NEWs
『東京無国籍少女』 清野菜名、押井守監督、金子ノブアキ トークショー

清野菜名、押井守監督、金子ノブアキ
映画『東京無国籍少女』 トークショーレポート

2015年7月25日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

『攻殻機動隊』(95)や『イノセンス』(04)で世界的に知られる押井守監督の実写作品『東京無国籍少女』(15)が、7月25日に全国公開を迎える。同作は芸術系の学校を舞台に、かつて天才と称されたものの、事故の後遺症で他人と関わることに問題を抱えている主人公が、周囲の人間からの嫉妬やイジメに曝される日々を描くと同時に、終盤における意外な展開によって、激しいアクションも見せてくれる注目作だ。主演は『TOKYO TRIBE』(15)で若手NO.1アクション女優の地位を確立した清野菜名。共演は、『新宿スワン』(15)など話題作への出演が相次ぐ金子ノブアキ。今回は、同作の公開を前に新宿TSUTAYAで行われた、清野菜名、押井監督、金子ノブアキによるトークショーの模様をお届けする。 (取材:岸 豊)
押井守 東京学芸大学教育学部卒業後、タツノコプロダクションに入社、テレビアニメ「一発貫太くん」(77)で演出家デビュー。その後、スタジオぴえろに移籍し、「うる星やつら」ほか、数々の作品に参加。同シリーズの劇場版『うる星やつら オンリー・ユー』(83)で初監督を務め、劇場版『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)を手がけた後フリーとなる。OVA・TVアニメシリーズ『機動警察パトレイバー』に監督・脚本として参加し、同作の『劇場版 機動警察パトレイバー』(89)およびその続編『機動警察パトレイバー2 the Movie』(93)を監督。日米英で同時公開された劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(95)はジェームズ・キャメロン監督やウォシャウスキー姉弟ほか海外の著名監督に大きな影響を与えた。また、『イノセンス』(04)は日本のアニメーション作品として初めてカンヌ国際映画祭コンペ部門に正式出品され、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(08)はヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されるなど、日本を代表する映画監督として海外からも大きな注目を集めている。
清野菜名 2007年、雑誌「ピチレモン」の専属モデルとしてデビュー。園子温監督作品「TOKYO TRIBE」(14)でヒロインに抜擢され注目を集める。押井守監督最新作の本作で初主演を飾るなど、世界的な映画監督に立て続けに起用される。主な出演作に、ドラマ「素敵な選TAXI」(14)、ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(15)など。
金子ノブアキ 97年にRIZEを結成、00年にメジャーデビューを果たす。ドラマーとして活躍するほか、数多くのアーティストの作品やツアーに参加。俳優としては、映画「クローズZEROⅡ」(09/三池崇史)で注目を集める。主な出演作に、NHK連続テレビ小説「おひさま」(11)、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(14)、映画「白ゆき姫殺人事件」(14)、映画「新宿スワン」(15)などがある。

押井守監督
押井守監督
トークショーは、以前から解禁されているバージョンの予告編の上映からスタート。予告編が終わると、興奮する観客たちの後ろから、金子、清野、押井監督が順番に入場。清野と金子が一言ずつ挨拶を済ませると、押井監督が「朝まで飲んじゃって調子悪いんですけど」と告白し、会場が大きな笑いに包まれた。

まず最初に、本作への出演オファーを受けた際に抱いた印象について問われた清野は、「すごく嬉しかったんですけど、まだ自分は経験が少なかったので、こんなに早く主演ができるんだという驚きもありました。でもアクションもあると聞いていて、自分の得意分野なので、本気でやりたいなって思いました」と答えたものの、押井監督や監督の作品については全く知らなかったようで、照れ笑いを見せた。一方、金子は古くからの押井監督のファンで、「僕はもうどっぷり通ってますから。本当に嬉しかったです」「『アヴァロン』(01)がすごく好きで、僕はポーランド系の血が混じっているんですけど、ポーランドに行ったことはなくて、初めてポーランドの景色を見たのが『アヴァロン』だったんです。白黒だったんですけど、里帰りさせてもらいました」と監督の作品への強い思い入れを語り、本作への出演にも感激している様子。

二人をキャスティングした経緯について尋ねられた押井監督は、清野について、「若い女の子を撮ったことがないから、自分の中に選ぶ基準はなかった。ただ単に、区別がつかない。みんな同じに見えるから(笑)」と自虐的に語ったものの、「ただ、一人だけ明らかに今風じゃない子がいた。それが清野だったんだけど、なんか明らかにちょっと違うなっていう。でも写真だけじゃわからないから、とりあえず会わせてくれって言った」と説明。
清野の「今時じゃない」ところについて具体的に訊かれた押井監督は、「可愛いとか美人だとかいうこと以外に……基本的には人を殺しても不思議じゃない顔をしている(笑)」と回答。若干のショックを見せる清野を横目に押井監督は、「そういう風な、可能性を感じる(笑)」と付け加え、会場を沸かせた。しかし、「(アサルトライフルの)AKを持たせた時に画になるかどうかとか、拳銃だったら何が似合うかとか、ちょっと違う基準で見てるから」「キャスティングするときは、演技力がどうのこうのとか、セリフを読んでもらったりはしないんですよ。何を着せたいかとか、何を持たせたいかとか、それで大体は考えますね」と清野の持つ独特な雰囲気を賞賛した。
一方で金子については、「金子さんの方はね、本人は知らなかったらしいんだけど、実は『パトレイバー』で一回キャスティングしかけたことがある」と意外な過去を明かした。これを受けて金子は、「それを直接聞いて、それ以来事務所への不信感が半端じゃないんですよ」と語って会場の笑いを誘った。押井監督によれば、金子『東京無国籍少女』は「テロリストっぽい雰囲気があったから」との理由でテロリスト役にキャスティングされかけていたらしく、金子にも「今の日本人とちょっと違う雰囲気があった」「(キャスティングをする際は)典型というか、ちょっとズレた人がいい」と語り、「自分が思った通りというよりは、違った答えが出てきそうだなと思ったから、二人に関しては直ぐに決めた」と自身のキャスティング論を解説した。

1 234

東京無国籍少女 (日本 / 2015 / 85分)
監督:押井守 出演:清野菜名 金子ノブアキ/田中日奈子 吉永アユリ 花影香音/りりィ 本田博太郎
配給:東映ビデオ © 2015東映ビデオ
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2015年7月25日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

2015/07/17/18:01 | BBS | トラックバック (0)
NEWs ,岸豊
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO