特集上映案内
ラピュタ阿佐ヶ谷
ラピュタ阿佐ヶ谷情報トップページ

ラピュタ阿佐ヶ谷 2月特集
『残酷!妖艶!大江戸エロス絵巻』
『芸に生きる ―映画を彩る芸能・芸術―』
昭和の銀幕に輝くヒロイン第80弾 渡辺 美佐子』

『大江戸エロス絵巻』:2016年2月20日(土)~4月15日(金)、
『芸に生きる』:2月21日(日)~4月9日(土)、
『渡辺美佐子特集』:2月28日(日)~4月30日(土)まで

ラピュタ阿佐ヶ谷 2月の特集上映紹介

『残酷!妖艶!大江戸エロス絵巻2月20日(土)から開催される『残酷!妖艶!大江戸エロス絵巻』では、東映が1960年代後半から70年代にかけて量産し、一世を風靡したお家芸ジャンルの一つである「エロス時代劇」を大特集する。
「大奥」モノの元祖にしてマスターピースともいえる『大奥㊙物語』や、“キング・オブ・カルト”の異名を持つ石井輝男が手がけた“異常性愛路線”の強烈な作品群など、リッミッターがはずれた昭和のエログロ描写と当時の美人女優たちの競演は必見!

上映作品:
『大奥㊙物語』(1967年/監督:中島貞夫/出演:佐久間良子、藤純子、岸田今日子)
『徳川女系図』(1968年/監督:石井輝男/出演:吉田輝雄、御影京子、三原葉子)
『徳川いれずみ師 責め地獄』(1969年/監督:石井輝男/吉田輝雄、橘まゆみ、三原葉子)
『徳川セックス禁止令 色情大名』(1972年/監督:鈴木則文/サンドラ・ジュリアン、杉本美樹)
『ポルノ時代劇 忘八武士道』(1973年/監督:石井輝男/丹波哲郎、ひし美ゆり子、伊吹吾郎)
『好色元禄㊙物語』(1975年/監督:関本郁夫/ひし美ゆり子、橘麻紀、山田政直)
『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』(1976年/監督:牧口雄二/風戸佑介、内村レナ、汐路章)
『大奥浮世風呂』(1977年/監督:関本郁夫/志賀勝、松田英子、渡辺とく子)
料金:一般1200円 シニア・学生・水曜サービスデー1000円 会員800円
公式サイト

2016年2月20日(土)~4月15日(金)まで、連日21:00より一回上映


『芸に生きる ―映画を彩る芸能・芸術―』2月21日(日)から開催される『芸に生きる ―映画を彩る芸能・芸術―』では、歌舞伎、文楽、浄瑠璃、能、落語、日本舞踊など、伝統芸能・芸術の世界に生きる人間の営みや生き様、その悲喜こもごもを映しとった珠玉の日本映画30作品を一挙上映する。
中でも、村松梢風の小説 で、明治の歌舞伎界のプリンス・尾上菊之助を題材にした悲恋を描いた『残菊物語』は、繰り返し 映画化されてきた不朽の名作。今回は傑作と名高い1939年製作の溝口健二監督版と、56年にリメイクされた島耕二監督版の二種類が上映されるので、それぞれの作風の違いを見比べてみるのも一興だろう。技芸の修練の厳しさや、それに伴う苦悩はいつの時代にも変わらぬもの。芸能モノの映画が好きな人ならどの作品にも魅了されること請け合いだ。

上映作品:
『歌行燈』 『月夜鴉』 『花の慕情』 『与太郎戦記』 『男の勝負 仁王の佐吉』 『獅子の座』
『陽気な渡り鳥』 『旅役者』 『新・与太郎戦記』 『女舞』 『残菊物語(’39)』 『鶴八鶴次郎(’38)』 『「テント劇場」より 盗まれた欲情』 『生きている画像』 『雲の上団五郎一座』 『残菊物語(’56)』 『文楽 冥途の飛脚』 『ガス人間第一号』 『鶴八鶴次郎(’56)』 『阿寒に果つ』 『鬼の詩』
『おかしな奴』 『裸の大将』 『大日本チャンバラ伝』 『旅情』 『世にも面白い男の一生 桂春団治』
『はなれ瞽女おりん』 『男の花道』 『大阪の女』
料金:一般1200円 シニア・学生・水曜サービスデー1000円 会員800円 3回券2700円
公式サイト

2016年2月21日(日)~4月9日(土)まで


『昭和の銀幕に輝くヒロイン第80弾 渡辺 美佐子』最後に2月28日(日)から開催される『昭和の銀幕に輝くヒロイン第80弾 渡辺 美佐子』は、ラピュタ阿佐ヶ谷の名物モーニング特集。今回は、1956年に銀幕デビューしてから今日まで、半世紀以上に渡って第一線で活躍し続けている演技派女優・渡辺美佐子の代表作を、日活時代のものを中心に9本上映する。
今回のプログラムでイチオシは、最終週に上映される『人間に賭けるな』。競輪場を舞台に、男女の愛と堕落を洒脱かつスリリングに描いた異色の風俗ドラマで、渡辺美佐子は本作で、中年サラリーマン(藤本有弘)を狂わせ、自身も愛人の競輪選手(川地民夫)に狂っていく “破滅の女” を大胆に演じている。

上映作品:
『果しなき欲望』(1958年/監督:今村昌平/出演:長門裕之、中原早苗、西村晃)
『われらの時代』(1959年/監督:藏原惟繕/ 出演:長門裕之、吉行和子、小高雄二)
『13号待避線より その護送車を狙え』(1960年/監督:鈴木清順/出演:水島道太郎、白木マリ、小沢昭一)
『人間狩り』(1961年/監督:松尾昭典/出演:長門裕之、中原早苗、大坂志郎)
『真田風雲録』(1963年/監督:加藤泰/出演:中村錦之助、ジェリー藤尾、ミッキー・カーチス)
『野獣の青春』(1963年/監督:鈴木清順/出演:宍戸錠、川地民夫、小林昭二)
『武器なき斗い』(1960年/監督:山本薩夫/出演:下元勉、東野英治郎、小沢昭一)
『解散式』(1968年/監督:深作欣二/出演:鶴田浩二、丹波哲郎、内田朝雄)
『人間に賭けるな』(1964年/監督:前田満州夫/出演:藤村有弘、川地民夫、結城美栄子)
料金:一般1200円 / 学生・シニア1000円 / 会員800円/水曜サービスデー1000円
公式サイト

2016年2月28日(日)~4月30日(土)まで、連日10:30より一回上映

2016/02/08/19:15 | BBS | トラックバック (0)
ラピュタ阿佐ヶ谷 ,NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO