NEWs

映画一揆外伝 ~破れかぶれ~
井土紀州監督4年ぶりの最新作

『漂着物』上映

公式サイト 公式Facebook 公式twitter 会場サイト

2017年8月26日(土)、東京東中野Space&Cafe ポレポレ坐にて開催

『百年の絶唱』『ラザロ-LAZARUS-』の井土紀州監督最新作
当日は井土監督と主演の細江祐子&本多章一によるトーク、『泥の惑星』(10)を併映

『漂着物』 『漂着物』場面1 中古レコード店に勤める青年の意識にダム建設によって村を沈められた男の記憶が浸透していく様子を描き、カルト的人気を得た『百年の絶唱』(98)や、平凡な女性がある事件を機に社会を憎むテロリストへと変貌していく姿を201分に渡る三部作で描き、第38回ロッテルダム国際映画祭にも出品された『ラザロ-LAZARUS-』(07)などで知られる鬼才・井土紀州監督の4年ぶりとなる監督作品『漂着物』が一日限定で上映される。同作は、2020年に開催される東京オリンピック以後の近未来を舞台に、未来から現在へとさかのぼる独自の視点で人間の愚かさと愛おしさを描く意欲作。
当日は、井土監督と同作主演の細江祐子と本多章一によるトークショーの開催が予定されているほか、農業高校に通う少年少女の思春期特有の悩みを監督ならではの味付けで描いた青春映画『泥の惑星』(10年)も併映される。
この貴重な機会に是非会場まで足を運んで、新旧の井土ワールドを堪能して欲しい。

イベント詳細
■日時:2017年8月26日(土)
■会場:Space&Cafe ポレポレ坐 東京都中野区東中野4-4-1ポレポレ坐ビル1階
■TEL :03-3227-1405
■開場:18:30  ■開映:19:00 「漂着物」32分
19:35 トーク 60分/井土紀州、 細江祐子、本多章一(予定)
20:35 休憩 20:50「泥の惑星」53分
■料金:1,500円(当日券のみ)
■お問い合わせ 090−4395−4852(担当:高橋) Email: spiritualmovies@hotmail.co.jp

作品情報
漂着物』( 2017年/日本映画/デジタル/16:9/カラー/ステレオ/32分 )
出演:細江祐子、本多章一 監督:井土紀州
脚本:小谷香織、井土紀州 撮影:高橋和博 照明:俵謙太 録音:中川究矢 ドローン撮影:上田茂 俗音:近藤崇生 編集:桑原広考 助監督:遠藤晶 題字:翠川英人 プロデューサー:吉岡文平 製作:スピリチュアル・ムービーズ

202X年、東京オリンピックの喧騒は過ぎ去り、様々な廃墟と凄まじい量の廃棄物が残された首都・東京。都心から吐き出された多くのゴミは、潮の流れに乗って東京湾の片隅に流れ着いていた。西澤修也は、海辺の廃墟に住みつき、流れ着いたゴミを拾って生計を立てている。隠遁者のように暮らす修也の生活圏に、一人の女・咲が迷い込んできた。言葉を交わし、触れ合ううちに、次第に明らかになる二人の過去。それはのっぴきならぬ事態に二人を追い込んでいくのだった。


泥の惑星』(2010年/53分/HDV/カラー)
出演:千葉美紅・上川原睦・小林歩祐樹 監督:井土紀州
脚本:天願大介 撮影:高橋和博 照明:吉川慎太郎 録音:岩丸恒 装飾:森田博之 音楽:平山準人 整音:福田伸 助監督:川﨑龍太 制作進行:吉川正文・冨永威允 協力プロデューサー:吉岡文平 制作協力:スピリチュアル・ムービーズ プロデューサー:天願大介・加瀬愼一 企画・製作:日本映画学校

『泥の惑星』農業高校に通うハルキ達は毎日泥まみれになってレンコンを収穫し、なんとなく楽しく過ごす日々。「ずっとこんな感じだったら、それって幸せかな。不満かな」そんな問いにも答えられないある日、ハルキは天文部の転校生、アキに一目惚れしてしまう。そうして回り始めたハルキの歯車につれられるようにして、仲間達の歯車もまた回り始める。一方、校内の植物は原因不明のまま枯れ始め……。「星座を破壊せよ。星と星の間に、新しい一本の線を引け」彼らに、新しい線は引けるのか。

公式サイト 公式Facebook 公式twitter 会場サイト

2017年8月26日(土)、東京東中野Space&Cafe ポレポレ坐にて開催

2017/08/14/21:28 | BBS | トラックバック (0)
NEWs ,新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO