インタビュー
「ほとりの朔子」/深田晃司監督、二階堂ふみ、杉野希妃

深田 晃司 (監督)
二階堂 ふみ (女優)
杉野 希妃 (女優・プロデューサー)
映画「ほとりの朔子」について

公式

2014年1月18日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

深田晃司監督の「ほとりの朔子」は東京国際映画祭の試写が初見だった。観ている間中、とても楽しんだし深田さんが次にこういう作品を撮るとは思わず嬉しい驚きでもあった。映画に脱原発の集まりが出てくるが首相官邸前の脱原発抗議に初めて行ったのは深田さんとだった(2011年初夏に観に行った映画の後の集まりで一緒になり帰る方向も同じで、その日おこなわれた首相官邸前の脱原発抗議に共に行こうと思っていたので一緒に行った)。宣伝も作り手自らがやっていて、その心意気も含めて公開時には是非インタビューしたいと思った。インタビューは深田さんに加えて主演の二階堂ふみさんとプロデューサー&出演の杉野希妃さんも交えて外国人記者クラブの記者会見前に行った。(取材:わたなべりんたろう)

123 4 5

『ほとりの朔子』場面5――二階堂さんから見て太賀くんは現場ではどうでしたか?

二階堂 最高ですね!わたしは好きな役者さんは多いですけど同世代の役者さんではすごいと思ったのは2人しかいないんです。素敵だなって思う人はいてもすごいと思う人ってなかなかいない。それが太賀くんと染谷(将太)くんだけで、その2人だけです。太賀くんはあ、うまいなって思いましたし、現場での佇まいとかも役者でした。自分の役だけに集中するのも素晴らしいと思うんですけどやっぱり現場の空気を読んで動ける人ってすごいなって思います。

深田 ここにいない太賀くんの話ばかりするのもあれなんですが、太賀くんは今の話聞いて現場の空気を読む俳優さんとして共演者の人とうまく化学反応しながら、とても真剣に役作りするということがバランスよく両立できてる印象ありましたね。クランクインする二日前に太賀くんから着信があってなんだろうと思ったら『今僕福島にいるんですけど孝史って出身どこですか?』って『えっ?今福島にいるの?』ってその場で『南相馬かな』ってことを言ったんです。内心福島いく前に一報してから言ってよと思ったんですが(笑)。避難者の役なので、いきなり福島行くっていう。

――責任があるというか。

深田 それがあの若さでできるってすごいなって。現場入ったら役作りでガチガチなわけでもなく、太賀くんの良さがそのまま演技で出せているんです。

二階堂 多分、役者としてそれを役作りとしてやってないから当たり前なんですよね。

杉野 当然のこととしてやっている。

二階堂 わたしが役作りって言葉があまり好きじゃないからかもしれないんですけど見た目に映る何かを作り込むのは役作りと言うかもしれないけど内心って作り込めるものじゃないから。今の話だって太賀くんだからできたことだと思うし。太賀くんじゃなかったら他の違う人が福島に言ってもきっと感じれないことはあったから、太賀くんだからかなと映画を見ていて感じましたね。ふとした拾い方がベテランなんですよ。例えば、目の前にあるこれをちょっと動かすことに意味があるとしたら、それをすぐに拾える人ってなかなかいない。そういう細かいところまで神経効かせてる人ってなかなかいないなって。

深田 でもそれは二階堂さんもそうでしたけどね。やっぱり二階堂さんと太賀くん、あるいは古舘さんと鶴田さんの共演とか見てるとやっぱり反射神経と言うかカメラの前で役になりきるというか、カメラの前で役が起きてるなという感じで。

奥田瑛二監督2杉野 わたしが強く印象に残ったのは花火のシーンですね。花火をしながら朔子が孝史に『頑張れよ』というシーンがあるのですが、それが撮影最終日の最後のシーンで本当にラストカットだったんです。あれを実際に見ながら興奮したんですよね。朔子は複雑な思いがあって、孝史はそれに気づいてるんだか気づいてないんだか分からないけど、その二人の微妙な関係性が花火によってそして後ろ姿と横顔によって表現されているという奇跡が生まれた瞬間でした。まさにラストにふさわしいシーンだったかもしれない。

二階堂 あのシーンですごい覚えているのは近くにすごい騒いでる若者たちがいて男性スタッフが結構いたのに怖がって行かないんです。女性のメイクさんが『わたしが行きます』とか言って向かって行ったんです。そうしたら監督が『僕も行こうかな』と言って『いやいやあなたはいてくださいよ』っていう(笑)。

杉野 男性は現場にいなきゃいけないと思ったんでしょうね(笑)。

二階堂 何で男性スタッフはビビってんだろうなあって。

深田二階堂杉野 (笑)。

――これは世に出していいエピソード?

二階堂 騒いでいた若者たちはいい人たちで話を聞いて結局静かにしてくれたっていう話だからいいんじゃないかなあ。

123 4 5

ほとりの朔子 2013年/日本・アメリカ合作
監督・脚本・編集・コプロデューサー:深田晃司 プロデューサー:杉野希妃
脚本:深田晃司 撮影:根岸憲一 音楽:Jo Keita
出演:二階堂ふみ,鶴田真由,太賀,古舘寛治,大竹直,小篠恵奈,杉野希妃
エグゼクティブプロデューサー:小野光輔,足立誠,宮田三清,奥山和由
コエグゼクティブプロデューサー:依田康,田中友梨奈,深澤研,深田洋功,疋田賢司,平野昭宏
アソシエイトプロデューサー:四宮隆史
製作:Sakuko Film Partners 製作・配給・ワールドセールス:和エンタテインメント © sakuko film partners
公式

2014年1月18日(土)より、
シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

2014/01/16/22:24 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO