新作情報

第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門にて
作品賞(グランプリ)、国際交流基金アジアセンター特別賞(監督賞)受賞

僕の帰る場所

ある在日ミャンマー人家族に起きた、切なくも心温まる愛の物語
東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。入国管理局に捕まった夫アイセに代わり、ケインは一人家庭を支えていた。日本で育ち、母国語を話せない子ども達に、ケインは慣れない日本語で一生懸命愛情を注ぐが、父に会えないストレスで兄弟はいつも喧嘩ばかり。ケインはこれからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたい想いを募らせてゆくが――。

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年10月6日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開

INTRODUCTION

日本とミャンマーを舞台に撮影
時代に翻弄され、引き裂かれた在日ミャンマー人家族の実話

世界的な関心事項である”移民“という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや、在日外国人の家族を取り巻く社会を背景に描いた本作は、ミャンマー政府の厳しい検閲を通過し、企画から5年を経て完成した。監督は本作が長編デビューとなる新鋭・藤元明緒。演技経験のないミャンマーの人々を多数起用し、まるでドキュメンタリーを思わせる映像は、ミャンマー人一家の生活を優しく見守りつつ、シビアな眼差しで貫かれている。

『僕の帰る場所』 『僕の帰る場所』場面1

東京国際映画祭「アジアの未来」部門ではグランプリにあたる「作品賞」と、監督賞にあたる「国際交流基金アジアセンター特別賞」を受賞。「ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっている。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品」と評された。また、オランダ・シネマジア映画祭では子役のカウン・ミャッ・トゥ(当時6歳)が心揺さぶる演技で最優秀俳優賞を受賞。さらに7月に開催されたタイ・バンコク ASEAN 映画祭コンペティション部門では、審査員賞(JURY AWARD)を受賞。映画祭が発表したコメントでは「スクリーンに描かれたことがあまりない重要な人間的な課題の緊急性や、その現代性を表現した映画。ドキュメンタリーとフィクションの素晴らしい融合を特徴にもつ、率直な作品でもある。映画のもつ迫力は、調和のとれた出演者たちの魅力的なパフォーマンスによって、より強調されている」と日本人が監督した ASEAN の映画として評された。

『僕の帰る場所』場面2 『僕の帰る場所』場面3
CREDIT
監督・脚本・編集:藤元明緒
出演:カウン・ミャッ・トゥ、ケイン・ミャッ・トゥ、アイセ、テッ・ミャッ・ナイン、
來河侑希、黒宮ニイナ、津田寛治
撮影監督:岸建太朗 音響:弥栄裕樹 美術:飯森則裕 ヘアメイク:大江一代
制作担当:半田雅也 音楽:佐藤和生 スチール:伊藤華織
共同プロデューサー:キタガワユウキ プロデューサー:渡邉一孝 吉田文人
コーディネーション(ミャンマー):Aung Ko Latt Motion Pictures
協賛:坂和総合法律事務所 株式会社ビヨンドスタンダード 長崎大学多文化社会学部 Ability South East Asia,Co.,Ltd
協力:在ミャンマー日本大使館附属ヤンゴン日本人学校 ミャンマー映画祭実行委員会 特別協力:MYANMAR JAPON CO.,LTD.
後援:外務省 観光庁 国際機関日本アセアンセンター 一般社団法人日本ミャンマー友好協会
主催:特定非営利活動法人日本・ミャンマーメディア文化協会

企画・製作・配給:株式会社 E.x.N 宣伝:佐々木瑠郁
2017年/日本=ミャンマー/98分/カラー/ステレオ/1:1.85/日本語・ミャンマー語/ドラマ/DCP
© E.x.N K.K.

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年10月6日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開

2018/10/05/19:47 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO