インタビュー
伊藤 洋三郎監督/『秋の理由』

伊藤 洋三郎 (俳優) 映画『秋の理由』について【4/4】

2016年10月29日(土)より新宿K's cinemaにてロードショーほか全国順次公開

公式サイト 公式twitter (取材:深谷直子)

――この作品に出演して印象に残ったことは?

伊藤 少人数でパッパッパと行ってパッパッパと帰ってくるので、機動力がよかったですね。人数が少ない方が好きなので。テストも1回しかしなくて、時間をあんまりかけないので楽だし。この映画の前にも『恋』(14)という映画を主演でやったんですけど、それも小さい映画で、地元の映画学校の学生が手伝ってくれて。中には働かないで座って煙草吸ってるやつもいるし、働く子は僕がコーヒー好きだとわかるとやたらコーヒーを持ってくるし。そういうのを見ているのがすごく面白くて。「あの子とあの子ケンカしているな」とかそういうのを見つけては、「ちょっと」って呼んで「何かあったの?」っていちいち訊いて(笑)。今回も、そういう人はいないんですけど、助監督が福間監督の学校の学生で、チーフもピンク映画を3本撮っている監督で。だからこういうのに慣れているんだろうけど、若いスタッフが現場で走り回っていて。走っている音を聞いて「あいつだ」ってわかるぐらいで、ひとりひとりの存在がすごくわかるからそれがいいんですよ。3人でやるところをひとりでやると責任を持つし、無駄な人がいないから。人が多すぎて、ここでは制作主任が来て、こっちではチーフが呼びに来て、誰のことを信じたらいいんだろう?というような現場もあるんですよ。そういうのは無駄に思えてしまうんですよね。少人数のほうがいいですね。楽しいです。

――これからはどんな活動をされていきたいですか?
伊藤 洋三郎2

伊藤 何も考えていないですね。これから1本舞台の脚本を書かなきゃいけなくて、映画の企画もあるけど、先のことはノープランです。舞台と映画をこれからも両立させていけたらいいなと思います。

――最後にお客さんへのメッセージをお願いします。

伊藤 秋とか街とか、普段の生活で身の回りにあるものをもう1回味わってもらえる映画じゃないかなと思います。ときどき中国に行くんですけど、中国には四季もあんまりないし、緑もないところには全然ないし、空気も汚いし。日本ってそういうものがすごく豊かで、それに囲まれて生きているんだなあと思いました。食べ物とかも秋の実りを食べて。そういうふうに普通に生きている人たちの映画です。大きな事件は起きないけど、男はまあだらしないけど(苦笑)、日本人が本来持っていたものをもう一度感じてほしいです。

( 2016年9月8日 新宿ケイズシネマで 取材:深谷直子 )

123 4

秋の理由 (2016年/DCP/5.1ch/日本/16:9/88分)
出演:伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶ、ほか
監督:福間健二 脚本:福間健二・高田亮 プロデューサー:福間恵子・小林良二
撮影:鈴木一博 録音・音響:小川武 編集:秦岳志 音楽:清岡秀哉
宣伝・配給:渋谷プロダクション 製作:「秋の理由」製作委員会(tough mama 渋谷プロダクション)
© 「秋の理由」製作委員会

公式サイト 公式twitter

2016年10月29日(土)より新宿K's cinemaにて
ロードショーほか全国順次公開

2016/10/28/18:59 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO