インタビュー
川口 潤監督&伊藤雄和(ミュージシャン)/『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』

川口 潤 (監督) & 伊藤雄和 (ミュージシャン)
映画『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』について【7/7】

2016年8月11日(木・祝)よりシネマート新宿、8月20日(土)・21日(日)鹿児島ガーデンズシネマ、8月27日(土)より第七藝術劇場、名古屋シネマテーク、9月24日(土)ジョイランドシネマ沼津 以降、広島・横川シネマ他、全国順次公開!

公式サイト 公式twitter (取材:深谷直子)

『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』場面14 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』場面15 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』場面16――本当にオールディックというバンドの魅力が伝わるドキュメンタリーになりました。伊藤さんはご覧になってどう感じましたか?

伊藤 素晴らしい映画だと思いました。俺たちの謎めいたところも見せられたし、さらに謎が深まったところもあるのかなあと思ったし。これからのバンドの発展に繋がっていったらいいなと思いますね。

――映画で自分たちを客観的に見て、あらためて思ったことはありますか?

伊藤 意外と真面目だなあと思いました。あと酒ばっか飲んでるなあって(笑)。

川口 ああ、一応思うんだ(笑)。乾杯ばっかりしてたもんね。

伊藤 なんかもう顔洗うぐらいの感覚で飲んでますよね。冷静に考えたら味だって全然美味くないのに、何で飲むんでしょうねぇ……?

――(笑)。では今後どんな活動をしていきたいかを、まずは伊藤さんからお願いします。

伊藤 やっぱりこの映画を成功させて続編を作りたいです(笑)! 構想はもうあるんですよ。それを監督がかたくなに嫌がっているんです。

川口 え~~? まずはこの作品が成功しないと続編はないじゃないですか? 「まあ待てよ」って言っているんですけど「いやいや、もう続編ですよ」って(苦笑)。

伊藤 猪木も言っていたじゃないですか、「最初から負けることを考えているヤツいるか」って。

川口 それとこれとは話が違うよ、スポーツじゃないんだから……(苦笑)。まあでもそういう話があればそれはそれなんですけど、一応「かたくなに嫌がっている」っていうオチが面白いかなと(笑)。

――(笑)。伊藤さんが映画に本当に積極的ですね。会話している川口監督の声も映画のあちこちに入っていましたが、とても楽しそうでしたね。

川口 そうですね。やっぱり「郷に入れば郷に従え」じゃないですけど、ここはやっぱり彼らのフィールドなんで、そこを僕が遊ばれているぐらいがちょうどいいなって。で、「これ以上いるといろんな意味で中毒にされる」って映画の中で言ってますけど、これはまさにそうで、1回区切って作業に入らないとずっと撮っていそうな感じでしたね。

――では監督からも、この異色のドキュメンタリーを作り上げたお気持ちと、今後についてお聞かせください。

川口 今回は「どういうふうにしようかな?」と悩んだところもあったんですよね。悩むだろうな、という予感は初対面のときからしていたんですよ、問題を抱えているバンドには見えなかったので。「これを映画にするにはどうすればいいんだろう?」みたいなのを考えながらやって、ある種オリジナリティあるものができたと思っていて。彼らとだからできたと思うんですけど、今までにはできなかったことを今回はできたなあというのを自分でも感じています。ただ今後このスタイルでどんどんやっていくかと言うと別の話で、今回はこういうことができる被写体で、彼らも楽しんでやってくれたからできたことで。「今後はこれで行きます」とかいうよりも、今後も精進して面白いことをやっていきたいです。

――それぞれの被写体に合う方法をまた探りながら?

川口 まあドキュメンタリーで今後もやっていくかどうかも分からないし。ドキュメンタリー作家なんて全然思っていなくて、成り行きでなっているだけですからね(苦笑)。そういう点では、今回はある意味劇映画の端くれ的なこともできたので、学べるところもありましたね。でも劇映画ではこの面白さはやっぱり出なかったなと思うんですよね。今回は奇跡的にうまくできたなあと思って、そこはすごく手応えありつつ、自分自身はそれで満足せずまだまだっていう感じですね。

――川口監督とオールディックフォギーのこれからのご活躍に期待しています。では最後にお客さんへのメッセージをお願いします。

伊藤 とても素晴らしい映画になっているので、たくさんの方に来てもらえたらいいなと思います。オールディックフォギーのヴェールで包まれた部分もしっかりと見えるようになっているので、ファンの方もこれからファンになってくれる方も観てください!

川口 潤監督&伊藤雄和2

( 2016年7月25日 市ヶ谷・ディスクユニオンで 取材:深谷直子 )

123456 7

オールディックフォギー/歯車にまどわされて
監督・撮影・編集:川口潤
主演:OLEDICKFOGGY<伊藤雄和、スージー、TAKE、四條未来、yossuxi、大川順堂>
出演:渋川清彦、仲野茂(アナーキー)、増子直純(怒髪天)、NAOKI(SA)、Tezuka Takehito(LINK 13)、HAYATO(CROCODILE COX AND THE DISASTER)、中尊寺まい(ベッド・イン) 他
製作:「OLEDICKFOGGY」映画製作委員会(ディスクユニオン+日本出版販売)制作:アイランドフィルムズ
エグゼクティブプロデューサー:廣畑雅彦、小松賢志 プロデューサー:広中利彦、近藤順也
ビスタ|ステレオ|カラー|デジタル|99分|2016年|日本映画 宣伝:VALERIA 配給:日本出版販売
©2016 OLEDICKFOGGY Film Partners
公式サイト 公式twitter

2016年8月11日(木・祝)より、シネマート新宿
8月20日(土)・21日(日)鹿児島ガーデンズシネマ
8月27日(土)より第七藝術劇場、名古屋シネマテーク
9月24日(土)ジョイランドシネマ沼津
以降、広島・横川シネマ他、全国順次公開!

2016/08/11/15:47 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO