インタビュー
加藤行宏監督/『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』

加藤 行宏 (監督)
映画『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』について

公式

2014年1月11日(土)より、テアトル新宿にてレイトショー他全国順次公開

新鋭・加藤行宏監督によるアイドル・グループBiS(新生アイドル研究会)主演映画の続編『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』が間もなく公開を迎える。前作ではやむなき事情からアイドルを名乗ることになった女子たちがアイドルの研究を積みファンを掴むまでをホラーとアクションを交えて描き、BiSの過激で破天荒な魅力に迫りながら感動を呼ぶ痛快な作品になっていた。その後BiSはメジャー・デビューを果たして大ブレイク。絶頂の最中2014年に解散することを宣言し、アイドルの理想形を体現してしまうつもりらしい。そんな中作られたこの続編は、原発推進アイドルが大衆を操る恐怖のパラレル・ワールドをブラック・ユーモアたっぷりに描く前作以上の意欲作となり、アイドル界と日本映画界の殻を壊そうという二者のタッグは最強だとまたも思い知らされた。加藤監督にBiSの魅力を絶妙に引き出すストーリー作りや撮影法、原発問題というテーマに取り組んだ理由を語っていただいた。(取材:深谷直子)

12 3 45

加藤行宏監督2――そういう痛快さもありつつ、ストーリーとしてはかなり重いテーマを描いていますよね。前回はアイドルの闘いというか切磋琢磨のようなお話だったんですけど、今回はアイドルの影響力のようなものをテーマにして、こう来るのかと思いましたし、一段と世界が広がったなというのを感じましたが、この発想はどこから出たんですか?

加藤 原発を描けないかというアイディアがパッと浮かんで、原発に対する僕の中のイメージがアイドルに似ているなというところがあったんですね。原発という、でっかい柵に囲われる中では何が行われているか分からない、だけど広告とか宣伝とかですごくイメージをよくしている。「みんなの生活を豊かにしている」とかいうイメージ広告でいいイメージを与え続けていたんだけど、3.11をきっかけにして、いい見てくれの中で実はすごくドス黒いことが行われていて、要は嘘八百の偶像だったっていうことが分かった。そういうイメージがガラッと変わる瞬間というのがアイドルも似たようなものなんじゃないかって。アイドルもみんなに夢を与えている、印象いいように思われている、だけど内側から見てみると本当にドス黒い拝金主義だとか競争だとかの汚い現実があるっていう。アイドルと原発という二つは似ているなという印象が僕の中ではあって、この二つを一緒にしたものを描けないかということをシナリオを書いている中で漠然と思い付いて、だったら今地の底に落ちている原発のイメージをアイドルが助けているっていう設定で「原発推進アイドル vs. BiS」っていうお話を作ったらいいんじゃないのかなって。そういう発想でしたね。

――ダークな世界ですよね。アイドルも悪の片棒を担いでいるという。BiS自体もアイドルなので、この映画でそういうテーマを描くのは難しいことのようにも思えるんですが。

加藤 うーん、まあそうですね。でも実際僕自身アイドルを好きな人間ではないんですよ。だから引いた目でBiSとかアイドル・ブームを見れている分、なんかそういうアイドルの汚い部分に興味を持ってしまうんです。そういうところでお話を作りました。

――なるほど、全体的にもやっぱりフラットな感じがしますよね。反原発運動をしている人たちのことも、すぐにコロッと考えをひっくり返すような描き方をしていますし。

加藤 大飯原発のサウンドデモを見たときに遊んでいる印象を持っちゃって。「こいつらこれをずっとやり続けてるの?」みたいな。デモをやるという行為も流行であり、アイドルに夢中になるという行為に似ているなという印象が僕の中であって、そういうノリで社会に反旗を翻すという行為が上っ面的で本質を突いていないなっていう漠然とした違和感があって。社会的な正義というのが、「嫌な気持ちになるからそいつは悪」みたいな好きか嫌いかで成り立っているという価値観の希薄さを、この映画にはすごく入れていたなと思います。「原発再稼働はんたーい!」と言っていたのがエレクトリック★キスを見たら「かわいいから原発さんせーい!」みたいな、ノリで悪と正義の価値観が成り立っているというのが、僕の大飯原発のデモを見たときの印象だったんです。

『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』場面3 『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』場面4――そこに一言物申したいと。

加藤 というか「みんなこんなもんでしょ?」という。僕自身は原発反対は反対なんですけど、そういう社会的な価値観を決める誰しものきっかけは好きか嫌いかの希薄な価値観の上で成り立っている。その希薄な価値観を方向づけるツールとしてアイドルというのは結構使えるものなんじゃないかということを、誰しもが容易に思い付くと思うんですよ。となればエレクトリック★キスというのは現実に存在してもおかしくないキャラクターだと思うので、アイドルをテーマにする映画を作る上で、大衆の好きか嫌いかをコントロールすることができるアイドルを描きたい、それで『プロパガンダ大戦争』ができたのかなと今になったら思います。……すみません、考えながら喋ったのでごちゃごちゃしちゃって。

――いえ、本当に情けない人たちばかり出てくるんですけど、希薄な価値観で右往左往しているということを一貫して描いていたのだなということが分かりました。誰もが自己主張できる時代になってきたようでいて、多くの人は結局何かの影響を受けて踊らされているわけで、逆に閉塞していますよね。

加藤 オリンピックだってそうじゃないですか。どうでもいいですよ、あんなの。

――本当に目を覚まさないといけないですね。映画などでいろんな価値観があることに目を向けることが大事だなと思いますね。加藤監督にもがんばっていただきたいです。

加藤 そうですね。

12 3 45

アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-
出演:BiS(プー・ルイ,ヒラノノゾミ,テラシマユフ,ミチバヤシリオ),
三浦透子,柳英里紗,金子沙織(ex- バンドじゃないもん!),國武綾,大島葉子,三輪ひとみ,水澤紳吾
監督・脚本:加藤行宏|挿入歌・主題歌:BiS(avex trax)|企画:直井卓俊|プロデューサー:加藤行宏, 南陽
特別協力:強瀬誠(深谷フィルムコミッション) 製作:『IID2』製作委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS|カラーシネマスコープ|5.1ch|84分 © 2014『IID2』製作委員会
公式

2014年1月11日(土)より、テアトル新宿にてレイトショー他全国順次公開

2014/01/07/17:13 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO