インタビュー
BUNGO~ささやかな欲望~/いまおかしんじ監督

いまおかしんじ (映画監督)

映画『百日のセツナ 禁断の恋』について

公式

2012年 9月29日(土)より1週間、池袋シネマロサにて公開

ピンク映画の巨匠・いまおかしんじ監督が、日独合作のピンク・ミュージカル『UNDERWATER LOVE ~おんなの河童~』(11)に続いて贈る純愛ファンタジーの『百日のセツナ 禁断の恋』が、「ラブ&エロス・シネマ・コレクション」で公開される。天真爛漫なヴァンパイア少女の成長をエッチに優しく描き、『河童』でいまおか作品を知った女性客にもぜひ観てほしい作品だ。初めてのアクション・シーンや王道エンターテインメント的なストーリーとも格闘しつつ、ほのかな「ラブ」と切ない「エロス」を見事に描いたいまおか監督に作品について伺った。(取材:深谷直子

12 3

いまおかしんじ監督3――ひとつすごく救いになるシーンで、ハーモニカをもらったセツナが公園で音楽を演奏している3人組に混ざっていくところは楽しかったです。やっぱりこういうのもひとつは入れたいなと?

いまおか そうですね、あと佐藤宏っていういつもちょっとだけ出てもらってるマスコット的な役者がいるんですけど、そいつをどこに入れるかっていうのが心のよりどころ(笑)。あとはセツナが人間と触れ合って面白いなって思っているシーンをいくつか入れておかないと可哀そう過ぎるなって。

――セツナと(忍成さん演じる)神父さんとのシーンもいいですね。すべてを肯定してくれる神父さんの言葉には素敵なものもいろいろあってとてもホッとするのですが、セツナはだんだん神父さんとブラドの間で揺れ動いて切ない感じになっていきますね。

いまおか まだ恋愛っていうのは分かっていない感じで、そばにいたいっていうのが愛みたいなものなんだろうけど。微妙で難しいけど、そういう中で、セツナの成長が描けていたらいいなあと思いますね。

――そういう繊細さがあるので、いまおか監督の映画は女性でも観る人は多いと思うんですが。

いまおか エロ度が薄いってよく言われます(苦笑)。

――でも一般にも通用するというところで、『苦役列車』(12)に脚本で参加もされましたよね。このいきさつはどういうものだったんですか?

いまおか たまたま東映に知り合いのプロデューサーがいて、『苦役列車』って貧乏くさい話なんで、「きみ貧乏だから向いてるんじゃないの?」って。で、プロットを書いてる途中ぐらいで山下(敦弘)くんが入ってきて。だから僕の方が先だったんですよね。山下くんとは元々知り合いではあったけど、初めて一緒に仕事をして、あれは楽しかったですね。

――作品を観ても小説の世界といまおかさんの世界が絶妙に合ってて面白かったです。これからも一般作品をやりたいですか?

いまおか やり続けられたらいいですね。

――元々映画監督を目指したのはいつ頃からですか?

いまおか いつかなあ。獅子プロに入ったときからだから25歳ぐらいからですかね。

――その前から映画はよく観られていたんですか?

いまおか 割と好きでしたけどね、高校まではそんなに観ていなかったけど、浪人したときにロマンポルノとかを観始めて、それは割とハマったんですね。

――どういうところにハマったんですか?

『百日のセツナ 禁断の恋』場面2いまおか 最初はエロが見たいっていうところからでしたけど。ビデオとかもその頃なかったっていうのもあって。でもだんだん自分に近い人が出ている気がするっていうところに惹かれましたね。性に悶々としている若者が必ず出てくるじゃないですか。そういうのはテレビとか普通の映画にはあまりいなかったから新鮮でしたね。「あ、俺がそこにいるじゃん!」みたいな。19、20歳ぐらいのときってコンプレックスの塊だから。女子と話もできないし。そういうところが何か似てて共感を覚えたっていうのがありましたね。そこからいろいろ観る映画は拡がっていきました。

――ポルノも人間が描かれているということに惹かれて観られていたんですね。

いまおか そうそう、そっちの方が結局吸引力強いからね。観て普通に泣いたりとかしてました。「あれぇ?心揺さぶられてる! エロ目的で行って泣いて帰ってくるってどういうことなんだ俺?」みたいな。その体験は大きいと思いますよ。

――ご自分でピンク映画などを撮るときはどういうものを込めようとしているんですか?

いまおか 元々性欲をぶつける対象としてエロものって作られてると思うんですけどね。でも一方で獅子プロに入ったときも思ったんだけど、作り方の垣根が低いって言うか偉そうじゃないんですよ。やっぱり低予算で作られて、あまり世の中に受け入れらるものではないから肩身が狭い。だけどその中で何か作れるものがないかってやってて、垣根が低くて優しいなと。誰が観ようと拒否しないし。そのへんのホームレスのおっさんが観ても楽しめるようなもの、一生懸命観るんじゃなくて、タバコ吸いながら半分居眠りしてるんだけどふっと起きて「あ、なんかいいじゃん」みたいな感じがあればいいなと。元々ピンク映画ってそういう懐の深いものなんで、いろいろそれなりに込められるものはあるのかなって思ってますね。

――最後に『百日のセツナ』の見どころをお願いします。

いまおか 編集してるときも何回も思ったんだけど、由愛可奈さんってすごく体がキレイなんですよ。ビックリするぐらいキレイだなって思って、やっぱり若いっていいなあと。今しかないんだもん。こういうのはデカイ画面で観ると一層目にいいんじゃないかなと思うので、観に来るといいんじゃないでしょうか。

12 3 関連情報

( 2012年9月16日 新宿・ロフトプロジェクトで 取材:深谷直子

「ラブ&エロス シネマ・コレクション 2nd」”Autumn”
百日のセツナ 禁断の恋 カラー/HDV/16:9/ステレオ
監督・脚本:いまおかしんじ
撮影:田宮健彦 録音:山口勉 助監督:佐藤 吏
出演:由愛可奈、和田聰宏、忍成修吾、辰巳ゆい 倖田李梨、団時朗
企画:利倉 亮 プロデューサー:江尻健司、酒井識人 キャスティング:松永 琴 編集:桐畑 寛
製作:シネマ・クリエイション/レジェンド・ピクチャーズ 配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ イラスト:内田春菊
©シネマ・クリエイション/レジェンド・ピクチャーズ
公式

2012年 9月29日(土)より1週間、池袋シネマロサにて公開

由愛可奈写真集『夢叶 yumekana』 [単行本]
由愛可奈写真集『夢叶 yumekana』 [単行本]
苦役列車(初回限定生産版)(Blu-ray Disc)
苦役列車(初回限定生産版)(Blu-ray Disc)

2012/09/29/07:07 | BBS | トラックバック (0)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO