インタビュー
森 義隆監督/『聖の青春』

森 義隆 (監督) 映画『聖の青春』について【6/6】

2016年11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:常川拓也)

『聖の青春』場面4 『聖の青春』場面5
──クライマックスとなる羽生さんとの最後の対局は緊張感が張り詰めていますが、実際はどのくらいカメラを回されていたのでしょうか。

森 ほぼカメラマンしか現場に入れない状態で、2時間半ぐらい一度もカットを割らずにカメラを回しました。我々スタッフは外に出て、駒を並べるところから「負けました」と宣言するまで、実際に村山と羽生さんが指した対局の棋譜を(松山くんと東出くんに)全部頭に入れてもらって撮影を行いました。彼らは対局の棋譜すべてを覚えているのに、一手一手無限の可能性の中で悩んで指していく芝居をしなければならない。棋譜を忘れながら、次の一手を探しながら、没我していき究極のふたりの世界、深い海まで潜っていく状態を作ろうと思って、長回しを提案しました。なんとなくクランクインの時からその案は念頭にはあったのですが、実際、それを提案する段階で、彼らがそんな難しいことをできるか保証はなくて、ただ彼らが頭で役になっているのではなくて体が役になっている状態まで行っていればそのような芝居ができるのではないかという気がしていました。それはたぶん彼らもやったことがないことだから、「できますか?」って聞くこと自体が野暮ですよね。やりたいかということは、ふたりそれぞれに(その場面の撮影の)1週間前ぐらいに聞きました。カメラマンやプロデューサーとも相談していたのですが、ずっとぼくの中でも決めきれてなかったんです。そのように演じてもらったことで実際に撮影していて感じたのは、村山が最後に羽生さんに負けた棋譜というのは、村山にとっての作品なのだということでした。それは映画監督に映画が残るように、作家に小説が残るように、勝とうが負けようが彼の作品なんですよ。これがまたすごい手がどんどん出るわけです。村山は命を投げ出して相手の懐に飛び込んでいて、その中には勇気も悲しみもあれば様々なドラマもあるんですが、盤面を見ても一般のお客さんにはそれは伝わらない。でもたぶんわかるんですよ、演じてる俳優を通して。たぶん松山くんは、余命わずかの村山が憧れ続けた羽生さんと相対した時の棋譜を実際に指していくことで、さらに村山になっていったと思います。村山になりきるのではなく、村山が命を賭けていたあの瞬間に彼が重なっていくことを棋譜が助けた気がするんです、どんなに勇気のある一手一手かが松山くん自身に刺さってくるから。その現象に驚きました。また、その撮影スタイルに臨む松山くん自身の気迫が凄かったです。そこに東出くんもよく喰らいついていったなと思います。

──ずっと男ばかりの世界を描いてきました。

森 それは変わらないんだけど、東出くんだったからこのような映画になったような気が実はしています。映画のなかで羽生の存在感がこんなに大きくなるとは思ってなかったですね。

──背格好は全く違うのに、実在の羽生さんのように見えてきます。

森 たとえばこれが違う俳優だったとしたら、同じストーリーでもこういう男同士の友愛の話にならなかった可能性はあります。

──どの段階で今回のストーリーになっていったんですか。

森 撮りながらですね。結果から言えば。

──撮影中に脚本を変えたわけではないですか。

森 脚本は変えてないけれど、段々そこが大事なんだなと思いはじめた感じです。それによって撮り方が変わっていきました。ぼくの中で、途中から村山と羽生を合わせ鏡のように撮っていきはじめているんですよね。

──最初に思い描いていたイメージとその部分は若干変わっていったんですね。

森 そうですね、それは東出くんの影響が大きい。彼と松山くんの相性というか、二人の共鳴を捉えていったら、結果こうなったんですよね。

──ところで、劇中で河島英五の「時代おくれ」が使用されていますが、あれはなぜ選ばれたのですか。

森 あれは……カラオケで河島英五を歌うのが好きなので(笑)。

──監督ご自身のお好きな曲なんですね。

森 そうそうそう(笑)。

( 2016年11月2日 取材:常川拓也 )

12345 6

聖の青春 (2016年/日本/カラー/123分)
出演:松山ケンイチ,東出昌大,染谷将太,安田顕,柄本時生,鶴見辰吾,北見敏之,筒井道隆/
竹下景子/リリー・フランキー
原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)
監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』 脚本:向井康介『クローズEXPLODE』
主題歌:秦 基博「終わりのない空」 AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan
© 2016「聖の青春」製作委員会 配給:KADOKAWA

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年11月19日(土)丸の内ピカデリー
・新宿ピカデリー他全国公開

聖の青春 (角川文庫)Kindle版 聖の青春 (角川文庫)
Kindle版
『聖の青春』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ) 『聖の青春』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)

2016/11/08/19:36 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO