新作情報

2012年 ナショナル・ボード・オブ・レビュードキュメンタリー部門トップ5
サンンダンス映画祭審査員特別賞、ナンタケット映画祭最優秀ドキュメンタリー賞、
テルライド・マウンテン映画祭ディレクターズ・チョイス賞、ハーグ映画祭学生観客賞

アイ・ウェイウェイは謝らない

今という時代を伝える刺激的なドキュメンタリー――The New York Times
アイ・ウェイウェイに起こった“出来事”を目撃するライヴ感満載の1本――Variety誌

http://www.aww-ayamaranai.com/

2013年11月30日(土)より、
シアター・イメージフォーラムほかにて全国ロードショー!

INTRODUCTION

森美術館で開催された展覧会への来場者は46万人!
世界の美術館が展示を熱望する破天荒アーティスト
アイ・ウェイウェイの真実とは……

東京 森美術館、ロンドン テート・モダン、ブラジル サンパウロ・ビエンナーレ、ミュンヘン ハウス・デア・クンスト、錚々たる世界の美術館や国際展がこぞって展示を熱望する中国現代芸術家、アイ・ウェイウェイ。2008年華々しく開催された北京オリンピックのメイン会場として知られる、北京スタジアム“鳥の巣”の設計に参加した彼の作品に魅了されないキュレーターはこの世界にはいない。2009年、森美術館で開催された彼の個展“アイ・ウェイウェイ展-何に因って?”には約46万人もの来場者が訪れた。多くの人の心を打つ彼の作品のパワーは何か――。
『アイ・ウェイウェイは謝らない』 『アイ・ウェイウェイは謝らない』場面1

Who is アイ・ウェイウェイ?

その肩書き多数・・・現代美術家、建築家、キュレーター、文化評論家、社会評論家。様々なジャンルで活躍をしていた彼が、2011年4月3日、香港行きの飛行機に搭乗するために向かった北京首都国際空港で中国当局に拘束され、81日後の6月22日に保釈。なぜ、彼は拘留されることになったのか・・・。彼のアーティストとして生きる日々が、すべてを物語る。そして、軟禁の立場の中、140文字のツイッターで“発信”し続けたアーティスト アイ・ウェイウェイのパワーをあらゆるクリエイターに送る。 アメリカの新人監督アリソン・クレイマンが撮った彼のドキュメンタリーは北米を中心に話題になり、映画祭での上映にはじまり口コミで劇場公開にまで広がった本作が、いよいよ日本でも公開となります。

作品紹介

艾未未(アイ・ウェイウェイ)は中国随一の著名な現代芸術家であると同時に、最も声高な自国批判者である。中国の革命的な知識階級に生まれたアイ・ウェイウェイの経歴はしばしば、現代中国史の流れと平行する。2008年にオリンピック大会を糾弾したことで、彼は危険分子と目されるようになった。2008年5月の四川大地震における校舎倒壊と五千人以上の学童の死を調査したことにより、彼と中国政府の対立は決定的となる。

本作品は、アイ・ウェイウェイが四川での調査に着手し、政府の監視の目が厳しくなっていく2008年12年からスタートする。2009年8月には警察による深夜急襲に発展し、アイ・ウェイウェイは暴行を受ける。翌月、ミュンヘンで西洋における自身初の大規模個展を準備していたアイ・ウェイウェイは、脳外科緊急手術を受ける。この警察の蛮行の明確な証拠は、地震で亡くなった学童たちを追悼する9000個の通学カバンで作られた感動的なインスタレーション「追悼」(”Remembering”)と対比された。

『アイ・ウェイウェイは謝らない』場面2 『アイ・ウェイウェイは謝らない』場面3

地元警察の蛮行を告訴し、又、学童たちの死を調査するという、公私両面の正義追求のため、アイ・ウェイウェイは四川省の省都である成都を何度も訪れる。私服刑事たちの尾行と監視が終始つきまとう。時を同じくして、アイ・ウェイウェイの芸術家としてのキャリアは急上昇し、ロンドンのテート・モダンのタービンホールで新作を展示するという名誉ある依頼を受ける。

本作品には、初収録となるアイ・ウェイウェイの母親と弟とのインタビュー映像も含まれている。彼らはアイ・ウェイウェイの父親で現代中国を代表する詩人アイ・ウェイウェイ青(アイ・チン)が遺した影響や、父親が政治犯の嫌疑で新疆地方に追放され、中国の辺境で過ごしたアイ・ウェイウェイの青年期について語る。友人たちは、アイ・ウェイウェイが1980年代のニューヨークでボヘミアン的に過ごした10年と、90年代半ばの彼の北京帰還について語る。北京に戻ったアイ・ウェイウェイは、当時急成長中の前衛アートシーンを活性化したのだ。今日の中国で、アイ・ウェイウェイの家族は彼の安否を気遣う。母親は彼がアートに専念することを願っている。アイ・ウェイウェイは又、妻とは別の女性と関係を持った結果、52歳にして初めて父親となる。アイ・ウェイウェイの息子アイ・ウェイウェイ老(アイ・ラオ)の母親は、彼が息子の人生に大きく関わり続けることを願っている。

『アイ・ウェイウェイは謝らない』場面4 『アイ・ウェイウェイは謝らない』場面5

アイ・ウェイウェイは政府に挑み、芸術を生み出し続ける。2010年、アイ・ウェイウェイは手仕事で作られた磁器製のヒマワリの種一億粒をテート・モダンに敷き詰めるという大規模プロジェクトを実現する。種は、彼のこれまでの取り組みの総和と、大衆伝達・大衆参加の持つ力を象徴している。息子と、コラボレーションと創造力のシンボル一億粒――将来に対する希望に取り囲まれたアイ・ウェイウェイの姿で、映画はクライマックスを迎える。それから間もなく、中国は壊滅的な力で反撃する。2011年初めの全国規模の反政府者弾圧を背景に、アイ・ウェイウェイは自身の上海スタジオが無残に取り壊され、81日間、非合法的に身柄を拘束されるという事態に見舞われる。これらの劇的な事件により、アイ・ウェイウェイは以前に増して象徴的存在となる。アイ・ウェイウェイの反骨精神がいまだかつてない課題――自身の身柄解放に伴う厳しい諸条件をどう乗り切るか――に直面するところで映画は幕を閉じる。

C R E D I T

監督・撮影・共同編集:アリソン・クレイマン
編集:ジェニファー・フィンラン コントリビューティング・プロデューサー:コリン・ジョーンズ
音楽:イラン・イサコフ プロデューサー:アリソン・クレイマン、アダム・シュレシンジャー
製作総指揮:アンドリュー・コーエン、ジュリー・ゴールドマン、カール・カッツ
プロダクション・カンパニー:ネヴァー・ソーリーLLC
製作:ユナイテッド・エクスプレッション・メディア 製作協力:ミューズ・フィルム&テレビジョン
出演:アイ・ウェイウェイ 他 アイ・ウェイウェイに関わる様々な人々
2012年/アメリカ/91分/カラー/デジタル/ビスタ/5.1ch/中国語・英語
原題:Ai Weiwei: Never Sorry 日本語字幕:石田泰子/字幕監修:牧陽一
配給:キノ フィルムズ 宣伝:FTF 宣伝協力:フリーマン・オフィス
http://www.aww-ayamaranai.com/

2013年11月30日(土)より、
シアター・イメージフォーラムほかにて全国ロードショー!

アイ・ウェイウェイは語る [単行本] アイ・ウェイウェイは語る [単行本]
  • (著):アイ・ウェイウェイ, ハンス・ウルリッヒ・オブリスト
  • 発売日:2011/11/2
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
艾未未読本(アイウェイウェイどくほん) [単行本(ソフトカバー)] 艾未未読本(アイウェイウェイどくほん) [単行本(ソフトカバー)]
  • (著):牧 陽一, ふるまいよしこ, 麻生晴一郎 他
  • 発売日:2012/5/14
  • おすすめ度:おすすめ度5.0
  • Amazon で詳細を見る

2013/11/09/20:05 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO