インタビュー
サトウトシキ監督監督『名前のない女たち うそつき女』

サトウトシキ (監督)
映画『名前のない女たち うそつき女』について【2/6】

2018年2月3日(土)~3月2日(金)新宿K’s cinemaにて公開 他全国順次

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

――なるほど。志村を入れることで、テーマが普遍的なものになっていますよね。志村自身もルポライターとしての夢や理想を持ちつつ、生活のために本意ではない仕事を受けている。それは「底辺」と見下しているAV女優も同じだと気付いていく話になっています。

サトウ そうですね。「底辺」というのは、ピラミッドの最下層のことを言っていると思うんですよ。そういうヒエラルキーみたいなものは今消えていっているのかどうかわからないですけど、ピラミッドの最下層、いちばん下の石こそ丈夫じゃないといけないですよね、そこに積み上げていくわけですから。そういう意味での底辺への興味はとてもありました。僕らみたいなフリーの制作現場の仕事というのは、言ってみれば最下層なんじゃないかと思っているわけです。現場の中で監督がいてスタッフがいて、というのはありますけど、映画業界全体を見たときは底辺なんじゃないかと思うんですね。実は「底辺、底辺」って言うと僕も嫌な気持ちになるんです。「最下層」と言ってもらえると納得できるんですけど(苦笑)。

――(笑)。そうですよね。作者の中村さんが実際に取材で口にする言葉ではあるようなんですが、でも見下そうというつもりではなく、やはりそういう層に特別な想いがあるから目を向けているんだと思います。中村さんには取材されたんですか?

サトウ してないです。本人も「会わなくてもいい」というスタンスの方なんですよ。監督に会って一言言いたい、「これ原作と違うんじゃないか?」というような方ではないので、原作者からお話を伺うようなことは最初からなかったです。この映画の試写会に来てくれて、そこで初めてお会いしました。

――ああ、できあがってから観ていただいたんですね。何かおっしゃっていましたか?

サトウ いや、何も。ご挨拶しただけですね。

宣伝担当 「初日舞台挨拶に登壇してください」とお願いをするので頭がいっぱいで、感想はあまり聞けませんでしたね(苦笑)。

――じゃあ舞台挨拶で初めて語っていただくことになりますね。楽しみですね。

サトウ はい、そうですね。 『名前のない女たち うそつき女』初日舞台挨拶

※2月3日に新宿K’s cinemaで行われた初日舞台挨拶で、原作者の中村淳彦氏(写真右端)は次のように想いを語った。
試写で観たら素晴らしい映画になっていたので驚きました。サトウ監督以下、ありがとうございます。僕の日常は本当に映画そのままです。やりがいのある仕事でもなんでもなくて、取材して、原稿を入れて、嫌な気持ちになって。そんなことが映画になるんだなと本当にビックリしました。僕は女性に向かって『底辺だ』とかは言わないですけれど、あんなことばっかり日常的に言っていて、本当に『これ自分だな』と思いました

――キャスティングについてなんですが、女優さんお二人がリアリティありつつ透明感もある方たちで、とても惹き込まれました。葉菜子のキャラクターもとても前向きで、どちらかというと優等生タイプの、AV女優になりそうもない女性だと思うんですが。

サトウ どうなんですかね? 「AV女優になるタイプ」というのがちょっとわからない。僕も何人か知っていますけどいろんな方がいますよ。こう言っちゃうと「よく言い過ぎなんじゃない?」と思われそうなんですが、僕もピンク映画で裸や男女の濡れ場で女性を撮っていて、そうすると肉体というか、そこから発せられる力というのを信じちゃうんですよね。それはやっぱりAVなんかを観ていても「ああ、この人がこういうふうになるんだ」というふうに思ったりしますね。キャスティングにあたっても「ああ、この人っぽいよね」というのはあんまりないです。多分そのへんはピンク映画をやっていたというのが強いのかもしれないんですけど、とにかくまあ脱いでくれて、この人がこの役にピッタリだというよりも、何か俺が想像していないものが出てくるかもしれない、というところに目を向けちゃう。今回はわりと新人の方をキャスティングするということから始まっているので、そういう部分があったかと思いますね。

1 2 3456

名前のない女たち うそつき女 ( 2018年/日本/DCP/カラー/ステレオ/86分 )
出演:吹越満,城アンティア,円田はるか,笠松将,小南光司,吉岡睦雄,不二子,クノ真季子,川瀬陽太
監督:サトウトシキ(「ジャイブ」「ちゃんこ」「モーニングセット、牛乳、春」)
原作:中村淳彦「名前のない女たち 貧困 AV 嬢の独白」(宝島社)
プロデューサー:森原俊朗・小林良二・橘慎 脚本:加瀬仁美 撮影監督・スティル・編集:小川真司(J.S.C.)
録音:岩間翼 助監督:大城義弘 音楽:入江陽 ラインプロデューサー:川上泰弘
制作会社:ソリッドフィーチャー 配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:「名前のない女たち うそつき女」製作委員会(オデッサエンタテイメント・渋谷プロダクション)
主題歌:アクメ『CALL MY NAME』 ©「名前のない女たち うそつき女」製作委員会
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年2月3日(土)~3月2日(金)
新宿K’s cinemaにて公開 他全国順次

2018/02/05/20:22 | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO