリアン・ブロディはカメオ出演(どの役の声を担当しているのか、みなさんも考えてみて!)と、とにかく豪華なキャスト陣。しかし、これだけで驚いていてはいけないのがウェス・アンダーソン映画だ。なんとアンダーソンと制作チームは、この御一行を引きつれて、野外での声収録を行った。アニメーション映画は普通スタジオで声を収録するものだが、アンダーソンは実写映画と同じスタイルでの撮影にこだわり、またライブ感を引き出すため、劇中で動物たちが野原を走りまわるシーンでは実際に俳優たちを野原中走らせて、穴を掘るシーンでは土だらけになりながら穴を掘らせて声録りをするという異例の撮影法を実行したのだ。アカデミー(P) 受賞俳優たちがにわとりを追いかけまわしたり、野原を駆け回りながらの声収録。アンダーソン曰く、このフリースタイルの声録りの一番の魅力は、「スタジオ収録ではありえないアクシデントが起こること(笑)」なのだそう。

キャラクターデザインと精巧緻密なセットの数々

『ファンタスティック Mr. FOX』4『ファンタスティック Mr.FOX』の世界に色を与えたのが、キャラクターデザインからセットまで、映像に映るすべてをデザインした、プロダクションデザイナーのネルソン・ロウリーとそのチームだ。

1,キャラクターデザイン
物語の主人公は動物たちだが、ロウリーは「ウェスは、動物たちはみな二足歩行で、きちんとした洋服を着た人間に近いものをイメージしていたから、パペットは人間の体型と同じバランスでデザインしたよ」と語る。ここで参考となったのが、本作の最大のインスピレーション源でもあるロシア人のストップモーションアニメの祖、ラディスラフ・スタレヴィッチによる(狐物語)(41)だ。『狐物語』では、本物の動物の毛皮を使ったパペットが使用されており、随所に手作りならではの素朴さと妙な野生味が感じられる作品で、これをヒントに複数のイラストレーターたちの手を借りて、キャラクターがデザインされていった。

2,セット作り
アニメーション映画とは異なり、ストップモーション映画の場合はセットから小物にいたるまで、映像に映るものすべてを作らなければならない。雑誌からiMacまで、小さなパペットに見合ったミニチュアサイズの小物などどこを探しても売っていないからだ。そのため、ロウリーと総勢50人のスタッフたちは本作のために合計4000点以上の小物と、野原や農場、地中の穴のなかまで、150以上ものセットを作り上げた。また、ウェス・アンダーソンは本作から緑や青を一切排除し、オレンジ、黄色、ベージュといった秋色トーンで統一したいというビジョンを持っていたため、通常は別の色で表現されるものもすべてこの色味で作るという新たな挑戦も加えられた。

カスタムメイドのパペット&こだわりのファッション

ネルソン・ロウリーとそのチームがデザインしたキャラクターたちを、パペットという形で命を吹き込んだのが、イギリスのマンチェスターをベースに制作活動を行っているイアン・マッキノンとピーター・サンダースの二人だ。『ティム・バートンのコープスブライド』などを手がけているパペット作りの達人は、1つのキャラクターに対してサイズ違いのパペットを4タイプ作らなくてはいけなかった。
1. ヒーローサイズ(30センチ):ストップモーション用パペットの基本サイズ
2. ミニチュアサイズ(12センチ):小回りがきくヒーローサイズの約半分の大きさ
3. ミクロサイズ(6センチ):引きのシーンなどに対応しやすいミニサイズ
4. マイクロミニサイズ(3センチ):もはや趣味の域の極小サイズ
『ファンタスティック Mr. FOX』5当初ヒーローサイズとミニチュアサイズを多く使っていたものの、撮影が進むにつれてウェス・アンダーソンはミクロサイズやマイクロミニサイズのパペットを気に入り、そればかりを使用したために損傷が激しく、ものによっては1~2ショットで使いものにならなくなってしまうものもあったという。結果、全編を通じて500体以上のパペット(うちヒーロースケールだけで150体ほど)を作ることとなった。
また、実際にパペットが完成すると、先に平面でデザインされていた洋服がパペットの体にフィットしない、あるいはバランスが悪いというトラブルが生じたため、パペットチームで新たに衣装もデザインすることになった。Mr.FOXのスーツを見てピンとくる人はかなりのウェス・アンダーソン通だが、実はこのスーツ、アンダーソンがプライベートでオーダーメイドをしている仕立屋から生地を入手し、アンダーソンのスーツとほぼ同じパターンでできているのだ。しかし、衣装を「作る」といってもそこには恐るべき労力と時間が費やされていることを忘れないでほしい。ネズミが着用している赤白ストライプのセーター1枚にしても、まずはそのサイズを編むための編み棒作りからスタートするのだから。ちなみに、七面鳥とリンゴ園を営むビーン氏は、ロアルド・ダール本人をモデルにしたキャラクターとなっている。

アニメーターたちの苦悩

人形を微妙に動かしながら1秒間に24コマの撮影(本作の合計は12万5280コマ以上)を行うというストップモーション映画は、撮影だけでも驚くほどの時間と忍耐力を要す。その驚異的な撮影をやってのけたのが、『ティム・バートンのコープスブライド』や『コララインとボタンの魔女』(09)などを手がけたベテランアニメーターたちだ。撮影はセットやパペットがすべて完成した後の08年から約1年かけて行われたのだが、もちろん撮影段階でもウェス・アンダーソンの注文はとどまるところをしらない。ウェス・アンダーソン映画では、たとえばビル・マーレイの演技からも分かるように、台詞や動き以外にも役者の表情で物語を語る部分がとても多い。そのクオリティの演技を、アンダーソンはパペットたちにも求めたのだ。ウェスはパペットたちにまばたきを禁じさせ、クロースアップのショットを多く取り込むという、アニメーター泣かせのアイディアを提示した。そこでアニメーターたちは、パペットたちの感情がよりよく伝わるように、立ち位置からポージングまで徹底的に研究し、監督の無理難題に答えたのだ。

C R E D I T

原作:ロアルド・ダール
監督・脚本:ウェス・アンダーソン 脚本:ノア・バームバック
製作:アリソン・アベイト,スコット・ルーディン,ジェレミー・ドーソン
製作総指揮:スティーヴン・レイルズ,アーノン・ミルチャン アニメーション監督:マーク・グスタフソン
撮影監督:トリスタン・オリヴァー プロダクション・デザイン:ネルソン・ロウリー 音楽:アレクサンドル・デスプラ
スーパーバイジング・エディター:アンドリュー・ワイスブラム 音楽監修:ランドール・ポスター
人形制作:マッキノン・アンド・サンダース
声の出演:ジョージ・クルーニーメリル・ストリープ
ジェイソン・シュワルツマンオーウェン・ウィルソンビル・マーレイウィレム・デフォー
(C) 2010 Fox and its related entities. All Rights Reserved.
2010年/アメリカ/カラー/87分/配給:ショウゲート
http://mrfox.jp/

2011年3月19日(土)より、銀座シネスイッチほか全国ロードショー

すばらしき父さん狐 (ロアルド・ダールコレクション 4) [単行本]
すばらしき父さん狐 (ロアルド・ダールコレクション 4) [単行本]
ライフ・アクアティック [DVD]
ライフ・アクアティック [DVD]
  • 監督:ウェス・アンダーソン
  • 出演:ビル・マーレイ. オーウェン・ウィルソン. ケイト・ブランシェット. アンジェリカ・ヒューストン. ウィレム・デフォー
  • 発売日:2007-09-19
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る

2011/02/27/14:52 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO