インタビュー
河井青葉/『私の男』

河井 青葉 (女優)
映画「私の男」について

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2014年6月14日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開!

(取材:深谷直子)

河井青葉3――脇の一人ひとりも、小説よりももちろん出番的にすごく縮小されてはいるんですが、見どころになる部分が与えられて生々しかったですね。モロさんが演じた田岡にしても、高良健吾さんが演じた美郎にしても。

河井 熊切監督の愛を感じるところは、小さな役でも拾ってくれるというところで。どの役にもその人の人生があるわけで、1本の映画で脇役の人生をみんな見せるわけにはいかないけれども、そういうところをすごく汲み取ろうとしているんだと思います。もう私はどの役もみんな好きで。

――そうですね、どの役からもサイド・ストーリーが作れそうなというか、あとあとまで思いを馳せてしまうような余韻が感じられますよね。

河井 撮影中もカメラの横からとてもよく見ていてくださるんです。単なるキャラクターではなく、例え一瞬しか出なくてもその人にも人生がある、本当にその人が生きているということが伝わるように撮ってくださる。素晴らしい現場でしたね。

――一瞬しか映っていない太った小町を演じるために河井さんが実際に太ったというのも、そういうことなんですね。淳悟と別れたあとの小町の人生を見せるために必要だからこだわったんだなあと。

河井 ……原作ではあのあと小町どんどん太っていっちゃって、ドアにも入れないぐらいに太ってるって書いてあって。怖い(笑)。

――あれは映画でやったらコメディですよね(笑)。

河井 個人的には演じてみたかったです。花とのさらなる対決。そうすると階段落ちもやらなきゃいけないなと(笑)。

――桜庭一樹さんもまあ残酷なというか(笑)、元々原作も好きだったんですけど、本当にただならぬ傑作でした。桜庭さんにはお会いされたんですか?

河井 はい、試写のときに一度。

――何か言ってくださいました? 小町役について。

河井 「すごく共感できる女性になってよかったですね」ということをおっしゃってました。観客目線では唯一共感できる、普通の感覚を持っている役になったと思っているので、そう見ていただけてよかったなと思いました。

――大変な役だったと思いますが、本当に河井さんが体現することで素晴らしい小町が生まれたと思います。河井さんご自身のことも伺いたいんですが、河井さんは今回の熊切監督のようなベテラン監督の作品から、インディー系の作品でもすごく活躍されていますよね。とても注目している女優さんだったので今回取材させていただけて嬉しく思っています。元々はモデル出身ですが、女優も志望されていたんですか?

河井 昔はそうでもなかったですね。でも映画は好きで、モデルの仕事を少しして、そこから女優になりたいなと思って始めたのは自分の意志です。デビュー作は「エロス番長」シリーズの『ともしび』(04)という作品で監督は吉田良子さんです。

――その作品は観ていないんですが、「桃まつり」での作品を観ました。女性監督の作品にいろいろ出ていらっしゃるなという印象で。

『私の男』場面11 『私の男』場面12河井 「桃まつり」には3回参加して、そのうちの1本が吉田監督ですね。あと『惑星のかけら』(12)という作品にも出ました。

――濱口竜介監督の作品にもよく出演されていますね。そういう自主映画の出演というのはどうやってお話が来るものなんですか?

河井 濱ちゃんの場合で言うと、最初は芸大の課題で16ミリで短編を撮るというのがあって、それに出てくださいと依頼が来ました。多分何かの作品を観てくれたと思うんですけど、面識は何もないときに。自主映画を撮っている監督たちは本当にたくさん映画を観ていますよね。私の作品もどこかで観ててくれて、「あの作品に出ていた河井青葉に」というふうになるようで。

――そういうふうに繋がっていくんですね。

河井 熊切監督との出会いのきっかけも、監督が濱ちゃんの『PASSION』(08)という映画を観たことからだったんですよ。

――熊切監督も自主映画出身だからやっぱりそういう作品もちゃんといろいろ観ていらっしゃるんですね。塚本晋也監督の『妖しき文豪怪談 葉桜と魔笛』(11)はテレビドラマで東京フィルメックスでも上映されましたが、それはどのように?

河井 あの作品はオーディションを受けました。ただ普通のオーディションと違ったのは、台本1冊まるまるやったという感じで。

――え、それは最初から決まっていたような感じなのではないですか?

河井 多分ある程度は絞られた状態ではあったと思います。オーディションでも妹役に決まった徳永えりちゃんと組んで、台本をまるまる読んで、リハーサルのようでした(笑)。

――清楚な顔立ちなので時代劇も合っていらっしゃいました。ポップな作品にも出ていますし、『Playback』(12) ではセーラー服で高校生役をされていましたし(笑)、いろいろな役を演じられていますが、これからやってみたい役はありますか?

河井 いろいろありますけど……、詐欺師とか……(笑)、飄々と生き抜く女の人の役がやりたいですね。

――ご自分の性格的にはそういうタイプなんですか?

河井 いや、楽観的ではありますが、そうでもないと思います。

――『私の男』の小町も、河井さんがやりたいという強さではないとは思いますが、立ち向かっていく強さがあって、これまで積み上げてきたものを発揮して転換にもなる役だったと思います。

河井 そうですね、芯のある女性ではありましたね。何よりもみんなで力を合わせて映画を作るという現場の面白さを味わえた作品だったので、また新たな気持ちでいろいろな役に挑んでいきたいと思います。

( 2014年6月7日 渋谷で 取材:深谷直子 )

1234 5

私の男 2013年/日本/129分/5.1ch/シネマスコープ/カラー/デジタル/R15+
出演:浅野忠信、二階堂ふみ、モロ師岡、河井青葉、山田望叶、高良健吾、藤 竜也
監督:熊切和嘉 脚本:宇治田隆史 音楽:ジム・オルーク 撮影:近藤龍人
原作:「私の男」(桜庭一樹/文春文庫刊) 製作・配給・宣伝:日活 © 2013「私の男」製作委員会
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2014年6月14日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開!

私の男 (文春文庫) [Kindle版] 私の男 (文春文庫) [Kindle版]
2014/06/13/16:15 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO