インタビュー
BUNGO~ささやかな欲望~/熊切和嘉監督

熊切 和嘉 (映画監督)

映画「BUNGO~ささやかな欲望~」/『人妻』について

公式

2012年 9月29日(土)より、角川シネマ有楽町ほか全国公開!

宮沢賢治、坂口安吾など昭和の文豪の傑作短篇を、6人の気鋭監督と旬の俳優たちが映像化した贅沢なオムニバス『BUNGO~ささやかな欲望~』がこの秋公開される。30分に凝縮され新たな息を吹き込まれた名作の世界がいずれも見事な好企画だが、中でも永井荷風の艶っぽい佳作を、ここ最近骨太な原作もので気を吐く熊切和嘉監督が大胆な脚色で見せる『人妻』が出色の面白さだ。谷村美月、大西信満という正統派の俳優が色めいた世界で伸びやかに遊び、端正ながらも手触りには熊切監督らしいパンクを感じる。大西さんを2度取材した筆者としては、今までの作品で硬軟自在に演じ分けてきた大西さんの多面性を活かして新しい主人公像を創り上げていることに大いに感心したのだが、お話を伺うとやはりこだわりのキャスティングだったとのこと。素顔の大西さんのお話に笑わせていただきつつ、昭和の映画も愛する監督が、今その時代を撮るために取った果敢なアプローチを興味深く伺った。ぜひ劇場で巧みな仕掛けに驚きながら日本文学の世界を愉しんでほしい。(取材:深谷直子

1 2 3

BUNGO~ささやかな欲望~『人妻』場面3 BUNGO~ささやかな欲望~『人妻』場面4――また今回の柔らかな演技で脱皮したような感じでこれからが楽しみですね。その相手役の空回りする男を演じたのは大西信満さんですが……、

熊切 (破顔して)ふふふ。よくないですか?大西くんの芝居。

――いや~、素晴らしいと思いました! 私は大西さんを取材もしているんですよ、若松(孝二)監督の作品で。とても底力のある俳優さんだと思っていたのですが、これは本当に驚きました。

熊切 意外と僕、原作を読んで最初に大西くんのイメージが湧いたんですよ、なぜか。

――もう最初からですか。

熊切 大西くんとは飲みの席で何度か会ったことがあって。若松監督の作品も観ていますし、映画から受けていたイメージは強烈だったんですが、普段は本当に何と言うか、ショボイんですよ(笑)。ヘロヘロになってダメな人で、すぐテンパるし。顔立ちだけ見ていると狂気を孕んだような、まるで劇画と言うか貸し本漫画に出てきそうな感じなのに、素の本人は全然違っているというそのギャップが可笑しくて。で、この常に堅物な感じで真面目な顔をしているんだけど、内面はエロイことばっかり考えている桑田の役に大西くんはピッタリだなあと(笑)。『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12)の完成披露の日に、僕も(井浦)新くんに呼んでもらって俳優さんたちと一緒に飲んだんですが、そのときにも大西くんはベロベロになっていて、出番が削られた話を延々していて。

――あ、それは私が取材したときにもちょっとこぼされていました(笑)。

熊切 その姿があのキャバレーのシーンまんまですね。

――(笑)。じゃあ素で演ってくださいという感じだったんですか?

熊切 「あの日の感じで演ってください」って言ったら「覚えてないです」って。

――(一同爆笑)。面白いですよね。何だかここに来て大西さんのいろいろな面が見られるようになったなあと思っているんです。NHKのオリンピックのCMって見られました? あれも三枚目路線で。

熊切 それは僕結局見られなかったんですよね。あんまり今まで出していないですよね、こういう部分は。

――『赤目四十八瀧心中未遂』(03)は近い役柄だったと思いますが、それ以来なかったですよね。

熊切 ああ、『赤目』はそうでしたね。

――あと小さい役でちょっと横暴な感じの男を演じたりしていますよね。『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』(11)とか。

熊切 別れた旦那の役ですよね。

――そういう極端な二面を一緒に見せているところがこの作品はすごいなあと思ったのですが、監督としては過去の役のイメージからではなくて、この役の気弱な部分というのは大西さんがお酒を飲んだときのイメージからで、悪魔的な部分は外見上のイメージからという、個人的なツボを映画に込めたということですね。

熊切 そうですね。大胆なキャスティングだと思うんですが、一般のお客さんにも何とかこの面白さが伝わってほしいなあと思いますね。

熊切和嘉監督2――いちばん印象に残っているシーンはどこですか?

熊切 やっぱりクライマックスの、桑田が酔っぱらって帰ってきたら年子が縛られていたというあのシーンですね。桑田が明かりを点けようとすると「点けないで!」と言われる。あそこは縛られたままゴロゴロ転がるというのが結構大変だったんですよ。勢いが付かなくて。そうしたら大西くんが実は『キャタピラー』(10)で演っていたんですよね。「ここを真っ直ぐにすると逆に回れるんだよ」とかアドバイスをして、美月ちゃんも最初はできなかったのに「あ、これならできます!」って。さすが若松組だと(笑)。

――何でもできて心強いですね(笑)。俳優さんお二人の演技も撮影も大変だったと思うのですが、何日間で撮ったんですか?

熊切 3日ですね。久しぶりに寝れない大変な現場でした。これぐらいの規模の作品だとこれぐらいだと思うし、(『BUNGO』の)他の作品も同じぐらいだと思いますが。

――カメラマンはいつも組まれている方なんですか?

熊切 金子正人さんという方で、今まで何本か一緒にやっているんですが、自分の中ではぶっ飛んだことをやるときに組みたい人なんですよ。他には「トンスラ」(08)っていう吉高由里子さん主演の深夜ドラマと、『鶴園家のめまい』(10)という短篇とか。何と言うか「攻めたい」時に組んでいます。

――トリック的な部分もあって攻めている作品ではありますが、一方で風景の美しさや昔の家の暗い感じなどもよく出ていて懐かしさも映像から感じました。

熊切 昭和20年代の話を撮るのも初めてだったし、そのへんの映画は好きだったりするので、美術にも結構こだわってちょこちょことやらせてもらった感じです。予算的にどこまでやれるかということはありましたが。

1 2 3

BUNGO~ささやかな欲望~ 2012年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch
「見つめられる淑女たち」 95分
『注文の多い料理店』 原作:宮沢賢治 監督:冨永昌敬 脚本:菅野友恵 キャスト:石原さとみ 宮迫博之
『乳房』 原作:三浦哲郎 監督:西海謙一郎 脚本:岨手由貴子 キャスト:水崎綾女 影山樹生弥
『人妻』 原作:永井荷風 監督:熊切和嘉 脚本:山田太郎 キャスト:谷村美月 大西信満
「告白する紳士たち」 108分
『鮨』 原作:岡本かの子 監督:関根光才 脚本:大森寿美男 キャスト:橋本愛 リリー・フランキー
『握った手』 原作:坂口安吾 監督:山下敦弘 脚本:向井康介 キャスト:山田孝之 成海璃子
『幸福の彼方』 原作:林芙美子 監督:谷口正晃 脚本:鎌田敏夫 キャスト:波瑠 三浦貴大
配給:角川映画 © 「BUNGO ささやかな欲望」製作委員会
公式

2012年 9月29日(土)より、角川シネマ有楽町ほか全国公開!

BUNGO 文豪短篇傑作選 (角川文庫)
BUNGO 文豪短篇傑作選 (角川文庫)
  • (著):宮沢賢治,三浦哲郎,永井荷風,岡本かの子,坂口安吾,林芙美子 ほか
  • 映画原作
  • 発売日:2012/8/25
  • Amazon で詳細を見る
トンスラ DVD-BOX
トンスラ DVD-BOX
  • 監督:三木聡
  • 出演:温水洋一, 吉高由里子
  • 発売日:2009/01/21
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る

2012/09/25/20:19 | BBS | トラックバック (0)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO