新作情報

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015 ともにある Cinema with Us 2015 正式出品
お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年1月23日(土)より、新宿K's cinemaにて公開、
以降全国劇場順次公開!

INTRODUCTION

死なないぜ! ミュージシャン 遠藤ミチロウ(ex.ザ・スターリン)
還暦、故郷、さらにその先、を巡る道。
見届けよ!この旅は、終わらない。

『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』場面5 豚の臓物、爆竹を客席に投下、全裸でステージから放尿、といった過激なパフォーマンス。
吉本隆明などが評価し、多くの後進の世代をも魅了したたその類まれなる歌詞世界。
ザ・スターリンを率いて時代を築いたミュージシャン遠藤ミチロウ。

バンドを解散した後も、現在に至るまで、ソロを中心に活動を続けている。

60才を迎えた2011年、ザ・スターリン復活ライブを決行し、そして全国を巡る自身の還暦ソロツアーを敢行する。そのさなか、3.11東日本大震災が起こり、故郷・福島は地震・津波災害と同時に、原発災害にも見舞われることとなった。それまで、故郷をまったくと言っていいほど顧みることのなかった遠藤は、故郷の地でPROJECT FUKUSHIMA!を行うべく始動する。そこには、自身のアイデンティティたる家族への眼差しが生まれ、第二次大戦でガダルカナル、フィリピンと激戦地に赴いた父への畏敬にみちた思い、自身の代表曲「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました。」にも強烈に込められた母へのアンビバレントな感情が赤裸々に語られる。本作は、遠藤のライブの旅と行く先々での人々との対話を描くロード・ドキュメンタリー。時代をつくり、駆け抜け続ける遠藤ミチロウというミュージシャン=ひとりの人間としてのシンプルにして力強い生きざまは、今を生きる人々に忘れかけた何かを思い出させることだろう。

血肉を引き裂くようなヴォイスシャウト。
還暦(60才)を超えてもなお躍動する、その肉体と声。

なぜ歌い続けるのか?なぜ旅を続けるのか?
過激なライブパフォーマンスと相反するかのような実直な語りで、男は明かす。

その後遠藤は、膠原病を患い入院。一時はライブ活動の長期的停止を余儀なくされたが、本作公開を迎えるいま、見事に復帰。「THE END」「羊歯明神」という新たなバンドも結成、様々な活動を始動し、生命力を燃やし続けている。

見届けよ!この旅は、終わらない。

劇中登場楽曲

  • 遠藤ミチロウ:「電動コケシ」「原発ブルース」「オデッセイ・2011・SEX」「負け犬」「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました。」「父よ、あなたは偉かった!」「JUST LIKE A BOY」
  • THE STALIN Z:「ロマンチスト」「1999年」
  • THE STALIN 246:「虫」「STOP JAP」「ワルシャワの幻想」
  • 三角みづ紀トリオ:「早すぎた父親」
  • 竹原ピストル:「カノン」
  • AZUMI:「JUST LIKE A BOY」
監督 Profile

『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』場面2遠藤ミチロウ&竹原ピストル遠藤ミチロウ 1950年福島県生まれ。1980年、パンクバンドTHE STALINを結成。過激なパフォーマンス、型にはまらない表現が話題を呼び、1982年、石井聰互(現・石井岳龍)監督『爆裂都市』に出演。同年メジャーデビュー。1985年、THE STALIN解散後、様々なバンド活動を経て1993年からはアコースティック・ソロ活動を開始。21世紀に入り多彩なライブ活動を展開、さらに詩集、写真集、エッセイ集なども多数出版。また、中村達也(LOSALIOS)とのTOUCH-ME、石塚俊明(頭脳警察)と坂本弘道(パスカルズ)とのNOTALIN'S、クハラカズユキ(The Birthday)と山本久土(MOST、久土‘N’茶谷)とのM.J.Qとしても活動。2011年、東日本大震災の復興支援として「プロジェクトFUKUSHIMA!」を発足し、数々の活動を展開する。同年の還暦ソロツアーを中心に撮影を行い、初監督映画『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』を製作。2014年に突如膠原病を患い、入院。その時期に書いた詩集「膠原病院」を出版、同時にアルバム「FUKUSHIMA」を発表。2015年、アンプラグドパンク民謡バンド「羊歯明神」、自身最後のバンドとして「THE END」と2つのバンドを結成。さらに精力的な活動を始動している。 遠藤ミチロウ公式サイト

COMMENTARY

『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』場面1 『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』場面3 『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』場面4 老いに朽ちかけようとも
病に細ろうとも
風に削られようとも
波に歪められようとも
空に途方に暮れさせられようとも
郷を壊されようとも
呼吸を汚されようとも
声を傷だらけにされようとも

在る灯台
在り続けてきた灯台
在り続けていく灯台
遠藤ミチロウという灯台

“とある一つの”ではなく
“唯一”の

“誰かにとっての”ではなく
“我々の”

行き先が在りました

竹原ピストル(ミュージシャン)


映像という形でこんなにも優しく吐露している遠藤ミチロウの姿を誰もが待っていた。
このドキュメンタリー映画はミチロウさんのあたらしい歌だ。
幕が上がっても、幕が下りても、いかなる時でも、等身大のまま移動を続ける
ひとりのミュージシャンの孤独と葛藤と笑顔に満ちたあたらしい歌だ。
三角みづ紀(詩人)


ミチロウさんと音楽、
ミチロウさんと福島、
ミチロウさんと人、
ミチロウさんと猫、
ミチロウさんと、お母さん!
ミチロウさんの、旅路。命。

60年間の魂の生き様。
2011年のミチロウさんが詰まってる。
とてつもなくやさしくてかっこよくていとおしい美しいひと。
たくさんのひとに目撃してほしい映画です。
石井麻木(写真家)

CREDIT
監督:遠藤ミチロウ
プロデューサー:志摩敏樹 撮影:高木風太 録音・整音:松野泉 制作進行:酒井力
編集:志摩敏樹、松野泉 撮影協力:柴田剛 宣伝美術:境隆太 配給担当:田中誠一
出演:遠藤ミチロウ、THE STALIN Z(中田圭吾、澄田健、岡本雅彦)、THE STALIN 246(クハラカズユキ、山本久土、KenKen)、NOTALIN’S(石塚俊明、坂本弘道)、三角みづ紀、竹原ピストル、盛島貴男、AZUMI、山下利広(BIG MOON Cafe)、麓憲吾(ASIVI)、伊東哲男(APIA40)、中川澄夫(TE-TSU)、中川ミサ子(TE-TSU)、佐伯雅啓(OTIS!)、大友良英、和合亮一、二階堂和美、オーケストラFUKUSHIMA!、遠藤チエ
2015年/日本/カラー/DCP/5.1ch/102分
製作・配給:シマフィルム株式会社 ©2015 SHIMAFILMS
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年1月23日(土)より、新宿K's cinemaにて公開、
以降全国劇場順次公開!

RO KU DE NA SHI 遠藤ミチロウ生誕祭 「Roll Over 60th」 ~還暦なんかブッとばせ!~ [DVD] RO KU DE NA SHI 遠藤ミチロウ生誕祭 「Roll Over 60th」 ~還暦なんかブッとばせ!~ [DVD]
  • 出演:遠藤ミチロウ, M.J.Q, TOUCH-ME, NOTALIN'S, THE STALINISM
  • 発売日:2012/11/28
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
AIPA(アイパ) AIPA(アイパ)

2015/12/19/19:21 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO