インタビュー
「ひきこさんの惨劇」/吉川久岳監督、脚本・宮崎大祐

吉川 久岳 (監督)
宮崎 大祐 (脚本担当)
映画「ひきこさんの惨劇」について

公式

2013年8月2日(金)21:10~オーディトリウム渋谷にて1日限定レイトショー

Jホラーに新風を吹き込んだ『Not Found』シリーズの仕掛け人である気鋭、吉川久岳監督の新作『ひきこさんの惨劇』が、今夏、オーディトリウム渋谷で限定公開される。脚本を務めたのは、昨年『夜が終わる場所』でインディペンデント映画界を席巻した宮崎大祐。2011年、東日本大震災の余波のなかで企画が持ち上がり、幾度かの中断を挟んで書き接がれたという本作に、両人は如何なる思いを込めたのか?詳しくお話を伺った。(取材:後河大貴)

1234 5

吉川久岳監督吉川久岳監督――宮崎さんの脚本は総じて観念が強い印象がありますけど、吉川監督はそれを具体にしていく上で、どういう点に気を配られたんでしょうか?

吉川 脚本に関しては、何度か宮崎さんとやり取りするなかで、「面白いものになったはず」と手応えを感じていたんですが、正直、無茶苦茶不安ではありました。とにかく、予算とスケジュールが本当に過酷だったので……。スタッフより役者のほうが多いし、カメラは自分で回さなきゃならない、美術も用意しなきゃならない、かつ劇中のTwitterやUstreamをはじめ、出し映像まで自分で作らなきゃならないといった状況だったので。普通に成立したのが奇跡に近い(笑)フェイク・ドキュメンタリーって、今回のような低予算の場合、役者さんのお芝居しか撮るものがないんです。普通のドラマであれば、あまり面白くなくとも、ちゃんと撮っていけば体裁だけは整いますけど、フェイク・ドキュメンタリーって、もともと体裁なんてないようなものですから、面白くないと世の中に出せない代物になってしまう。だから、とにかく役者さんとのコミュニケーションを大切にして、時間の許す限りでキャラクターを掘り下げていきました。

――“怪怪ちゃんねる”の撮影クルー各々の造形が本当に真に迫っていて、とりわけAD役の女の子なんか、口調や立ち居振る舞いが本物のADさんそのもので、思わず前のめりで見てしまいました。どのように演出されたのか教えて頂けますか?

吉川 彼らは役者さんなので、撮影現場がどういったものかは知っていると思うんですが、とはいえ、クルーの目で眺めたことはないじゃないですか。だから、本読みとリハーサルをやった後に、劇中で使用する“怪怪ちゃんねる”の1回目のエピソードを撮る際に現場に来て貰って、クルーを演じて貰おう、と。で、実際に山奥まで一緒に行って、撮影クルーとして現場の動きを体験して貰いました。そういう共通の経験が一つあることが、過酷なスケジュールのなかで役を掴んで貰うにあたって、やっぱり利いてくると思うんです。それこそ、半ば騙したような感じですけど(笑)。

宮崎 あの限られた時間の中で。本編ではさらっとやっているように見えますけど、撮影条件を顧慮すると、あれだけの多人数を捌くだけでも非常に難しいですよ。普通もっと安っぽくなってしまって、成立しない感じになっちゃうと思います。そこは試写で見て感動しましたね。あと、AD役の女性は良かったですよね。僕、本作で1番好感が持てるキャラクターでした。好きになっちゃったかも。あの役は、直前で女性に変更しました、全体のバランスを考えて。当初はハーフの男性ADだったんです。

――陰惨な物語の中で(笑)彼女が居ることで、すっごく救われている感じがしました。

吉川 現実の“怪怪ちゃんねる”の放送では、かなり意図的に彼女を見切れさせているんですよ。カメラがパンすると映り込んじゃって、「あっ」って顔をしたりとか(笑)そうやって“怪怪ちゃんねる”を見ていて、時折出てくるスタッフが、本編でも出てくると嬉しいじゃないですか。そういう繋がりは、結構意図的に作ったりしています。

『ひきこさんの惨劇』10――今後も、“怪怪ちゃんねる”に投稿されたネタを本編に反映させつつ、“怪怪ちゃんねる”に本編のストーリーがフィードバックされるというようなサイクルでシリーズ化を……みたいな構想はあったりするのですか?

吉川 今やっている“怪怪ちゃんねる”のツイッターは、第一期のスタッフが逃げたり行方不明になっちゃったんで・・・・・・第二期のスタッフがやっています。で、今フォロワーが1000人強ぐらいいて、徐々に情報を小出しにしていって……それを、映画のほうにフィードバックできたら面白いとは思いますね。“怪怪ちゃんねる”は独立して、別の都市伝説を追って、また別のトラブルに巻き込まれる、みたいな設定だとシリーズ化もいけるんじゃないかと思いますけど。まあ、今回のDVDのセールがどこまで伸びるかによりますね。あと、8月2日にはオーディトリウム渋谷で1日限定の公開もありますので、是非足を運んで頂けたらと思います。

――最後に、吉川監督の今後の展望を教えて頂けますか?

吉川 2013年の3月から、Lamp. という映像制作会社をやっています。メンバーには山田洋次組の助監督をやってたり、配給会社で宣伝を手伝っていたりした平田という人間と、メジャー映画の制作畑にいた橋立という人間なんかがいるんですけど、今はVPとかCMがメインですね。ゆくゆくは自分たちでコンテンツを作りたい、という思いのもとで立ち上げた会社なんです。最終的には、そこを目指していきたいですね。

1234 5

( 取材:後河大貴 )

ひきこさんの惨劇 2013 / 日本 / 94分/ カラー
出演:吉川まりあ,鈴木祥二郎,川連廣明,松井功,落合孝裕,安亜希子,川籠石駿平,中野剛,芦原健介
監督・編集:吉川久岳
プロデューサー : 小田泰之 ライン プロデューサー : 古賀奏一郎
脚本 : 宮崎大祐 撮影 : 柿崎知也 メイク : 佐々木 愛 制作担当 : 湯澤靖典 監督助手 : 有馬志宏
製作・配給 : アムモ98 ©2013 amumo 98
公式

2013年8月2日(金)21:10~
オーディトリウム渋谷にて1日限定レイトショー

2013/07/20/22:45 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO