インタビュー
今泉力哉監督/『鬼灯さん家のアネキ』

今泉 力哉 (監督)
映画『鬼灯さん家のアネキ』について

公式サイト

2014年9月6日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

(取材:深谷直子)

『鬼灯さん家のアネキ』場面7――女優さんがエロをこういうふうにコミカルにやるというのは難しいのではないかと思うんですが。

今泉 テンション下がることなくがんばってくれてありがたかったですね。演技に細かく指示を出したりしなくても、谷さんはめっちゃやってくれて。グラビアとかやっていて、写真だけじゃなくイメージビデオとかも撮っているから、胸を揺らしたりとか、例えば映画の前半の点描ですけどTバックで高いところのものを取っているときに、背伸びしてかかとを落としたらお尻が揺れるみたいなのは、こっちの指示じゃなく本人が経験で分かってることなのでこと細かに言わなくてもやってくれたり、あと谷さんがこの映画の取材のときに「映画のためにお尻を鍛えててよかった」とか言ってくれてて(笑)。そんな努力してたなんて撮影のときはもちろん一切言わないんですけど、すごくありがたいなあって。ちゃんと分かってくれてました。

――そうなんですか。今泉監督がエロな演出もされて楽しんでいたのかなと思ってました(笑)。

今泉 いや全然、超ヘタですから。谷さんが自分でやってくれたんです。佐藤かよさんも台詞を覚えるのに必死で、飲みにも行かないで台本と一緒に寝てたって言ってたし、女性二人の意識はすごく高かったですよね。

――映画にガッツリ取り組むのが初めてだったからというのもありますよね。

今泉 あとやっぱり、もちろんガッツリ役者だけやっててという人の魅力というのはあるんですけど、それ以外のいろいろやってる人の魅力というのもあるんですよね。それは今まで自分が仕事として役者でやっていけてないぐらいの若い人とやってたときのにちょっと近いと言ったらあれですけど、本当にそれ以外のことをやってる人の魅力というのはすごく大事な気がして。逆にその人たちがガッツリメインで大きな役をやるときにそれだけ向き合ってくれてたのって、そのときは知らなくてもあとあと聞くとそうだったんだなあと思って。それだけテンションは高かったんだなあと。

――別のジャンルではプロでやってる方ですし、意識は高いですよね。

今泉 そうですね。そういう意味ではプレッシャーもありましたけどね。『こっぴどい猫』(12)でモト冬樹さんとやったときもそうでしたけど。でもそれはチャンスでもあるし、スタッフは撮影の岩永(洋)さんだとかいつものメンバーを入れさせていただけたんで、自分としては助かったしやりやすかったです。

『鬼灯さん家のアネキ』場面8 ――予算規模の大きさが活かされているのをいろいろなところで感じました。ハルたちの部屋の美術がきれいだなあと思いましたが、これはセットとかではなく普通の家を使っているんですか?

今泉 美術さんが空っぽの部屋を一から作ってくれているんですけど、そういう経験も初めてだったので。

――今までは監督の自宅が多かったんですよね(笑)。

今泉 しかもそんなに飾り込まないで、子供がいないという設定だったら子供のものを片付けて、みたいな。このキャラクターだからこれを置くとかはしないで、なるべく引き算というか本当に何も置かないというスタンスでしたけど、今回は美術さんが全部作ってくれてたので。

――色づかいがすごく印象的でした。カラフルで可愛い部屋だなと思っていたんですが、クライマックスの大波乱を経ての夜のシーンはカーテンのブルーが効いて落ち着いた感じで、朝になると同じ部屋でもオレンジ色のあたたかい感じになって。計算されているんだなあと。

今泉 俺はそういうセンスとか分かってないんですけど、カメラマンが言っていたのは、暖色系の部屋でも、例えばジーパン1本でも寒色があると画が作りやすいらしいんですよ。それを美術さんがやっぱりプロで当たり前に理解しているから、ソファに布が1枚かかっているとか、どっちにカメラを向けてもその色が入るようにできていて、画作りがしやすいと言っていました。だからそこに関しては、自分がもっと美術や衣装の方がいる規模感での撮影に慣れていかなければならないなと、そうすればもっともっと活かせるんだろうなあと思いながらやってましたね。

――神社の短冊のシーンもきれいでしたね。

今泉 あれは出来上がった美術を見て感動しました(笑)。自主じゃ無理だって。ロケハン行って「このへんに短冊があったらいいかな」とか言って、撮影に行くとできてる、みたいな(笑)。そういう当たり前の一個一個に感動しました。

1 2 34

鬼灯さん家のアネキ 2014年/日本/カラー/118分
出演:谷桃子 前野朋哉 佐藤かよ 川村ゆきえ 古崎瞳 岡山天音 葉山レイコ 水澤紳吾/モト冬樹
原作:五十嵐藍(株式会社KADOKAWA 角川書店刊) 監督・編集:今泉力哉 脚本:片岡翔 今泉力哉
音楽:曽我淳一(トルネード竜巻) 主題歌:浜崎貴司「家族」(スピードスターレコーズ)
製作プロダクション:角川大映スタジオ 制作プロダクション:ダブ 製作:KADOKAWA ポニーキャニオン
©2014『鬼灯さん家のアネキ』製作委員会
公式サイト

2014年9月6日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

2014/09/04/23:22 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

    Tags
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO