映画祭情報&レポート

「PFFアワード2014」作品募集!

http://pff.jp/jp/award/entry/

受付期間:2月3日(月)~3月25日(火)※当日消印有効
第36回PFFは、2014年9月開催予定!

自主映画の歴史と共に歩んできたPFF。
35回の映画祭を通して、100人以上のプロの映画監督を輩出してきた秘訣は真摯な作品審査

『PFFアワード2013表彰式』PFFアワード2013表彰式 スタートは1977年。森田芳光監督や石井聰亙監督らが登場した「個人映画」と呼ばれた8mmフィルム作品時代から、近年のエンターテインメント性の高いデジタル作品まで、約2万本におよぶ自主映画の審査を行ってきたPFF。いつの時代も変わらず「映画の新しい才能」を発見すべく、常に最良の方法を模索しながら作品審査を行ってきました。その結果、「PFFアワード」から現在の日本映画界を牽引する、個性溢れる映画監督たちが誕生しています。

「PFFアワード」主な入選監督 ※入選年順
黒沢清(『Seventh Code』)、園子温(『地獄でなぜ悪い』)、橋口亮輔(『ゼンタイ』)、
塚本晋也(『KOTOKO』)、矢口史靖(『WOOD JOB』)、
中村義洋(『白ゆき姫殺人事件』)、熊切和嘉(『夏の終り』)、
李相日(『許されざる者』)、荻上直子(『レンタネコ』)、
内田けんじ(『鍵泥棒のメソッド』)、石井裕也(『舟を編む』)

現在、PFFでは「1作品をセレクションメンバー最低3名が、途中で止めることなく完全に見る」というルールのもと審査を実施。毎年500本を超える応募作品を、1秒も見逃すことのないよう、真摯に作品審査に臨んでいます。

世界の映画関係者も注目!PFFと海外映画祭との交流

『「山守クリップ工場の辺り」@バンクーバー国際映画祭』「山守クリップ工場の辺り」@バンクーバー国際映画祭世界中の観客や映画人との出会いを求めて、海外映画祭への作品出品を積極的に進めている点も、PFFの大きな特長の一つです。カンヌ、ベルリン、トロント、バンクーバー、ロカルノ、ロッテルダム、釜山など、これまでに135作品を世界の264の映画祭に出品してきました。
2013年の入選作『山守クリップ工場の辺り』が、バンクーバー国際映画祭でグランプリを受賞するなど、輝かしい実績も残しており、近年では海外の映画祭ディレクターやプログラマーにとって、PFFは「日本では必ずコンタクトする場所」となっています。

早稲田大学大学院で映像製作を学ぶ

希望者の中から若干名が、「早稲田大学大学院国際情報通信研究科」に推薦入学でき、2年間、最新設備の中で映像製作について学ぶことができます。

誰でも、どんな作品でも応募可能!

フォーマット・上映時間・年齢など一切の制限がなく、誰でも、どんな作品でも応募可能です。

「PFFアワード2014」入選作品は本年9月に東京で開催予定の「第36回PFF」でお披露目され、全国のPFF開催会場で上映されます。
応募方法は公式サイトをチェック!【作品募集ページ】http://pff.jp/jp/award/entry/

http://pff.jp/jp/award/entry/

受付期間:2月3日(月)~3月25日(火)※当日消印有効
第36回PFFは、2014年9月開催予定!

舟を編む 通常版 [Blu-ray] 舟を編む 通常版 [Blu-ray]
  • 監督:石井裕也
  • 出演:松田龍平, 宮あおい, オダギリジョー, 黒木華, 渡辺美佐子
  • 発売日:2013/11/08
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る
地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD] 地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]
  • 監督:園子温
  • 出演:國村隼, 二階堂ふみ, 友近, 長谷川博己, 星野源
  • 発売日:2014/03/12
  • おすすめ度:おすすめ度5.0
  • Amazon で詳細を見る

2014/01/28/18:38 | BBS | トラックバック (0)
NEWs ,映画祭情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO