インタビュー

ウォルター・ヒル (監督) 公式インタビュー
映画『レディ・ガイ』について

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年1月6日(土)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

80年代の名作マイケル・パレ主演『ストリート・オブ・ファイヤー』やニック・ノルティ、エディ・マーフィ共演『48時間』などのウォルター・ヒル監督が今回描くのはなんと、性転換手術で女にされた殺し屋。主人公フランクを演じるのは、ハリウッド随一の男前女優ミシェル・ロドリゲス。フランクを女に変えた天才マッド・ドクターを演じるのは、名優シガニー・ウィーバー。『エイリアン』以来、戦うヒロインのアイコンとして映画界に君臨してきたシガニーにミシェルが挑む、いわば新旧最強女優対決ともいえる作品である。今回、この思わず耳を疑ってしまう奇抜な設定をスリリングでセクシーなアクション映画へと昇華させた本作『レディ・ガイ』について語ってもらった。
ウォルター・ヒル 古典的な西部劇からアクション満載のスリラー、バディコメディまで、幅広く手がける監督・プロデューサー。 助監督として『華麗なる賭け』(68)、『泥棒野郎』(69)に関わった後、脚本家に転向し、『殺人者にラブ・ソングを』『ゲッタウェイ』(72)、『マッキントッシュの男』(73)、ポール・ニューマン主演の『ハーパー探偵シリーズ/新・動く標的』(75)に参加。その後、チャールズ・ブロンソン主演『ストリートファイター』(75)で監督デビュー。以来、『ザ・ドライバー』(78)、『ウォリアーズ』(79)、『ストリート・オブ・ファイヤー』(84)と熱き男たちのハードな描写の作品を次々と発表。一方、アメリカに実在したジェシー・ジェイムズとその仲間による強盗団の西部劇『ロング・ライダーズ』(80)がカンヌ映画祭の正式出品に選出され、世界的にも注目されるようになる。『48時間』(82)でアクションコメディのセンスも披露し、また『エイリアン』シリーズでは製作総指揮として参加している。
STORY 凄腕の暗殺者が、目覚めると女に?!
狂気の女ドクターを見つけ出し、失くした“モノ”を取り戻せ!!

凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、「お前は敵を作りすぎた」とボスに抹殺されそうになる。銃撃戦で意識を失ったフランクは、見知らぬ安ホテルのベッドで目覚める。全身に巻かれた包帯を取って鏡の前に立った瞬間、彼は驚愕する。そこにいたのは、まぎれもない女。フランクは性転換手術を施されていたのだ。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、女の声が。声の主は医者で、手術はフランクへの復讐を意味しているという。大切な《もの》を奪われ、女となった殺し屋は、銃と色気を武器に、復讐に立ち上がる――!

映画化まで構想35年!漢(おとこ)映画の巨匠が描く、
ネクストステージの主人公!

『レディ・ガイ』 『レディ・ガイ』場面1 『レディ・ガイ』場面2
――このプロジェクトはどのように始まったのですか?

ウォルター・ヒル 1970年代の後半までさかのぼります。デニス・ハミルが書いた「Tomboy」という原案が、エージェントから送られてきたのです。奇抜な設定のアイデアが気に入りましたね。

――それから映画化まで35年もかかっていますが、どうしてですか?

ウォルター・ヒル しばらく何もしなかったんだ。でも、このアイデアが頭から離れることはなかったよ。1990年ごろ、デニスに電話をかけ、脚本の映画化権を取ったんだ。私が脚本に書き直したんだが、納得のいくものができなくてね。で、またそのままにしておいた。そして、また10年ほど何もしなかったんだ。でもある日、自宅の地下室にいたとき、デニスの原案にふと目が留まったんだ。もう一度読み直した。そしてデニスに電話をかけ、映画化権はまだ空いているか聞いたんだ。そしてもう一度映画化権を買い、脚本に取りかかった。2週間で書き上げたね。そしてその脚本からグラフィックノベルを作り、映画を作った。フランク・キッチンとレイチェル・ジェーン外科医というキャラクターを描くのは、実に面白かったよ。2人は社会的立場も話す言葉も全く違う。だからプロットを削って、できるだけシンプルにしたんだ。

――本作に男優を起用するという考えはありましたか?

ウォルター・ヒル それも検討した。だが男優がこの役を演じると、さらに課題が増えると思ったんだよ。メイクがさらに重要になり、メイクばかりが注目される映画になるのはいやでね。

――手術のシーンはまるでホラー映画のようですね。

ウォルター・ヒル ああ、確かに。手術を受けているフランクの視点から撮っている。手術のシーンは、この映画にとって課題でもなければ、トランスジェンダー政策を支援するものでもない。現代医学を描くには、この方法が適切だろう。

――マンガのコマのようなフレームを、何度も映像に挿入しているのはなぜですか?

ウォルター・ヒル ストーリーが展開する中で、これは現実に日常で起こることではないと示唆するためだ。マンガやグラフィックノベルのように、自由なストーリーにしたかったんだ。

映画『レディ・ガイ』一般試写会プレゼント実施中!(応募締切:12月17日(日)まで)

レディ・ガイ
監督:ウォルター・ヒル『ストリート・オブ・ファイヤー』『48時間』
出演:ミシェル・ロドリゲス『ワイルド・スピード』シリーズ シガニー・ウィーバー『エイリアン』シリーズ
トニー・シャルーブ『ギャラクシー・クエスト』
アンソニー・ラバリア『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』 ケイトリン・ジェラード
英題:THE ASSIGNMENT/2016年/アメリカ/英語/96分/カラー/シネスコ/【R15+】
字幕翻訳:渡部美貴
配給:ギャガ・プラス © 2016 SBS FILMS All Rights Reserved
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年1月6日(土)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

2017/11/27/18:28 | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO