特集上映案内
ラピュタ阿佐ヶ谷
ラピュタ阿佐ヶ谷情報トップページ

ラピュタ阿佐ヶ谷特集

AVANTGARDE百花繚乱
挑発:ATGの時代

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/atg/

2014年3月9日(日)~4月26日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催

昭和の銀幕に輝くヒロイン第72弾 北原三枝21世紀を謳歌する若者たちよ!良質異色アートフィルム、ATG作品に目覚めよ!!日本映画史に革新的な名作・珍作を残した映画会社日本アート・シアター・ギルド(通称ATG)。今回ラピュタ阿佐ケ谷では「AVANTGARDE百花繚乱/挑発:ATGの時代」と題して、日本映画界に燦然と輝く功績を残す名匠たちが”撮りたいものを撮る”ために独立製作し、アートシアター「新宿文化」を拠点として若者文化に旋風を巻き起こした60〜70年代の29作品を特集上映いたします。
ATGといえば新宿!大島渚監督『新宿泥棒日記』は1960年代末のカオス新宿を舞台に、横山リエ、唐十郎、紀伊国屋書店の社長と異色キャストが登場するフェイクドキュメンタリー。特集の目玉作品、熊井啓監督『地の群れ』は、“原爆”“差別”問題に対する世間の傍観者的意識の罪深さに訴えかける骨太な衝撃作。徹底した人間暴力の残虐性を告発する映像描写は、観客を身震いさせ、人生観をも揺るがすこと間違いなしです。
また、名優・佐藤慶がヤクザとデカの二役で、演技の底力を見せつける黒木和雄監督『日本の悪霊』。岡本喜八監督が自身の戦争体験の意味を追求した『肉弾』は、戦争とは祖国とは終戦とは何だったのかフィルムを通して語りかける傑作。ホロ苦い青春の一幕にときめく羽仁進監督『初恋:地獄篇』は素人役者を起用した独自の即興的演出法で少年少女の深層心理に迫ります。
さらに、グロテスクな珍芸で人気を得た落語家の窮極芸におののく『鬼の詩』、美輪明宏が麗しい男装で登場、緑魔子をはじめ豪華キャストでお送りする爆笑ミュージカル・ミステリー『日本人のへそ』は井上ひさし原作。若松孝二監督、”性と革命の映画”『天使の恍惚』はATG作品の中で最も過激と騒がれた超弩級の問題作です。その他、松本俊夫、実相寺昭雄、吉田喜重、新藤兼人、森崎東と名匠渾身の作品をお届けいたします。
アナーキーでセンシティブ!タブーにさえも果敢に切り込む!アバンギャルドな芸術映画ATG特集にご期待ください。

【上映作品】
新宿泥棒日記』(1969年/大島渚監督) 『おとし穴』(1962年/勅使河原宏監督)
初恋:地獄篇』(1968年/羽仁進監督) 『人間蒸発』(1967年/今村昌平監督)
彼女と彼』(1963年/羽仁進監督)※16mm 『北村透谷 わが冬の歌』(1977年/山口清一郎監督)
とべない沈黙』(1966年/黒木和雄監督) 『心中天網島』(1969年/篠田正浩監督)
鴎よ、きらめく海をみたか めぐり逢い』(1975年/吉田憲二監督)
エロス+虐殺』(1970年/吉田喜重監督) 『日本の悪霊』(1970年/黒木和雄監督)
鬼の詩』(1975年/村野鐵太郎監督) 『鉄砲玉の美学』(1973年/中島貞夫監督)
河 あの裏切りが重く』(1967年/森弘太監督) 『祭りの準備』(1975年/黒木和雄監督)
地の群れ』(1970年/熊井啓監督) 『煉獄エロイカ』(1970年/吉田喜重監督)
薔薇の葬列』(1969年/松本俊夫監督) 『無常』(1970年/実相寺昭雄監督)
鉄輪』(1972年/新藤兼人監督) 『正午なり』(1978年/後藤幸一監督)
竜馬暗殺』(1974年/黒木和雄監督) 『肉弾』(1968年/岡本喜八監督)
青春の殺人者』(1976年/長谷川和彦監督) 『君はいま光のなかに』(1978年/吉田憲二監督)
日本人のへそ』(1977年/須川栄三監督) 『津軽じょんがら節』(1973年/斎藤耕一監督)
少年』(1969年/大島渚監督) 『天使の恍惚』(1972年/若松孝二監督)

料金
一般…1,200円、シニア・学生…1,000円、会員…800円 ※水曜サービスデー…1,000円均一
●各回定員入れ替え制 ●上映開始後10分を過ぎての入場は不可。
●午前10時15分より当日の全回分の整理番号付き入場券を発売。 ●定員48名になり次第、締め切り。
●作品により画像、音声が必ずしも良好でない場合があります。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/atg/

2014年3月9日(日)~4月26日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催

atg 寺山修司ブルーレイBOX(Blu-ray Disc) (1971) atg 寺山修司ブルーレイBOX(Blu-ray Disc) (1971)
  • 監督:寺山修司
  • 出演:佐々木英明, 菅貫太郎, 山崎努
  • 発売日:2013/04/24
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
ATG映画を読む―60年代に始まった名作のアーカイブ (ブック・シネマテーク) [単行本] ATG映画を読む―60年代に始まった名作のアーカイブ (ブック・シネマテーク) [単行本]

2014/02/25/11:15 | BBS | トラックバック (0)
ラピュタ阿佐ヶ谷 ,NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO