インタビュー
安部智凛/『華魂』

安部 智凛 (女優)
映画『華魂』について

公式

2014年1月18日(土)より、新宿K's cinemaにてレイトショー他全国順次公開

いじめ、体罰、そしてレイプ。映画『華魂』は社会の縮図のような学校という密室に渦巻く暴力を、その鬱屈がついに爆発したときに訪れる真の恐怖を、エロスと狂気の巨匠・佐藤寿保監督が世界観を炸裂させて描いた異色の学園ドラマだ。桜木梨奈、島村舞花という若い女優の体当たり演技にも惜しみない拍手を贈るが、子どもたちの戦場で嬉々と悪ふざけするような飯島大介や諏訪太郎ら名バイプレイヤーの変態演技にも大人の異常さを見て震撼した。そして子どもと大人のどちらからも浮くような潔癖症の若い女教師がタガを外す、そのときが惨劇の予兆だったのかもしれない……。そんなドラマの鍵とも言える西沢役を演じたのは、故・若松孝二監督作品の常連であり、このところ活躍めざましい安部智凛さん。とてもお話を聞いてみたい方だったのだが、低いトーンでマシンガンのように若松監督やそれに負けず劣らずの佐藤監督への敬愛、『華魂』のこと、ご自身の哲学までを、笑いと情と毒もたっぷりに繰り出してきて、演じることの多い一途なキャラクターそのままのようなお人柄にますます魅了された。ショーモデル出身でストイックさと繊細さも持ちながら、ギラギラした強烈な作り手たちと映画の世界に生きる安部智凛さんの魅力、そしてこんな異能が集結した映画『華魂』が、ぜひ多くの方に届くことを願ってやまない。(取材:深谷直子)

12 3 456

『華魂』場面2――あそこは教室中で乱交のようなことが繰り広げられてすごかったですね。もうカオスで。

小林 あれはワンカットで撮っているんですよ。

安部 もう長回しで血糊はすごいし。

――撮影の芦澤(明子)さんがさすがに食らい付いていってるなあという感じで。ピンクや黄色の照明も強烈なんですけど、その場が本当に異様な感じになってしまっているんだろうなと思いました。

小林 そうですねぇ。あれテストはしたんだっけ?

安部 テストは……、しましたね。私がやり直しをしたのもあり、1回かな。ワンシーンワンカットなんですけど、それを3回ぐらい回しましたし。最後のいじめグループの女の子たちのスプラッターのところはもちろんぶっつけ本番ですけど。あれはやり直しができないので。

――ああ、モップを刺したり目玉を……。あれは怖かったですね。見ていられませんでした。

安部 見なきゃダメです!!見なきゃ!!

――(苦笑)。いや、見ました、見たんですけど、もう本当に悶絶しながら……。DVDで拝見して助かったようなもったいなかったような。

安部 まあ私も目玉のシーンは現場で見てて「わあ……」みたいな感じでした(笑)。メイクするところから見ているのでうまくできてるなあとも思いましたけど。試写室でもあのシーンだけは某映画ライターの男性も下を向いていましたね(笑)。見てほしいんですけどね。また『女虐』(96)と同じことをやっているというのを。

――過去の作品でもそういうシーンがあったんですか?

安部 『女虐』っていう作品でも、林由美香さんだったかな? 目玉をフォークで突き刺すというシーンがあって、私もそれは見られなかったんですけど、あれに比べたら『華魂』はソフトですよ(笑)。

――あれでソフトですか。

小林 最近のスプラッター映画に出てくる残酷な描写って、30年前に佐藤監督がやっているんですよ。自分の手を天プラにして揚げたりとか(笑)。

安部 それは本当に美味しそうなんですよ。林由美香さんがやっぱりすごく上手なんですけど、自分の手を天プラにして、感じながらどんどん食べていっちゃうんです。それが美味しそうで自分もやりたくなっちゃうんですよ(笑)。そこは痛々しくはないんですけど、目玉は痛かったなあ……。『女虐』は本当にすごいです。

小林 阿部サダヲさんの初主演映画ですよ、恐らく。

安部 阿部サダヲさんは確か学生の役で、お母さんのお腹を裂いて中に入っちゃうんですよ。近年の寿保監督の『乱歩地獄・芋虫』(05)でも浅野忠信さんが同じことをやっていますよね。監督の中で繰り返し描くこだわりのイメージがあるようです。でも最近の作品はおとなしいから昔の作品のほうが面白いんじゃないかと私は思っていて、久々に『華魂』で血まみれが復活じゃないかなと。

――そうですね、最近の佐藤監督の作品では『名前のない女たち』(10)がとても好きだったんですが、あれは普通に感動する作品でしたもんね。あ、でもあの作品も最後はスプラッターになりますよね。

『華魂』場面3 『華魂』場面4小林 ええ、やっぱりそういうの好きなんですよ、佐藤監督は。

――『華魂』もストーリーとしてはすごく骨のある作品で、しかも残虐描写も容赦がないという。

安部 全体的に痛々しいんですけど、女子高生が肉体的にここまで痛めつけられるというのが……、私が女性だから痛みを想像してしまうのもあるんでしょうけど、怖かったです。

――あの生徒役の女優さんたちは辛かったと思います。学校を舞台に、覚悟のある思い切った作品ですよね。

小林 ホラーとかスプラッターとかいうジャンル分けをしてほしくないんですけどね。

安部 寿保監督いわく青春映画らしいんですけどね。

――ああ、でも私青春映画だと思いますよ。確かに壮絶ですが、ここまで我慢をする子たちの苦しみや、ついに爆発させる思いの激しさや美しさが表れているなと。とても感動しました。

安部 そう言ってくれる方がいてよかった(笑)。ホラーだと思って観てしまう方が多いので。

12 3 456

華魂 2013年/日本/カラー/HD/106分
監督・原案:佐藤寿保 プロデューサー:小林良二 協力プロデューサー:矢島仁
脚本:いまおかしんじ 撮影:芦澤明子 照明:御木茂則 音楽:大友良英
編集:橋口卓明 録音:西山秀明 特殊造形:鶴岡瑛子 助監督:岡元太
出演:桜木梨奈,島村舞花,浅田駿,中村映里子,伊藤マサヨ,丸山明絵,近藤ゆき,泊帝,飯島大介,今泉浩一,安部智凛,諏訪太朗,不二稿京
共同研究:東京工芸大学 制作・配給:渋谷プロダクション © 華魂プロジェクト
公式

2014年1月18日(土)より、
新宿K's cinemaにてレイトショー他全国順次公開

2014/01/14/19:53 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO