映画祭情報&レポート

ちちぶ映画祭2016

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年9月18日(日)・19日(月・祝)、秩父市歴史文化伝承館にて開催

ちちぶ映画祭2016「自然の恵みに溢れた秩父の魅力と、映画の芸術性・娯楽性との融合・交流」をコンセプトに行われている<ちちぶ映画祭>が、今年も秩父市歴史文化伝承館で開催される。9月18日(日)、19日(月・祝)のシルバーウィークの最中での開催となる今回は、【映画鑑賞】【秩父グルメ】【秩父観光】というちちぶの三大推しポイントを組み合わせ、映画を中心とした地域と季節に根付いた風物詩となるような、お祭り的な空間を目指すという。

今年の上映作品は、ちちぶゆかりの作品を中心に全9作品。メイン会場の2階ホールでは、さくら役の倍賞千恵子さんの舞台挨拶&歌のプレミアLIVEで華やかな幕開け上映を飾る『男はつらいよ 望郷篇』、山田洋次監督/倍賞さんが高倉健さんと共演の『遙かなる山の呼び声』、奥秩父で撮影された入江悠監督の『太陽』、西武線沿線の東村山市が舞台で西武鉄道も登場する、主演:樹木希林さんの待望の舞台挨拶登壇が決定したカンヌ出品作品『あん』、西武線沿線の清瀬市が舞台の是枝裕和監督による『海よりもまだ深く』、そしてクロージング上映作品も秩父が舞台の『心が叫びたがってるんだ。』、の6作品、1階の映画祭コートでは『リトル・フォレスト 夏・秋』、『リトル・フォレスト 冬・春』、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の3作品で、今年も全作入場無料での上映となる。
映画祭開催の2日間は、「ちちぶ映画祭“ご当地グルメの旅”」と題して、地元グルメを堪能できるキッチンカー&テントが会場外に設置されるほか、秩父の新たな名スポットとして話題を呼ぶ「MAPLEBASE(メープルベース)」(秩父ミューズパーク内)のレストラン「Salvage」オーナーシェフ坪内氏による『非日常的秘密の野外レストラン2日間限定秩父スペシャルグルメ体験(抽選予約制)』も行われるとのことで、映画とグルメと観光と、秩父の魅力をまるごと満喫できる2日間になりそうだ。シルバーウィークの予定が未定の人は、候補地の一つにしてみてはいかがだろうか。

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年9月18日(日)、19日(月・祝)、秩父市歴史文化伝承館にて開催

上映作品紹介

メイン会場/2階ホール 上映作品
2階“ホール”上映の鑑賞方法 【入場無料/各回入替制/定員314名
2階“ホール”での上映を鑑賞するには、座席指定券が必要になります。 上映当日9:30より、秩父歴史文化伝承館2階ロビーにて当日上映される全作品の座席指定券を先着で配布致します。
※深夜・早朝からの会場敷地内待機は禁止です。※座席の指定は出来ません。
※座席指定券は1名で1作品2枚迄とさせていただきます。
※座席指定券配布は定員になり次第終了致します。※客席内は飲食禁止です。

男はつらいよ 望郷篇上映日:9月18日(日) 11:00/DVD上映
男はつらいよ 望郷篇©1970松竹株式会社 山田洋次監督、渥美清主演の国民的人気シリーズ第5作目 旅先から故郷の葛飾・柴又に帰ってきた寅次郎。ちょっとした行き違いからいつものごとくおいちゃんと大げんかとなり“とらや”は大騒ぎ。と、そこへ、かつて世話になった親分が病に倒れ、寅次郎に会いたがっているとの知らせが。さっそく親分が入院している札幌の病院へとやって来た寅次郎。そこで寅次郎は親分からある頼み事をされるのだったが……。
【1970年/日本/上映時間1時間28分】
監督:山田洋次 出演:渥美清、倍賞千恵子、長山藍子、井川比佐志、前田吟
上映後に、オープニングセレモニー(10分)&
倍賞千恵子さんのトーク&歌のプレミアLIVE(40分)を予定
■登壇ゲスト(予定):倍賞千恵子さん【トーク&歌】/小六禮次郎さん【ピアノ演奏】□進行:吉永みち子さん
あん上映日:9月19日(月・祝)11:00
あん©2015 映画『あん』製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE やり残したことはありませんか?  たくさんの涙を越えて、生きていく意味を問いかける、限りない美しさを描いた優しき物語!縁あってどら焼き屋の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人をみてそこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…。
【2015年/日本・フランス・ドイツ合作/上映時間1時間53分/配給:エレファントハウス】
監督・脚本:河瀬直美 原作:ドリアン助川 出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀

上映後に、主演の樹木希林さんのスペシャル・ゲスト登壇&舞台挨拶(40分)を予定 『萌の朱雀』でのカメラ・ドール(新人監督賞)史上最年少受賞以来カンヌと縁が深い河瀬直美監督が、今村昌平監督と並び日本人として史上最多7作品目のカンヌ出品となった記念すべき作品であり、主演の樹木希林さんにとっても孫娘の内田伽羅さんとの本格共演や、共に50年以上の役者人生を歩んできた市原悦子さんとの日本を代表する演技派大女優同志の初共演、等、記録にも記憶にも残るTOPIC満載にして、世代を超えて集結した日本映画界最高のスタッフ&キャストが贈る≪人が生きる意味を問いかけ、人種・言語を超えて魂を揺さぶる≫珠玉の名品。カンヌ出品決定の際「『あん』は一人歩きしていく。多くの人に観てもらいたい作品です」と歓喜と共に語った、並々ならぬ想いを込めた主演作と共に佇まいだけでその場の空気を豊かに和ませる≪微笑みの大女優≫樹木希林さんの舞台挨拶で、この秋、秩父は≪日本で一番PEACEFULな空気≫に包まれます!

                                            
太陽上映日:9月18日(日) 14:30
太陽©2015「太陽」製作委員会 太陽に愛された者と、太陽を捨てた者。それぞれの未来に、何が見えるのか? 奥秩父でも撮影された、ハイブリッド映画。 バイオテロにより人口が激減してしまった21世紀初頭の世界。そこはウイルスの抗体と優れた知能を持つノクスと呼ばれる新しい人類に支配されていた。一方、ウイルスの感染を免れた旧人類はキュリオと呼ばれ、ノクスから見下される存在になっていた。キュリオの青年・鉄彦(神木隆之介)はノクスに憧れるが、幼なじみの結(門脇麦)はキュリオの復権を願っていた。
【2016年/日本/上映時間2時間9分/配給:KADOKAWA】
監督・脚本:入江悠 原作:「太陽」前川知大(角川書店刊) 出演:神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、綾田俊樹、水田航生
遥かなる山の呼び声上映日:9月18日(日)17:50/DVD上映
遥かなる山の呼び声©1980松竹株式会社 警察に追われる男と、牧場を経営する母子の出会いと別れの人情ドラマ 北海道東部の酪農の町・中標津。風見民子(倍賞千恵子)は一人息子の武志(吉岡秀隆)を育てながら亡夫の残した牧場をひとりで切り盛りしていた。そんな民子の家に一人の男(高倉健)がやってきて、働かせてくれと願い出る。民子はためらいながらも、人手不足もあって男を雇うことに…。『男はつらいよ』シリーズを手がけてきた山田洋次が監督・脚本を担当、『幸福の黄色いハンカチ』の高倉健・倍賞千恵子・武田鉄矢に吉岡秀隆・ハナ肇が加わり、渥美清が友情出演。
【1980年/日本/上映時間2時間4分】
監督:山田洋次 出演:高倉健、倍賞千恵子、吉岡秀隆、武田鉄矢、ハナ肇
海よりもまだ深く上映日:9月19日(月・祝) 14:30
海よりもまだ深く©2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ なかなか大人になれない男の姿を描く、清瀬市が舞台のホームドラマ 15年前に1度だけ文学賞を受賞したことのある良多(阿部寛)は、「小説のための取材」と理由を付けて探偵事務所で働いている。良多は離婚した元妻の響子(真木よう子)への思いを捨てきれず、響子に新しく恋人ができたことにぼうぜんとしていた。良多、響子、息子の真悟(吉澤太陽)は、良多の母・淑子(樹木希林)の家に偶然集まったある日、台風の一夜を皆で過ごすことになり…。
【2016年/日本/上映時間1時間57分/配給:ギャガ】
監督・脚本:是枝裕和 出演:阿部寛、真木よう子、小林聡美、リリー・フランキー、樹木希林
心が叫びたがってるんだ。上映日:9月19日(月・祝) 17:30
上映前に、クロージングセレモニー(15分)を予定

心が叫びたがってるんだ。© KOKOSAKE PROJECT 秩父を舞台にした青春群像劇!昨年に続き今年も聖地秩父で上映! 幼い頃、ある事をうっかり話したことで、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた玉子の妖精に、二度と人を傷つけないよう、おしゃべりを封印されてしまう。その事件がトラウマとなり、隠れるように生きてきた順だが、ある日、通っている高校の「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、さらにそこで上演されるミュージカルの主役にも選ばれてしまう……。
【2015年/日本/上映時間1時間59分/配給:アニプレックス】
監督:長井龍雪 声の出演:水瀬いのり、内山昂輝、雨宮天、細谷佳正、藤原啓治

1階映画際コート上映作品
1階“映画祭コート”上映の鑑賞方法【入場無料/入退場自由/定員70名
1階“映画祭コート”は休憩したり、映画を観たり自由にお過ごし出来るスペースです。 9:30〜18:00の間自由にご入場いただけますのでお気軽にご利用下さい。 ※満員の場合はお入りいただけない場合がございます。※オープンスペースでの上映の為、一般的な上映環境とは異なります。

リトル・フォレスト 夏・秋上映日:9月18日(日) 12:40/9月19日(月・祝) 10:30
リトル・フォレスト 夏・秋©「リトル・フォレスト」製作委員会 小さな村を舞台に、自給自足の生活を通じて自分と向き合う女性を描く。 一度は都会に出たものの、東北の小さな村・小森に帰郷したいち子は、自給自足の日々を過ごしている。美しくも厳しい自然に囲まれた生活の中で、いち子は一歩を踏み出す勇気を蓄えていく。
【2014年/日本/上映時間1時間51分/配給:松竹メディア事業部】監督:森淳一 出演:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優
リトル・フォレスト 冬・春上映日:9月18日(日) 15:00/9月19日(月・祝) 12:50
リトル・フォレスト 冬・春©「リトル・フォレスト」製作委員会 生きるために食べる。食べるために作る。冬と春、2つの季節を描く。 秋の終わりに、5年前の雪の日に突然姿を消した母・福子から1通の手紙が届き、いち子は今までやこれからの自分を思い、心が揺れ始める。そうした日々の中でも季節はめぐり、春の足跡も近づいてくる。
【2015年/日本/上映時間2時間/松竹メディア事業部】
監督:森淳一 出演:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。上映日:9月18日(日) 10:30/9月19日(月・祝) 15:20
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。©ANOHANA PROJECT 秩父が舞台の、自然豊かな情景とともに紡がれる、みずみずしいストーリー 大反響を呼んだテレビアニメに、エピソードを追加した劇場版。幼い頃に死んだ少女が成長した姿で仲間たちの前に現われたことから、彼女と仲の良かった5人が再び集結し、過去と向き合う姿を映し出す。
【2013年/日本/上映時間1時間39分/配給:アニプレックス】 監督:長井龍雪 声の出演:入野自由、芽野愛衣、戸松遥

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年9月18日(日)、19日(月・祝)、秩父市歴史文化伝承館にて開催

2016/09/10/22:08 | BBS | トラックバック (0)
NEWs ,映画祭情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO