インタビュー
今泉力哉監督/『鬼灯さん家のアネキ』

今泉 力哉 (監督)
映画『鬼灯さん家のアネキ』について

公式サイト

2014年9月6日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

(取材:深谷直子)
今泉力哉 1981年生まれ、福島県出身。『たまの映画』(10)で商業監督デビュー。恋愛群像劇『こっぴどい猫』(12/モト冬樹主演)がトランシルヴァニア国際映画祭(最優秀監督賞受賞)を含む多くの海外映画祭で上映。TVドラマ「イロドリヒムラ」への脚本参加(監督・犬童一心)や、山下敦弘監督とともに共同監督したドラマ「午前3時の無法地帯」(出演:本田翼、オダギリジョー)など、映画以外にもその活動の場を広げている。第26回東京国際映画祭に正式出品した『サッドティー』(13)が現在全国で大ヒット上映中。最新作はTVドラマ『セーラーゾンビ』(14)。
今泉力哉監督――『鬼灯さん家のアネキ』は人気漫画を映画化した作品で、原作ものの映画というのは今泉監督にとって初めての挑戦になりますが、やはり今までの作品とは違ったものになりましたね。

今泉 そうですね、僕は不勉強でお話をいただいたときは原作を知らなかったんですけど、読んだときの印象って、お姉ちゃんが脱いだり弟がすぐに鼻血を出したりするあのテンションをどこまでやるんだろう?と。でも二人の距離感とか関係性とかはすごく面白く読めたので、それは脚本の片岡(翔)さんも一緒で、そこに重きを置いて作っていったほうがいいんだろうなという話になっていきました。

――かなり設定を変えていますよね。原作ではハルも高校生で学園ドラマなんですが。

今泉 そこはいろいろでしたね。若い俳優だとエロをやれる、やれないもあるだろうし、前野(朋哉)さんも含めてキャストが決まってからも行ったり来たりがあったんですけど、無理に高校生でやらなくてもいいのかなという感じになっていって。

――脚本を原作者の五十嵐藍さんに見せたときは、すぐにOKがいただけたんですか?

今泉 そうですね、五十嵐さんが脚本を見たときに心配していたのは、後半が家族の話みたいになっているので、真面目で重くなるんじゃないかって、それがすごく不安だったそうです。ちゃんとこれはコメディというか笑いのある軽いものになるのかな、と。でもやっぱりキャスティングを見て、前野さんのビジュアルで「あ、これはコメディになるな」って思ってくれたそうです(笑)。吾朗は原作ではシュッとしているので、それを前野さんがやることになって、現時点では原作のファンで前野さんのことを知らない人とかから「なんでこの人なんだ?」「これじゃない感」とかネットで言われまくっているんですけど、そういう意図でやってますね。あとはやっぱりエッチな絡みみたいなことをやるときに、男前の人だとキャラが立ちにくいなと思って。女性はそういうところでもキャラクターが立ちますけど、男性はみんながみんなじゃないけど立ちにくいから、そういうキャラがある人でやったほうがいいなと思って。

――確かに実写映画では三枚目の人じゃないとなかなかやれない役ですよね。観たら本当に前野さんのキャスティングはよくぞというものでした。

今泉 プロデューサーの大森(氏勝)さんのすごさですけどね。こういう予算規模の大きい作品で前野さんで行く、というのが。僕は「前野さんでいいの?」って言ってたんですけど(笑)、大森さんは前に『私の奴隷になりなさい』(12)で、じわじわ出てきていた壇蜜さんをガッツリ初主演で撮るっていうことをやっていて、それと同じことだと思うんですよね。前野さんも『桐島、部活やめるってよ』(12)とかのあとで、これから来るだろう、って言ってたので。前野さんでやらせてもらえるんだったらやりやすいし助かるなと思ってましたね。

――谷桃子さんも吹っ切れたお芝居をされていましたが、主演は谷さんで行こうというのは決まっていたんですか?

今泉 いや、候補が何人かいた中で谷さんに決まったという感じでしたね。谷さんもいろんな作品に出ていますけど、ガッツリ映画でこれっていうのは見たことがなかったので、本読みとかをやっていく中で多分感情が入ったら上がり過ぎる可能性はあるなというのが見えてきて、それは気を付けようと思ってました。本人はすごく素直な感覚の持ち主だと思うので、演出するときはそのへんは意識してたかなという気がしますね。ただ前野さんがいたので、女性二人もやりやすいかなと思ってはいましたが。

1 234

鬼灯さん家のアネキ 2014年/日本/カラー/118分
出演:谷桃子 前野朋哉 佐藤かよ 川村ゆきえ 古崎瞳 岡山天音 葉山レイコ 水澤紳吾/モト冬樹
原作:五十嵐藍(株式会社KADOKAWA 角川書店刊) 監督・編集:今泉力哉 脚本:片岡翔 今泉力哉
音楽:曽我淳一(トルネード竜巻) 主題歌:浜崎貴司「家族」(スピードスターレコーズ)
製作プロダクション:角川大映スタジオ 制作プロダクション:ダブ 製作:KADOKAWA ポニーキャニオン
©2014『鬼灯さん家のアネキ』製作委員会
公式サイト

2014年9月6日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

2014/09/04/23:21 | BBS | トラックバック (0)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

    Tags
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO