インタビュー
加藤行宏監督/『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』

加藤 行宏 (監督)
映画「アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-」について

公式

2014年1月11日(土)より、テアトル新宿にてレイトショー他全国順次公開

新鋭・加藤行宏監督によるアイドル・グループBiS(新生アイドル研究会)主演映画の続編『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』が間もなく公開を迎える。前作ではやむなき事情からアイドルを名乗ることになった女子たちがアイドルの研究を積みファンを掴むまでをホラーとアクションを交えて描き、BiSの過激で破天荒な魅力に迫りながら感動を呼ぶ痛快な作品になっていた。その後BiSはメジャー・デビューを果たして大ブレイク。絶頂の最中2014年に解散することを宣言し、アイドルの理想形を体現してしまうつもりらしい。そんな中作られたこの続編は、原発推進アイドルが大衆を操る恐怖のパラレル・ワールドをブラック・ユーモアたっぷりに描く前作以上の意欲作となり、アイドル界と日本映画界の殻を壊そうという二者のタッグは最強だとまたも思い知らされた。加藤監督にBiSの魅力を絶妙に引き出すストーリー作りや撮影法、原発問題というテーマに取り組んだ理由を語っていただいた。(取材:深谷直子)

1234 5

加藤行宏監督3――BiSのみなさんは作品を観てどんな感想を言われていましたか?

加藤 『3』作りましょうって。

――もうそんな(笑)。ノリノリで。

加藤 言うのは簡単なんですけどね(笑)。 来年(2014年)解散すると告知しているんで、今のメンバーで撮って解散の日に公開しましょうよ、って(笑)。

――(笑)。本当に規格外ですよね。

加藤 そこが面白いんですけど……、でも、これからは本業の俳優さんと映画を作りたいです。

――そういう加藤監督の世界100%の映画も観たいですね。監督の作品はお話が面白くて。『善人』(11※)を最近観たんですけど、ショートショートみたいな凝縮された世界で、あれはすごいなあと思いましたね。

短編映画『善人』は、発売中の『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』DVDに特典映像として収録されている。

加藤 ああ、あれは3.11で撮影の予定が一旦流れたんですよ。映画を作るどころではなくなって。でもそれでまたモチベーションが湧いて、無理に計画停電の合間を縫ってやらせていただいたんですけど、僕の中で「不謹慎」っていう言葉、人が何か行動を起こすときに「それは不謹慎だ」とか言う、それがなんか狂気的なものに見えて、その気持ち悪さをホラー・テイストのお話として作れないかなっていうのが『善人』のきっかけだったんで、その場の気分で映画作ってたなあって(笑)。

――ああ、そういう勢いで。すごく真面目に思いを込めて撮られた作品なんですね。

加藤 真面目なんですよ、僕(笑)。くだらないとかよく言われますけど、本人は真面目です。だから「くだらねえ映画作りやがって」って言われると結構傷付くんです。「真面目に作ってるぞ俺!」って。まあくだらないですけどね。

――(笑)。今後はどんな映画を撮っていきたいですか?

加藤 SFをやりたいですね。低予算でもいいのでSFミステリーみたいなものを。円谷プロの「ウルトラQ」(66)とか、あとは塚本監督の『鉄男』(89)とかもSFだと思いますし、ああいうものを撮りたいです。今日本映画でSFって弱いじゃないですか。もしくは大作か。昔子供たちが観ていたような低予算SFっていうのを僕自身もやってみたいなと。安部公房さんとかすごく好きなんですよ。『砂の女』とか『』とか『密会』とか、そういうカフカ的なSFをやりたいなと。アイドル・イズ・デッド(Blu-ray Disc)アイドル・イズ・デッド(Blu-ray Disc)
監督:加藤行宏 出演:BiS 発売日:2014/01/08
Amazon で詳細を見る

――不条理な感じの。監督の昔の作品にも通じますよね。『善人』とかまさにそうですし。

加藤 みんななぜかゴリラが好きという(笑)。そういうのがSF的な要素だと思うんですよね。超人間的な、哲学的なものを踏まえたドラマ、ちゃんと娯楽を押さえた上での、そういうのを撮りたいなと思いますね。

――『アイドル・イズ・デッド』も理屈なしにワクワクする映画ですし、BiSを主人公にしたリアルとは違うけれどもあり得るかもしれないパラレル・ワールドで、やっぱりそういう持ち味が生きている作品だと思いますね。

加藤 リアルをそのまま描くんじゃなくて、リアルの根底にある1個の要素を顕微鏡で見つめるようなものを撮りたいですね。

( 2013年12月25日 テアトル新宿で 取材:深谷直子 )

1234 5

アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-
出演:BiS(プー・ルイ,ヒラノノゾミ,テラシマユフ,ミチバヤシリオ),
三浦透子,柳英里紗,金子沙織(ex- バンドじゃないもん!),國武綾,大島葉子,三輪ひとみ,水澤紳吾
監督・脚本:加藤行宏|挿入歌・主題歌:BiS(avex trax)|企画:直井卓俊|プロデューサー:加藤行宏, 南陽
特別協力:強瀬誠(深谷フィルムコミッション) 製作:『IID2』製作委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS|カラーシネマスコープ|5.1ch|84分 © 2014『IID2』製作委員会
公式

2014年1月11日(土)より、テアトル新宿にてレイトショー他全国順次公開

2014/01/07/17:15 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO