インタビュー
佐藤 寿保監督/『華魂 幻影』

佐藤 寿保 (監督) 映画『華魂 幻影』について【3/5】

2016年4月30日(土)より、新宿K’s Cinemaにて公開

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

『華魂 幻影』場面6――ライブ感がありますよね。この劇中劇は、本編の撮影の前に2日で撮ったとのことですね。

佐藤 そうです。それが映画の中で上映される作品になるから、35mmフィルムでも撮って、旧・上野オークラ劇場の立派な映写機でかけました。映画館のシーンは旧・オークラ劇場と飯田橋くらら劇場の2ヵ所を使って撮って組み合わせているんですよね。映写室や控え室はオークラで撮って、客席は飯田橋くらら劇場で。

――あの客席の椅子カバーはくらら劇場に元からあるものなんですか? すごく可愛いなあと。

佐藤 可愛いっていうか、あらかじめ華魂にとり憑かれちゃっているというか(苦笑)。飯田橋くらら劇場ってピンク映画館でハッテン場なんですよね。で、休憩時間がないんです。ずっと映画をかけっぱなし。で、俺も前に入ったことがあったんだけど、薄暗いからどんな内装か分からなかったんですよね。で、今回映画館を探していて、初めて明るいところを見て「うわーっ、こんな映画館が残ってたのか!」って(笑)。

――(笑)。本当にタイムスリップですよね。東京の真ん中にこんな味のある映画館があったとは。

佐藤 これはすごいね、みたいな。でもまさか公開の翌月にビルの老朽化で閉館になるとはねぇ……。

――すごく残念ですね。『華魂』を観たお客さんはくらら劇場詣でもしなくちゃ。

佐藤 そうそう、向こうは向こうで別のデンジャラスがありますけどね! ハッテン場だから男性のほうがヤバイと思うけど、行ったらちょっと価値観が変わってあらたな目覚めが来るかもしれない(笑)。まあ今回の『華魂 幻影』の内容もそういう感覚というか、今までの映画では味わったことがない感覚を味わってもらえるんじゃないかと思っているんですけどね。

――主役の沢村役に大西信満さんを選ばれたのはなぜですか?

佐藤 大西さんは、人さまの映画を観て「いい役者だな」と思っていたんだけど、脚本を気に入ってもらえたっていうのがあって。相手役のイオリちゃんはオーディションなんですよ。あと吉澤健さんのようなベテランから、久々の映画出演となる真理アンヌさん、フォークミュージシャンの三上寛さんという、なかなかない組み合わせでそれぞれが味のある芝居を見せてくれていて。そこで大西が軸のブレない演技で、いわゆる柱として成立しているんです。

――脇役も本当に豪華ですね。こういう方たちが欲望むき出しの役を嬉々として演じているのが見ものです。

佐藤 三上寛さんには見せ場のところで頭に何か被ってもらっちゃいましたけど、あれを自分の次回作のジャケット写真に使いたいぐらいだって言ってました(笑)。真理アンヌさんにしても、ちょっとお下劣なセリフがあるので「大丈夫かな?」と思っていたんですけど、「私好きなんです、こういうの!」みたいな感じで嬉々としてやってくれました。

12 3 45

華魂 幻影 2016年/日本/カラー/ステレオ/83分
出演:大西信満 イオリ 川瀬陽太 愛奏 吉澤健 真理アンヌ 三上寛 他
監督・原案:佐藤寿保 プロデューサー:小林良二 脚本:いまおかしんじ 音楽:大友良英
共同研究:東京工芸大学 制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション 製作:華魂プロジェクト
© 華魂プロジェクト
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年4月30日(土)より、新宿K’s Cinemaにて公開

2016/04/29/17:43 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO