インタビュー
安部智凛/『華魂』

安部 智凛 (女優)
映画『華魂』について

公式

2014年1月18日(土)より、新宿K's cinemaにてレイトショー他全国順次公開

いじめ、体罰、そしてレイプ。映画『華魂』は社会の縮図のような学校という密室に渦巻く暴力を、その鬱屈がついに爆発したときに訪れる真の恐怖を、エロスと狂気の巨匠・佐藤寿保監督が世界観を炸裂させて描いた異色の学園ドラマだ。桜木梨奈、島村舞花という若い女優の体当たり演技にも惜しみない拍手を贈るが、子どもたちの戦場で嬉々と悪ふざけするような飯島大介や諏訪太郎ら名バイプレイヤーの変態演技にも大人の異常さを見て震撼した。そして子どもと大人のどちらからも浮くような潔癖症の若い女教師がタガを外す、そのときが惨劇の予兆だったのかもしれない……。そんなドラマの鍵とも言える西沢役を演じたのは、故・若松孝二監督作品の常連であり、このところ活躍めざましい安部智凛さん。とてもお話を聞いてみたい方だったのだが、低いトーンでマシンガンのように若松監督やそれに負けず劣らずの佐藤監督への敬愛、『華魂』のこと、ご自身の哲学までを、笑いと情と毒もたっぷりに繰り出してきて、演じることの多い一途なキャラクターそのままのようなお人柄にますます魅了された。ショーモデル出身でストイックさと繊細さも持ちながら、ギラギラした強烈な作り手たちと映画の世界に生きる安部智凛さんの魅力、そしてこんな異能が集結した映画『華魂』が、ぜひ多くの方に届くことを願ってやまない。(取材:深谷直子)

123 4 56

『華魂』場面5 『華魂』場面6――3人が「血の誓い」をするシーンとか、そのあとの教師の顔を描いたサンドバッグを思いっきり殴るシーンとかすごく好きで、もう純粋に胸が熱くなりましたね。ああいうのも女の子ばっかりというのはありますけど、男の子が入っているというのがまた切ないような、今的なような感じがして、よかったです。

小林 脚本のいまおか(しんじ)さんのアイディアが大きいです。意外といまおかさんのそういう部分が今回の映画のアクセントになっているという気がしますね。

――いまおかさんも『苦役列車』(12)で一般作品の青春映画も書かれましたもんね。

小林 この映画の完成披露試写でまさかあんなに笑い声が起きるとは思っていなかったです。コメディ映画という声も上がりました。

――どんなところで笑いが起こりました?

安部 私と不二縞さんのシーンとか、パンチラのところとか。私は草切り鎌のところが好きなんですけど、あそこでは笑わないんですよ。切られたあそこが当たって目を覚ますところとか大好きなのに誰も笑わなくて。

小林 あれは渋谷プロダクションの屋上で撮ったんですよ。ロケができる場所がなくて、ちょっと学校っぽく見えるので。

――そうなんですか。屋上のシーンもたくさん出てきますが、全部をここで撮ったわけではないですよね?

小林 あとは東京工芸大学です。佐藤監督の母校の。佐藤監督世代のインディーズ映画を作っていた人たちは、山本政志さんもそうだし諏訪敦彦さんもそうだし、激しいですよ、映画作りが。今の監督は本当に予算の中で作ろうとしていておとなしいですけど、1億円ぐらいかかる台本を300万円ぐらいで作ろうとする人たちなのでクレイジーですよね。縦社会で監督と助監督と言ったら奴隷のような関係の中で、やっぱり現場は相当大変ですよね。

安部 私も自分で衣装を用意しました。衣装合わせのときは寿保監督は助監督さんを怒ってました。「ハイヒール用意しろって言っただろー!」って。でも助監督さんは慣れてるみたいで聞こえないふりしてて(笑)。ああ、これは私が用意するしかないな、迷惑かけられないなって。

小林 こっちで用意したのは着なかったんだっけ?

安部 着ました。乱交シーンの白いスーツはAVの制作会社からお借りしたのかな。でもあとは自前ですね。ハイヒールとかすごくこだわってて、用意したのに映ってない、みたいな(苦笑)。

――え~、映ってないんですね……。

安部 でもまあハイヒールはそのあとオーディションで履いたり、宣材写真の撮影とか、インタビューとか、もう4、5回は活用したから元は取れたかな。網タイツとガーターベルトはそれ以降まったく使ってないので、知り合いの男性役者さんにあげちゃおうかな……。

――男性なんですか(笑)。やっぱりみなさん大変なんですね。

安部 昔ながらの映画作りという感じですね。まあ寿保監督も苦労したんだろうなあ。でも、だから上の人を立てるというか、自分の師匠に対しては礼儀をわきまえている。当たり前かもしれないけど礼儀を重んじる方です。

小林 後輩もすごく可愛がりますしね。僕は1回新宿ゴールデン街で、佐藤監督が師匠と後輩をかばって掴み合いの喧嘩を繰り広げるのに居合わせたんですよ。ゴールデン街って40年前ぐらいはそういうのがよくあったというのを話には聞いていたんですけど、目の当たりにするとは思わなくて、あれにはうろたえましたね……。

安部 今もそういう方がご健在というのは嬉しいんですけど、すごいですよね。本当に情熱的な方で、お酒を飲むと止まらなくなります。私が印象に残っているのは、寿保監督と出会ったばかりのころに、私がミッション系の大学を出ているということを聞いたからだと思うんですけど、「キリストの十字架なんてへし折るぐらいの気持ちで役者をやらなければダメだ!」と言われて返事に困ったことがあります(笑)。十字架は例えで出したんでしょうけど、「真剣に生きなきゃダメだ!」とか叩かれて。絶対覚えていないですけどね。

123 4 56

華魂 2013年/日本/カラー/HD/106分
監督・原案:佐藤寿保 プロデューサー:小林良二 協力プロデューサー:矢島仁
脚本:いまおかしんじ 撮影:芦澤明子 照明:御木茂則 音楽:大友良英
編集:橋口卓明 録音:西山秀明 特殊造形:鶴岡瑛子 助監督:岡元太
出演:桜木梨奈,島村舞花,浅田駿,中村映里子,伊藤マサヨ,丸山明絵,近藤ゆき,泊帝,飯島大介,今泉浩一,安部智凛,諏訪太朗,不二稿京
共同研究:東京工芸大学 制作・配給:渋谷プロダクション © 華魂プロジェクト
公式

2014年1月18日(土)より、
新宿K's cinemaにてレイトショー他全国順次公開

2014/01/14/19:54 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO