インタビュー
こっぴどい猫/今泉力哉監督

今泉 力哉 (映画監督)

映画「こっぴどい猫」について

公式

2012年7月28日(土)より、新宿K’s cinemaにてレイトショー!

若者たちの微妙な恋愛模様を描く自主作品で数々の映画賞を受賞し、2010年に伝説のバンドのドキュメンタリー『たまの映画』で商業デビューを果たした新鋭・今泉力哉監督。60歳を迎えたモト冬樹を主演に据えた『こっぴどい猫』では、総勢15人による複雑怪奇な恋愛群像劇を昭和的なやさしさといかがわしさの中に描き、またも新境地を見せてくれた。なんと取材に赤ちゃん連れでいらした人間味たっぷりの今泉監督に、絶妙なキャスティングや脚本作りでの試行錯誤、取材前日に撮ったという本作のスピンオフ作品についても語っていただいた。(取材:深谷直子

page1 page2 page3 page4

『こっぴどい猫』4――キャラクターの中で特に思い入れがある役はありますか?

今泉 みんなありますけどね。でも弟とその彼女は、芝居のテンポが早かったりしてあの中でもちょっと異質なんですけど、やっぱりその二人は面白かったですね。で、その二人の続編ではないですけどスピンオフの後日談みたいなのを昨日撮りました。『こっぴどい猫』ではできちゃった結婚するしないの話なんですけど、それではもう子供が生まれてて、まあ~ケンカしてます(笑)。

――また浮気したりとか?

今泉 もう恋愛どうこうを超えた苦悩の話になっていて。『こっぴどい猫』では好きな対象がいて分かりやすい一つの原因でケンカしてますけど、もっと悩みが重層的になっていて、別にそれについては描かないんですけど混乱している人の話になっていますね。うちの嫁は脚本見てるんで「あなたは離婚したいの?」みたいな感じになってます(笑)。しかもワンカット。

――すごいですね。何分ぐらいですか?

今泉 ワンカット28分です。結構大変なことを昨日やって無事終わったと言うか……。ワンカットなのであとやることないんで、タイトルと名前を入れるだけで。

――編集はいりませんもんね(笑)。じゃあ結構すぐに観られるんですか?

今泉 7月29日から『こっぴどい猫』公開記念で特集上映があって。

――あ、「こっぴどい猫背」というタイトルのですね(笑)。

今泉 そこでやります。『ターポリン』という作品です。

――(チラシを見ながら)これが新作なんですね。すごいですね、作る前からこうやって載ってるって(笑)。

今泉 おかしいんですよ(苦笑)。お披露目は7月22日の「映画太郎」という別の上映イベントが決まっているので、あと3日間で仕上げなきゃいけないという地獄スケジュールです。

――キャラクターのその後というのはよく考えたりするんですか?

今泉 あんまりやらないです。初めてぐらいですね、こうやって別の作品を撮ったというのは。と言うかあれだけ崩壊したのでその後なんて、とも思ったんですけどね(苦笑)。内容も『こっぴどい猫』のスピンオフでこれを撮った意味はあるのか?ぐらいの全然別なもので、二人が出ていること以外何の共通点もないです。

――ではこの俳優さんたち(平井正吾さん、後藤ユウミさん)に惹かれて撮ってみたいなと思ったんですか?

今泉 そうですね、それが大きかったです。この二人とはもう1回やってみたいなと思って。またワークショップみたいなことをやって他のキャストを選んで、二人と混ざってやってもらったんですけど、この二人はやっぱりすごかったですね。二人の呼吸がすごく合うんですよ。

――そちらも楽しみにしています。ほかにも『こっぴどい猫』のあとに何本か撮られていますよね。

今泉 はい、『ターポリン』まで5本ぐらいかなあ。この間『ヴァージン』(12)というオムニバスが劇場公開されて、深夜ドラマの「エアーズロック」(12)を山下(敦弘)監督とやって、仕事として撮ったのはその2本ですね。あとは自主と、ENBUゼミナールという学校の事務でずっと働いていたんですけど、そこを辞めた後に講師として雇っていただいて、俳優コースの授業をしながらそこの学生たちと作るっていうのを先週撮影しました。9月ぐらいに学校の卒業上映会で上映する予定です。それはいちばん大変でしたね、役者を自分で選べなくて決まっている人たちで撮るっていうのが。今までキャストは本当に自分が面白いと思う人で作り続けてきてたので、決まっているということがこんなに自分の枷になるんだなと。初心者から通う学校でみんながそんなに上手いわけではないので、すごい大変でした。あんなに芝居に粘ったことがないぐらい延々とテストしまくって。

――でもそれもいい経験になったでしょうね。それにしても本当に多作だなあと。

今泉 長編とかしっかりしている作品は数で言ったら10本ぐらいで、そういう意味ではやっぱり『こっぴどい猫』は最初におっしゃっていただいたみたいに1コでっかくと言うかちゃんと作った感があります。大変でしたけど。

――『こっぴどい猫』の公開と、これからのいろいろな場での活躍を拝見させていただくのを楽しみにしています。ありがとうございました。

page1 page2 page3 page4

( 2012年7月19日 新宿K’s cinemaで 取材:深谷直子

こっぴどい猫 2012|日本|カラー|ステレオ|130min
監督・脚本・編集:今泉力哉|撮影:岩永洋|照明:長田青海|録音:宋晋瑞
助監督:平波亘|衣装:山本屋歩|ヘアメイク:寺沢ルミ|制作:手島昭一
アソシエイト・プロデューサー:一ノ瀬優太朗|エグゼクティブ・プロデューサー:小西亮一
出演:モト冬樹,小宮一葉,内村遥,三浦英,小石川祐子,平井正吾,後藤ユウミ,高木珠里,結,工藤響,今泉力哉,木村知貴,前彩子,泉光典,青山花織
企画・製作:DUDES/1gramix.|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS ©2012 DUDES
公式

2012年7月28日(土)より、新宿K’s cinemaにてレイトショー!

ヴァージン [DVD] ヴァージン [DVD]
  • 監督:今泉力哉, 福島拓哉, 吉田光希
  • 出演:佐藤睦, 田村健太郎, 川村ゆきえ, 大崎由希, 梅田絵理子
  • 発売日:2012/08/03
  • おすすめ度:おすすめ度3.5
  • Amazon で詳細を見る
2012/07/25/18:08 | BBS | トラックバック (0)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO