インタビュー
万里紗/『眼球の夢』

万里紗 (女優) 映画『眼球の夢』について【5/5】

2016年7月30日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

『眼球の夢』場面5――完成した作品を見たときはどう感じましたか?

万里紗 観たときは自分のことじゃなくて他人事のような感覚で観ていました。自分が映っているけれど完全に作品の中に取り込まれているので、「とんでもないものに関わったんだなあ」と思いました。「やっぱり佐藤監督はすごいなあ」とあらためて思いましたし、面白い映画で嬉しかったです。

――この映画への出演を通して、発見はありましたか?

万里紗 そうですね、「細胞とか血液とかも芝居をするんだな」みたいなことを思ったかな……? 「身体性」についての興味が湧きましたね。もちろん演技というのは身体を使ってやるものだから、身体はすごく大事なんだと思うんですけど、この映画を作っていることによって身体的な影響が出てきたりするのがすごく面白かったし、そんなことがあり得るんだなあっていうのが発見でした。

――そんな感じがあったんですか? 「幻影肢」が映画のモチーフになっていますが、実際にも身体感覚に変化を感じるような。

万里紗 そうですね、そんな感じがしていた気がします。脳みそがいつもとは違うところに行く感じがあって面白かったです。

――本当に特別な体験になったことと思います。これからは女優としてどんな活動をしていこうと思っていますか?

万里紗 共感できるものに出ていきたいですね。アート映画だとか抽象的な演劇とか、人間の業というか、とっつきにくいものとされるものにもちろん関心があるのですが、ミュージカルなどの明るい作品も自分の中では全部何か繋がっているものがあると思っていて、そこをむしろ大事にしていきたいと思います。恐ろしいものであっても優しいものであっても、人間に対する愛とか、この社会で何とか生きていこうとする人間のもがきとかいうものは全部通じている気がします。『眼球の夢』もすごく愛に満ちた映画だなと思いますし、そこを私はこれからも大切にしていきたいと思います。

――これからのご活躍を楽しみにしています。では最後に、映画をご覧になるお客さんに、作品の魅力をあらためてお願いします。

万里紗 映画の美にどこまでも執着する佐藤監督と夢野さんをはじめ、関わったみなさんの魂がすごくこもっています。解釈はご覧になる方で様々かと思いますが、佐藤監督の圧倒的な魔法で「当事者」を体感させられ、何か発見もあるかも。ぜひ劇場で体感してください。

万里紗4

( 2016年年6月24日 富ヶ谷・アルファエージェンシーで 取材:深谷直子 )

1234 5

「佐藤寿保レトロスペクティブ」@シアター・イメージフォーラム 公式サイト
  • 7/23(土)21:00~『LOVE-ZERO=NO LIMIT(公開タイトル:いやらしい人妻 濡れる)』
    ※本邦初デジタルリマスター版 上映後トークイベント/福間健二(詩人・映画監督)×佐藤寿保
  • 7/24(日)21:00~『ラフレシア(公開タイトル:すけべ妻 夫の留守に)』 ※本邦初デジタルリマスター版
    上映後トークイベント/切通理作(文筆家)×佐藤寿保
  • 7/25(月)21:00~『仮面の誘惑』 ※35mmフィルム上映
    上映後トークイベント/佐野和宏(映画監督・俳優【本作主演】)×瀬々敬久(映画監督【本作助監督】)
  • 7/26(火)21:00~『オスティア~月蝕映画館~(公開タイトル:狂った舞踏会)』 ※35mmフィルム上映
    上映後トークイベント/真魚八重子(映画評論家)×ヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン・非建築家)
  • 7/27(水)21:00~『誕生日(公開タイトル:痴漢電車 いやらしい行為)』 ※35mmフィルム上映
    上映後トークイベント/いまおかしんじ(映画監督【本作助監督】)×今泉浩一(映画監督・俳優【本作主演】)×伊藤清美(女優)
  • 7/28(木)21:00~『視線上のアリア(公開タイトル:浮気妻 恥辱責め)』 ※35mmフィルム上映(英語字幕版)
    上映後トークイベント/柳下毅一郎(映画評論家)×佐藤寿保
  • 7/29(金)21:00~『華魂 幻影』 ※DCP上映 上映後トークイベント/駕籠真太郎(漫画家)×佐藤寿保
    (トークイベントのゲストについては変更の可能性もあります、御了承ください)
眼球の夢 2016年/日米合作/カラー/DCP/102分
出演:万里紗、桜木梨奈、中野剛、PANTA、小林竜樹、佐川一政、シャイリー波輝、川瀬陽太、和女
監督:佐藤寿保 脚本:夢野史郎 撮影:御木茂則 照明:松隈信一 録音:植田中 美術:林千奈
音楽:田所大輔 田辺裕己彦 編集:鵜飼邦彦 音響効果:丹雄二 カラーグレーディング:広瀬亮一
衣装:小海綾美 ヘアメイク:ビューティ★佐口 特殊造形:百武朋 助監督:伊藤一平
制作担当:太田勝一郎 キャスティング:小林良二 スチール:土屋久美子 蒔苗仁 題字:舛田忍
ラインプロデューサー:金森保 共同プロデューサー:矢島仁
プロデューサー: ヴェレナ・パラヴェル、ルーシァン・キャスティーヌ=テイラー、坂口一直
制作プロダクション:キリシマ1945 共同研究:東京工芸大学映像表現研究室 
特別協力:フジヤエービック 製作:アレット・トン・シネマ スタンス・カンパニー 配給・宣伝:太秦
© 2016 Arrete Ton Cinema, Stance Company
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年7月30日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

2016/07/21/19:45 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO