NEWs

爆音疾走映画『ソレダケ/that’s it
公開初日の5月27日(水)、ライブハウスにて
この日限りの耳栓付き爆音上映決定!

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2015年5月27日(水)、シネマート新宿にてロードショー!
全国順次追撃上映

『ソレダケ / that’s it』 石井岳龍監督最新作『ソレダケ / that’s it』の公開初日にあたる5月27日(水)に、ライブハウスTSUTAYA O-EASTで爆音上映されることが決定した。
爆音上映とは、音楽ライヴ用の音響機材を使って極上の音響と音量で映画を上映する、かつてない上映方法。音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、大音響の中で映画を視・聴く試みで、単に音を大きくして上映するのではなく、その爆音によって視覚までもが変容して映画そのものも違って見える、大音響でなければ聴こえてこない幽かな音を聴くという、大胆かつ繊細な上映として、近年では専門の映画祭が全国で定期的に開催されるほどの人気を獲得している。
今回開催されるイベント『吉村秀樹トリビュート 映画『ソレダケ/that’s it』05.27爆音上映 @TSUTAYA O-EAST Supported by boid 』は、映画の公開初日が、ブラッドサースティー・ブッチャーズ(以下ブッチャーズ)のリーダーであり、本作の原点である吉村秀樹の3回忌の命日ということもあり、お客さんと共にブッチャーズの主戦場であったライヴハウスでその日・5月27日を迎えたいという思いから、開催される運びになった。しかも、ブッチャーズも演奏した渋谷TSUTAYA O-EASTでの上映ということでライヴ級のド迫力の爆音で映画を体感できるとあって映画ファンのみならず音楽ファンも必見のイベントとなっている。
本作は、爆音3chバズーカ音響と呼ばれるサウンドシステムを起用。その覚醒的サウンドシステムを駆使した本作の上映をライヴハウスで体験できるのはこの日が最初で最後。しかも、限定300席ということで、チケットはプレミア必至。来場者特典として、映画『ソレダケ/that’s it』特製耳栓が付く。気になるチケットは、明日4月10日よりe+にて販売される。
なお、この日の上映を盛り上げるべくキャストの染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳の4人と石井岳龍監督が登壇する予定となっている。石井岳龍監督は『吉村秀樹と素晴らし過ぎる俳優たちの熱さが、くすぶり続けていたアッシのロック魂に火をつけた。映画館にふさわしく、ノスタルジーではない「今、この瞬間」のロック映画を創りたかった。』とのコメントを寄せており、吉村を含めキャスト、監督の“映画に対する情熱”が一堂に会する奇跡的な機会はまさに空前絶後となる。是非ブッチャーズのT-SHITを着てライヴ感覚で大音量を堪能してほしい。

即完必至!300名限定。ライブハウスでのこの日限りの爆音上映決定!
5月27日(水)
16:30開場/17:00開演 会場:渋谷 TSUTAYA O-EAST
舞台挨拶登壇者:染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳、石井岳龍監督(予定)
※登壇者は変更になる場合がございます。ご了承ください。
チケット代:全席指定2,500円(税込) 
※来場者特典付き ※別途、ドリンク代500円がかかります。
販売:e+にて 協力:boid
シネマート新宿でもキャスト・監督による舞台挨拶!!
映画『ソレダケ/that’s it』舞台挨拶付上映@シネマート新宿
日時:5月27日(水) 21:00~23:10 会場:シネマート新宿
舞台挨拶登壇者:染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳、石井岳龍監督(予定)
※登壇者は変更になる場合がございます。ご了承ください。
チケット代:全席指定1800円(税込) ※来場者特典付き 販売:e+にて

作品概要

狂い咲きサンダーロード』(1980年)、『爆裂都市 BURST CITY』(1982年)などで世界を震撼させた”邦画界の革命児”石井岳龍監督が、遂にロック映画の舞台に帰って来た。『生きてるものはいないのか』(2012年)『シャニダールの花』(2013年)などの不条理なオルタナ世界の探求から一転、日本を代表するバンドbloodthirsty butchers(ブラッドサースティ・ブッチャーズ 以下、ブッチャーズ)のリーダー吉村秀樹からの熱烈なラブコールのもと石井岳龍監督が完成させた叛逆の青春物語、それが本作『ソレダケ / that’s it』である。
2013年5月27日に急逝した吉村秀樹率いるロックバンド、ブッチャーズとのコラボレーションに端を発した企画を、吉村亡き後監督が仕上げた作品で、その後、吉村秀樹の存在とブッチャーズの音楽から着想を得た石井岳龍監督は、その遺志を受け継ぎ、まったく新たな物語に取り組んだ。ブッチャーズの持つ激しさ=他者を攻撃するような表層的な激しさとは異なる「攻撃的な諦念/無常」から導き出される、人間の意地が爆発する「底辺の叛逆」の物語。全篇にブッチャーズの楽曲を配置、主演に若き日本映画界の扇動者染谷将太、本格女優としての確実な一歩を踏み出した元E-girlsの水野絵梨奈、映画とロックのアウトサイダー渋川清彦、インディペンデント映画の番人村上淳、そして様々な役柄で世を魅了する綾野剛という屈指の個性派俳優たちを迎え、濃くて、危なくて、激しい、情熱とアクションが交差する青春ドラマが完成した。四半世紀以上の活動歴とともに常に未来の創造に向けて日本のロックの殻を破って来たブッチャーズと、久々の本格的“ROCK映画”への挑戦を果たした石井岳龍監督。本作はオールドスクールともいえる手法とともに、「自己憐憫」の対極に位置する「どのような状況にあっても腐らない強い意志」を観る者に叩きつける。ロックという音楽の断片を盛り込んだ映画とはまったくもって趣向の異なる、新たなロック映画となるはずだ。因みに、映画のタイトル『ソレダケ』は、99年発表のブッチャーズの6枚目のオリジナルアルバム『未完成』の2曲目に収録の「ソレダケ」より引用している。

音楽

bloodthirsty butchers(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)
パンクロックをベースとし、その圧倒的な轟音、音圧とケタ外れな独創性で無類の音像を構築するバンド。86年札幌にて結成、90年代にはアメリカン・ハードコアの総師イアン・マッケイ率いるFugaziやRocket From The Crypt、Beck、Rage Against the Machine等々錚々たる海外バンドとの共演やアメリカツアーを敢行するなど、海外に日本のロックを広く知らしめた。また国内でもトリビュートアルバムが今まで計6枚発売されるなどバンドマンのみならず多くのクリエイターたちに影響を与え続けている。本作の制作のきっかけとなったリーダーでありVo&Gtの吉村秀樹は、惜しまれつつも2013年5月27日に急逝。享年46。

CREDIT
出演:染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳/綾野剛
監督:石井岳龍 楽曲:bloodthirsty butchers 脚本:いながききよたか
製作:『ソレダケ / that’s it』製作委員会 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
2015年/日本/カラー/1:1.85/3ch/110分
© 2015 soredake film partners. All Rights Reserved.
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2015年5月27日(水)、シネマート新宿にてロードショー!
全国順次追撃上映

kocorono [DVD] kocorono [DVD]
  • 監督:川口 潤
  • 出演:bloodthirsty butchers, 吉村秀樹, 射守矢 雄, 小松正宏, 田渕ひさ子
  • 発売日:2011/06/15
  • おすすめ度:おすすめ度5.0
  • Amazon で詳細を見る
ソレダケ/that’s it サウンドトラック盤 ソレダケ/that’s it
サウンドトラック盤

2015/04/09/12:52 | BBS | トラックバック (0)
NEWs ,新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO