新作情報
「スパイ・レジェンド」ピアース・ブロスナン

ピアース・ブロスナン
公式インタビュー
映画「スパイ・レジェンド」について

公式サイト

2015年1月17日(土)より、角川シネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国ロードショー!!

ピアース・ブロスナンが『007/ダイ・アナザー・デイ』以来13年ぶりに本格スパイ・アクションに挑んだ映画『スパイ・レジェンド』。今作をジェームズ・ボンド降板に対するリベンジと語るピアース・ブロスナンの公式インタビューをお届けする。

STORYかつては"ノベンバー・マン" というコードネームを持ち、高度な訓練を受け、活躍していた伝説のCIAエージェントのピーター・デヴェローは、スイスで静かな引退生活を過ごしていた。しかし、かつての同僚たちが次々と殺されていることを知り、助けに向かうが、同僚であり愛していた女性が目の前で殺害されてしまう。しかもその犯人はかつて自分が所属していたCIAだった。自ら育てた現役最強のスパイと緊迫の攻防を繰り広げながら、事件の全貌を解決しようとするデヴェローであったが、事件の裏にはロシア大統領選をめぐる国際的陰謀が隠されていた――。

ピアース・ブロスナン――このプロジェクトは、どのように始まったのですか?

P・ブロスナン うん、根性と直感で始めたんだけれど、これは最高の考えだったね。役者というのは大抵の場合、本能的な直観で行動するものだが、ビル・グレンジャーの作品はデヴェローという人物が明確に特徴づけられていて、深みがあって堅実だとすぐに分かったよ。彼の小説を基にした脚本を書くため、優秀な脚本家を見つけなければいけなかったけど、マイケル・フィンチとカール・ガイダシェクのコンビが努力を注ぎ、身を粉にし、新しい要素も加えて聖書のようなマテリアルを作ってくれた。素晴らしい脚本を完成させてくれた二人のおかげで、この映画を製作することができたんだ。

――久々にスパイ役を演じていかがでしたか?

P・ブロスナン これは僕にとってのリベンジでもあるんだ。正直な話、もっとジェームズ・ボンドを演じ続けたいと思っていたのに降板になってしまった。興行的にはすべて成功していたのにね。その悔いがずっと残っていたんだ。この映画化の話を聞いた時、原作やデヴェローというキャラクターの深みに興味を持った。そしてなにより素晴らしい脚本が出来上がった時、出演することを決心したんだ。ようやく別の形で満足できる、満足させられると思ったんだ。

――ロジャー監督との仕事はいかがでしたか?

P・ブロスナン 以前『ダンテズ・ピーク』で一緒に仕事をしたとき、ロジャーと最高の時間を過ごした。彼は友人であり、尊敬する素晴らしい技術者でもある。編集室を愛していて、物語をよく理解していて、劇中のシーン一つ一つの中でドラマをどう維持すればいいかわかっている。彼がこの映画を選んでくれて、映画的なタペストリーの一部を形にしてくれた。彼に備わっている感情表現のための間の取り方は本当に揺るぎないんだ。それだけ深く踏み込んでストーリーを理解しているからだと思うよ。

――本作のようなスパイ・ジャンルについてどう思いますか?

P・ブロスナン 人はみんな、このジャンルが大好きだと思う。ハートがあり、ヒューマンドラマのセンスがあり、最高のバイオレンスとストーリーテリング、カーチェイスがミックスされている。だから観客は、熱狂するんじゃないかな。もし良いストーリーを望んでいるとしたら、とても意味があるものを得ることができると思う。

――ピーター・デヴェローという役柄について教えてください。

『スパイ・レジェンド』『スパイ・レジェンド』場面P・ブロスナン 彼は黒か白かといった迷いがなく、極めて破壊的な人間なんだ。デヴェローは長年、諜報活動に携わり、経験が豊富で知的であるが、訓練を受けた殺し屋でもある。筋金入りのプロフェッショナルであるがゆえに、ひどく苦しみ、トラウマを抱えているんだ。平静を装っていても、過去に自分が犯した数々の罪にずっととらわれているんだよ。

――オルガ・キュリレンコと共演してみていかがでしたか?

P・ブロスナン 恋に落ちてしまうのが簡単な女性だ。安らぎを感じられる女性だと思う。撮影では、とてもウマが合ったね。スクリーンに映る彼女の姿を見るのを楽しんだよ。生活の中にのぞかせるような愛おしい姿、弱い部分、官能性でカメラを釘づけにしていた。それに、彼女にはユーモアがある。自分の役を過剰にシリアスにとらえすぎることなく、けれども懸命に取り組んでくれた。家具にぶつかるシーンも喜んで演じてくれたよ(笑)。彼女のように日々の仕事をリスペクトできる人と仕事をすることで、私自身も役を演じ続けることができるんだよ。

――ルーク・ブレイシーはいかがでしたか?

P・ブロスナン 彼は恐れ知らずで勇敢。何でもすぐに吸収して演技に生かせる才能があるね。

――『スパイ・レジェンド』の魅力を教えてください。

P・ブロスナン われわれが生きるこの世界は、機密事項や国際舞台で権力を得ようと画策する政治家たちで固められている。だから地政学的情勢は変動が激しいんだ。『スパイ・レジェンド』は、まさに今の時代そのものを描いた作品だ。辛らつでリアルな作品であり、現代的なスパイ映画だと思うよ。

スパイ・レジェンド
監督:ロジャー・ドナルドソン(「13デイズ」)
脚本:マイケル・フィンチ(「プレデターズ」)、カール・ガイダシェク(「オブリビオン」)
出演:ピアース・ブロスナン(「007/ダイ・アナザー・デイ」)、オルガ・キュリレンコ(「007/慰めの報酬」)、ルーク・ブレイシー(「G.I.ジョー バック2リベンジ」)
原作:ビル・グレンジャー「ノベンバー・マン」
2014年/アメリカ/英語/108分/カラー/スコープサイズ/5.1ch/原題:NOVEMBER MAN/配給:KADOKAWA
©2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved
公式サイト

2015年1月17日(土)より、角川シネマ有楽町、
ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国ロードショー!!

マリオネット・ゲーム<特別編> [DVD] マリオネット・ゲーム<特別編> [DVD]
  • 監督:マイク・バーカー
  • 出演:ピアース・ブロスナン, ジェラルド・バトラー, マリア・ベロ
  • 発売日:2013/10/02
  • Amazon で詳細を見る
愛さえあれば [DVD] 愛さえあれば [DVD]
  • 監督:スサンネ・ビア
  • 出演:ピアース・ブロスナン, トリーネ・ディアホルム, モリー・ブリキスト・エゲリンド, セバスチャン・イェセン, パプリカ・スティーン
  • 発売日:2013/11/22
  • おすすめ度:おすすめ度5.0
  • Amazon で詳細を見る

2014/12/20/18:59 | BBS | トラックバック (0)
新作情報 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO