インタビュー
吉倉あおい/『ゆるせない、逢いたい』

吉倉 あおい (女優)
映画『ゆるせない、逢いたい』について

公式

2013年11月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館 にて全国ロードショー

10代の男女の生まれたばかりの恋愛が、ふとしたすれ違いから“デートレイプ”という忌まわしい事件を招いて引き裂かれる。新鋭・金井純一監督の『ゆるせない、逢いたい』は、タイトルのとおりその被害者の少女の葛藤を描いていく作品であり、また日本では法律上できない被害者と加害者の「対話」への取り組みについて描こうということから発した作品ではあるが、感傷的な悲恋の物語でも、あまり語られないデリケートな事件そのものを取り上げる社会派映画でもなく、揺れ動く感情の綾と人と人とが向き合う姿をじっくりと追う、繊細で強靭なドラマとなった。混乱する心を抱えながら、自分を傷付けた男性への想いや娘を守ろうとする本能の塊のような母親とまっすぐ向き合うヒロインを演じたのは吉倉あおいさん。雑誌モデルや新進女優としてすでに同世代から高い人気を得ている吉倉さんにとって本作が初主演映画となるが、切望していた困難に立ち向かう女性の役を得て、完全にはつ実に同化し演じ切った見事な女優魂はお話からも感じられた。撮影時は役と同じ17歳ながら愛情の豊かさと毅然とした意志の強さを備えた吉倉さんの人間的魅力も映し出す本作を、ぜひスクリーンでご覧になってほしい。(取材:深谷直子

1 2 345

吉倉あおい2――はつ実役を演じるにあたって、役作りのためにこういう事件のことを調べたりはされましたか?

吉倉 調べてみたほうがいいのか、事件の関係者の方にお会いしてみたほうがいいのかということはいろいろ考えたんですけど、はつ実を演じるのは「役作り」ではないかな、そういう経験を聞いて、それを役に反映させて作っていくものではないかな、と思ったんです。監督とお話する中でも「会ってみようか」という話にはならなくて、そういうのを望んでいるわけではないんだなということを感じていました。この映画は順撮りの方法で撮っていて、気持ちの流れがすごく作りやすかったんです。ただ、他の人物との関係性というものはすごく大事に考えながらやりました。隆太郎に対してだったり親友のマリに対してだったりお母さんに対してだったり、どういう感情を抱いてこの人たちに関わっているのかということは考えて。それぐらいですね、クランクインの前に準備するというか、自分の中で考えたり監督に相談したりしたのは。

――事前にいろいろ準備をしているのではなくて、現場で役に身を置いて自分が体験するように演じていたからあんなに生々しい演技になったんですね。表情の移り変わりが読めない感じで、ニコニコ笑っていたかと思うと次は叫んだり、感情の揺れがすごく表れていたと思うんですけど、撮影しながら自然にそういう気持ちになって出てきたものなんですか?

吉倉 そうですね、監督からシーンの説明はありましたが、基本的に演技に対してあまりああしてほしい、こうしてほしいというのはなかったんです。役者から出たものを撮るというのが監督のやり方で、クランクインの前にも「出たものがOKならばOKって言うし、そうでなかったらこうしてほしいって言うから、僕がOKだって言ったら信じてください」と言われていたので、完全に監督を信じて頼り切っていた部分はありました。あと、順撮りで撮って、柳楽(優弥)さんとお母さん役の朝加(真由美)さんとマリ役の新木優子ちゃんといろんなものを感じていったというか、役柄を通しても役者同士としてもいろんなものを感じていて、現場での金井組のスタッフのみなさんもすごい愛情をかけてヘルプしてくださったので、撮影中はいろんな思いが込み上げてきて、そういうのもところどころに表れているのかなあと思います。

――大変な作品だっただけに、現場としても強く繋がって作り上げていったんですね。

吉倉 いろんな感情を知ることができる現場でしたね。

――初主演の吉倉さんのまわりを柳楽さんと朝加さんというベテランがしっかりと固めていて、キャスティングもよく考えられているなと思います。まず柳楽さんが演じた隆太郎は『誰も知らない』(04)を思い出すような辛い生い立ちを持つという設定で、詳しい説明はないけれど柳楽さんならではの存在感や重みのある演技を見せてくれたと思います。柳楽さんとの共演はいかがでしたか?

『ゆるせない、逢いたい』場面1 『ゆるせない、逢いたい』場面2吉倉 柳楽さんの表情や表現は、本当に心に沁み渡るというか……、いまだに忘れられない表情がたくさんあります。お芝居について二人で相談し合うことはなかったんですけど、お芝居の中で感じ取れるものがたくさんあって、いろいろ教えていただけたなと思います。

――付き合い始めた頃のお二人の会話だとかがとても自然でした。隆太郎の子ども時代の辛い体験を聞いたはつ実が彼を抱きしめる印象的なシーンは、現場で生まれたものとのことですが。

吉倉 そうですね、抱きしめるシーンは元々脚本にも書いていなくて、現場で「こうしてみようか」という形でできたシーンなんですけど、はつ実と隆太郎の思いがすごく伝わるシーンになったかなと思います。私もあのシーンの柳楽さんの表情がすごく印象に残るものだったし、撮影しながら「ここが山だぞ」ということを感じた、とても重要なシーンでした。

1 2 345

ゆるせない、逢いたい 2012年/日本/カラー/107分/
監督・脚本・編集:金井純一
出演:吉倉あおい、柳楽優弥、新木優子、原扶貴子、中野圭、ダンカン、朝加真由美
製作:細野義朗 共同プロデューサー:坂本雅司 プロデューサー:加藤伸崇、古賀奏一郎
撮影:清村俊幸  照明:石川欣男 録音:間野 翼 助監督:ジョン ヒジリ
音楽:吉田トオル 主題歌:「ライン」 Salyu 作詞・作曲・編曲:小林武史
制作プロダクション:シネグリーオ 宣伝:ブラウニー デザイン:秋山京子 製作・配給:S・D・P
© S・D・P/2013「ゆるせない、逢いたい」
公式

2013年11月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、
新宿武蔵野館 にて全国ロードショー

2013/11/15/18:42 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO