インタビュー
吉倉あおい/『ゆるせない、逢いたい』

吉倉 あおい (女優)
映画『ゆるせない、逢いたい』について

公式

2013年11月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館 にて全国ロードショー

10代の男女の生まれたばかりの恋愛が、ふとしたすれ違いから“デートレイプ”という忌まわしい事件を招いて引き裂かれる。新鋭・金井純一監督の『ゆるせない、逢いたい』は、タイトルのとおりその被害者の少女の葛藤を描いていく作品であり、また日本では法律上できない被害者と加害者の「対話」への取り組みについて描こうということから発した作品ではあるが、感傷的な悲恋の物語でも、あまり語られないデリケートな事件そのものを取り上げる社会派映画でもなく、揺れ動く感情の綾と人と人とが向き合う姿をじっくりと追う、繊細で強靭なドラマとなった。混乱する心を抱えながら、自分を傷付けた男性への想いや娘を守ろうとする本能の塊のような母親とまっすぐ向き合うヒロインを演じたのは吉倉あおいさん。雑誌モデルや新進女優としてすでに同世代から高い人気を得ている吉倉さんにとって本作が初主演映画となるが、切望していた困難に立ち向かう女性の役を得て、完全にはつ実に同化し演じ切った見事な女優魂はお話からも感じられた。撮影時は役と同じ17歳ながら愛情の豊かさと毅然とした意志の強さを備えた吉倉さんの人間的魅力も映し出す本作を、ぜひスクリーンでご覧になってほしい。(取材:深谷直子

123 4 5

『ゆるせない、逢いたい』場面4――はつ実は苦しい体験をして、隆太郎に対してタイトルにもあるように「ゆるせない」という感情を抱くわけですよね。愛情が深い分その打撃も大きいと思うんですが、演じていてどんな心の動きがありましたか?

吉倉 「どうして私だったの?」というセリフがあるとおり、事件が起こって彼にまた再会するまでに「どうしてこんなことになっちゃったんだろう、あのとき自分がああしたのがいけなかったのかな……」ということをずっと考えていて。ふと考えると涙が出てくるし、悔しいし、いろんな思いがワッと湧いてきたり、スッと感情が消えたり、はつ実と同じだったんじゃないかなと思います。「ゆるす/ゆるさない」とか「逢いたい/逢いたくない」とか言葉じゃないのかなって、考えていると訳が分からなくなってくるんです。「逢いたい」っていうこともいけないことのような気がするし、「ゆるす」っていうこともいけないことだと思うし、これをどうやって受け止めていいのか分からないよって思いながら演じていて、でも実際にそういう体験をされた方がどんな思いでいるかということを、映画の中で表現したいなと思いました。映画の最後、隆太郎と話し合いをして別れるときにはつ実が取る行動は、どんな気持ちだったのかなあと考えるといろいろ思うところはあるんですけど、被害に遭った方も事件を起こした方も苦しんでいる家族もたくさんいて、そこに関しては私がどういう気持ちでそのシーンに挑んだのかというのはインタビューで語ったりするのは止そうかなって思っていて。映画を観てそれぞれの方に感じてもらいたいなと、それで嘘なく伝わっているのだと思うので。

――そうですね。映画に描かれているはつ実の思いは、吉倉さんが自分で葛藤して辿り着いたのがこういう思いであったということで、それは人によっていろんなものになり得ることで。

吉倉 はい、いろんな感じ方があると思いますし、演じている人とは違う気持ちで捉えられていても、それはそれで作品が伝えたことだと思うので。私もいろんな映画を観て、2回目に観たら「こういう感じ方をする部分もあるのかな」ということが出てきたりしますし。映画のよさってそういう自由さなのかなあと思います。

――撮影では大変だったことはありました?

吉倉 録音部さんが大変なんだろうなと思ったんですけど、私は泣き出すと歩けなくなっちゃうんですよ。それを監督が「歩けー!」って言ってくれるんです。それを聞いて私は「ああ、歩かなきゃ」と思って歩いたり走ったりするんですけど、その監督の声を消すのが絶対大変だったろうなと思って。

『ゆるせない、逢いたい』場面5――(笑)。監督もつい夢中になってしまって。

吉倉 監督もやっぱりいろんな気持ちがこもって、背中を押すために言葉をかけてくれるんですけど、「声入ってるよね、大丈夫かなあ……?」って、そういうこともありました。

――金井監督もこれが初めての商業作品ですよね。

吉倉 そうですね、見る見るうちにやせていって、「はつ実になった気分だ」っておっしゃっていました。誰よりも繊細な方だったので、「ご飯食べてください」って何回か頼みました。

――(笑)。あと、吉倉さんは陸上部の選手役で、スラッとされているのでとてもハマっていましたが、実際にもスポーツはされているんですか?

吉倉 していないですね。中学のときから仕事をしていたので部活もやっていなかったし、小学校のときに地域のドッジボールチームに入っていましたけど、ドッジボールのセンスはなくて試合に出た記憶もないし。でも足だけは速くて、陸上部の選手役と聞いたときに「私できるな」と思いましたね。

――じゃあ思いっきり走っていたんですね。

吉倉 はい、でも撮影前に走り込んだりしましたけどね。やっぱり走るシーンはちょっとしんどかったです。

123 4 5

ゆるせない、逢いたい 2012年/日本/カラー/107分/
監督・脚本・編集:金井純一
出演:吉倉あおい、柳楽優弥、新木優子、原扶貴子、中野圭、ダンカン、朝加真由美
製作:細野義朗 共同プロデューサー:坂本雅司 プロデューサー:加藤伸崇、古賀奏一郎
撮影:清村俊幸  照明:石川欣男 録音:間野 翼 助監督:ジョン ヒジリ
音楽:吉田トオル 主題歌:「ライン」 Salyu 作詞・作曲・編曲:小林武史
制作プロダクション:シネグリーオ 宣伝:ブラウニー デザイン:秋山京子 製作・配給:S・D・P
© S・D・P/2013「ゆるせない、逢いたい」
公式

2013年11月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、
新宿武蔵野館 にて全国ロードショー

2013/11/15/18:44 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO