プレゼント

30代後半から難病指定の「若年性パーキンソン病」を患いながらも、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げ「外食産業の風雲児」とも呼ばれるカリスマ経営者・ 松村厚久(51)の日常を追いかけたドキュメンタリー映画。本作の劇場鑑賞券(TOHOシネマズ六本木ヒルズ限定)を5組10名様にプレゼントします。

『熱狂宣言』 ◆日時:11月4日(日)より公開 (上映時間77分)
◆会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ ( 東京都港区六本木6-10-2 )
◆『熱狂宣言(メールでご応募の場合は件名)と、「お名前・ご住所・電話番号 ・年齢」を明記の上、こちらのアドレスか、メールフォームからご応募下さい。
◆応募締め切り:10月28日(日)応募受付分 ※応募者多数の場合は抽選となります。
◆公式サイト:
http://www.nekkyo-sengen-movie.com/
註)ご提供いただいた個人情報は、本プレゼント以外の目的では一切使用いたしません。また、個人情報そのものも招待状発送後3ヶ月で破棄します。当選者の発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。なお、当選に関するお問合せへの回答はいたしかねます。予めご了承下さい。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の試写プレゼント情報をメルマガで配信中。最初の応募者は 必ず当選!
メルメガをチェックして最速応募を目指そう!
バックナンバー
読者購読規約  powered by まぐまぐ!

熱狂宣言

松村厚久、51歳。人呼んで、「外食産業の風雲児」。
彼は、30代後半から難病指定の「若年性パーキンソン病」を患っている。

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年11月4日(日)TOHO シネマズ六本木ヒルズ にて
熱狂ロードショー!!

INTRODUCTION

止まったら死ぬぞ! 『熱狂宣言』 。
なぜ、 彼はこんなにも多くの人を惹きつけるのか ――

『熱狂宣言』場面1 ダイヤモンドダイニング創業者。 DD ホールディングス代表取締役社長。グループ全体で国内外合わせて約 500 店舗を展開し、従業員数は約 1 万人、年商約 500 億円。 2015年、東証一部上場。斬新なアイデアと型破りなビジネスプランを次々とぶっこみ、エンターテインメント性あふれる個性的な新店舗を成功させてきた天才的な異端児。レストラン業界のタブーに挑み、勝利した男。
そんな彼は難病を発症してから約 10 年間、社員にも誰にも自らの病状を秘密にして仕事を続けてきた。しかし 2015 年、東証一部上場とほぼ同時に、実売約 10 万部を記録する大ベストセラーとなったノンフィクション書籍『熱狂宣言』(小松成美・著/幻冬舎刊)ではじめて世間に公表。
立てない、歩けない、うまく話せない。 それでも彼は仕事を続ける! 周りにはいつも彼を慕うたくさんの仲間・社員たちの笑顔があふれている。

過酷な試練、皮肉な運命と闘いつつリーダーとして大企業を率い、現役バリバリでありながら、生ける「伝説」となりつつあるカリスマ経営者――。
その破格の生きざまに魅せられ、彼の素顔に迫ったのが、もうひとりの「伝説」の男、奥山和由監督だ。
20 代後半から映画プロデューサーとして活躍し、『ハチ公物語』など数多くのメガヒット作を生み出すほか、北野武、竹中直人、坂東玉三郎を新人監督としてデビューさせ、製作を務めた今村昌平監督の『うなぎ』ではカンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)を獲得した映画界の風雲児。スクリーン・インターナショナル紙の映画 100 周年記念号においては、日本人で唯一「世界の映画人実力者100 人」のなかに選出された。

『熱狂宣言』場面2 今回はレーシング・ドライバーの太田哲也の姿を追ったドキュメンタリー映画『クラッシュ』(2003年)より、 15 年ぶりの監督作品となる。奥山和由がとらえた松村厚久は、どんな人物か?
それは豪快なパブリックイメージだけにとどまらない、複雑な多面性を持つ人物像だ。「私はめちゃめちゃ運がいいですよ。誰よりも運がいい」と語る、不思議な自信に満ちあふれた前向きでパワフルな笑顔。「サンシャイン松村」と名乗って芸人的なパフォーマンスをイベントで披露する目立ちたがり屋。全力で人と人をつなぐサービス精神。そういった明るさの一方、株主総会でヤジられたり、身体が思い通りに動かない悔しさで涙を見せることも。そして観光特使を務める故郷・高知県で開催される「よさこい祭り」への熱い想い。実家に住む母親との深い愛情関係。とりわけ経営哲学について質問され、自らを鼓舞するように「こんなもんじゃないぞ! こんなもんじゃないぞ!」とキーボードで筆談する姿は激しく胸を打つ。

これは名物社長のサクセスストーリーでもないし、ありふれた感動巨編でもない。
苛烈な人生を全身全霊で生きるひとりの男にダイレクトに迫り、そのプリズム状の生命の光を浴びるように体験する映画だ。
なぜ、彼はこんなにも多くの人を惹きつけるのか――。
Team Okuyama が制作・宣伝・興行すべての手法において、今までにあり得ない映画を創ることをコンセプトとした「フリーシネマプロジェクト」の第 1 弾作品。人間観察眼に秀でた奥山和由による、まったく新しいヒューマン・ドキュメンタリー映画の誕生である。

CREDIT
製作・監督:奥山和由 出演:松村厚久
音楽:木下航志 プロデューサー:江角早由里
配給:KATSU-do/チームオクヤマ
2018年/日本/カラー/DCP/2ch/77分/G
© 2018 吉本興業/チームオクヤマ

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年11月4日(日)TOHO シネマズ六本木ヒルズ にて
熱狂ロードショー!!

熱狂宣言 (幻冬舎文庫) 熱狂宣言 (幻冬舎文庫)
2018/10/10/19:23 | トラックバック (0)
プレゼント ,新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO